TOP > 研究者プロフィール

講師 工藤哲弘(Tetsuhiro Kudo / クドウ テツヒロ)

業績

年度 学会名 発表者 発表題目 発表日
2020 応用物理学会 Po-Wei Yi(National Chiao Tung University, Taiwan)、 工藤哲弘、 Roger Bresoli-Obach(Katholieke Universiteit Leuven, Belgium)、 Johan Hofkens(Katholieke Universiteit Leuven, Belgium)、 Eri Chatani(Kobe University)、 Ryohei Yasukuni(Nara Institute of Science and Technology)、 Yoichiroh Hosokawa(Nara Institute of Science and Technology)、 Teruki Sugiyama(National Chiao Tung University, Taiwan)、 Shuichi Toyouchi(National Chiao Tung University, Taiwan)、 Hiroshi Masuhara(National Chiao Tung University, Taiwan)  Single Sub-Millimeter Linear Assembly of Polystyrene Microparticles by Optical Trapping at Protein Solution Surface 2021年03月16日
2020 応用物理学会 Hsuan-Yin Wang(National Chiao Tung University, Taiwan)、 工藤哲弘、 Shuichi Toyouchi(National Chiao Tung University, Taiwan)、 Hiroshi Masuhara(National Chiao Tung University, Taiwan)  Single anomalously large spherical assembly of polymer microparticles formed by optical trapping at solution surface 2021年03月16日
2020 応用物理学会 Yu-Chia Chang(National Chiao Tung University, Taiwan)、 工藤哲弘、 Shuichi Toyouchi(National Chiao Tung University, Taiwan)、 Hiroshi Masuhara(National Chiao Tung University, Taiwan)  Optically and Photo-physically Lifting Up Polystyrene Microparticles to Form a Large Two-Dimensional Assembly at Solution Surface 2021年03月16日

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢 34歳
所属研究室 レーザ科学
研究分野 レーザ物理、レーザ顕微鏡、光ピンセット
URL https://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Denshi/laser/index.html
最終学歴 大阪府立大学大学院博士後期課程
職歴 豊田工業大学 講師 (2020年10月01日~現在)
助理研究員 (2017年01月01日~2020年08月31日)
台湾国立交通大学 博士研究員 (2016年04月01日~2016年12月31日)
日本学術振興会海外特別研究員(派遣先 台湾国立交通大学) (2014年04月01日~2016年03月31日)
主な研究論文 Chih-Hao Huang, Tetsuhiro Kudo, Roger Bresolí-Obach, Johan Hofkens, Teruki Sugiyama, Hiroshi Masuhara, “Surface plasmon resonance effect on laser trapping and swarming of gold nanoparticles at an interface” Optics Express 28, 27727-27735 (2020).

Jia-Syun Lu, Hsuan-Yin Wang, Tetsuhiro Kudo, Hiroshi Masuhara, “Large Submillimeter Assembly of Microparticles with Necklace-like Patterns Formed by Laser Trapping at Solution Surface” The Journal of Physical Chemistry Letters 11, 6057-6062 (2020).

Tetsuhiro Kudo, Shang-Jan Yang and Hiroshi Masuhara, “A Single Large Assembly with Dynamically Fluctuating Swarms of Gold Nanoparticles Formed by Trapping Laser” Nano Letters, 18, 5846-5853 (2018).

Tetsuhiro Kudo, Shun-Fa Wang, Ken-ichi Yuyama and Hiroshi Masuhara “Optical trapping-formed colloidal assembly with horns extended to the outside of a focus through light propagation” Nano Letters 16, 3058-3062 (2016)

Tetsuhiro Kudo and Hajime Ishihara, “Proposed nonlinear resonance laser technique for manipulating nanoparticles,” Physical Review Letters 109, 087402 (2012).
学会活動 応用物理学会
日本物理学会
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等) 国際化推進委員会、ナノテクノロジーセンター協議会、スマート光・物質研究センター、アカデミックアドバイザー、大学親睦会 
担当授業科目 学部:線形代数1および演習、工学基礎実験1、科学技術英語2①、科学技術英語2② 
修士:レーザ科学セミナー1、レーザ科学セミナー2 
教育実践上の主な業績 1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
2020年10月から着任し(a)研究室の学生に対する指導教育及び(b)学外実習2代替プログラム「問題解決実践」を通して指導教育する機会を得た。

「得られた実験結果に対して、どのような理由でその結果が生じたのか」を考えるように指導した。定式化された式から説明するのもよいが、式を使わなくてもどのように解釈できるのか、を考えることが大事であることを念頭に起き、指導を行った。


2 作成した教科書、教材、参考書
特になし

3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
特になし

4 その他教育活動上特記すべき事項
特になし 
その他

ページのトップへ戻る