TOP > 研究者プロフィール

PD研究員 ハン ガン(HAN Gang / ハン ガン)

業績

年度 学会名 発表者 発表題目 発表日
2020 isplasma2021 ハン ガン  Microtextured Die Using Silicon Stencil Mask for Antibacterial Effect 2021年03月08日

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 マイクロメカトロニクス
研究分野
URL
最終学歴
職歴
主な研究論文 1. G. Han, Y. Murata, Y. Minami, M. Sohgawa, T. Abe, Thermal Reactive Ion Etching of Minor Metals with SF6 Plasma. Sensor Mater, 217 (2017).
2. G. Han, Y. Murata, D. Ohkawa, M. Sohgawa, T. Abe, Deep Reactive Ion Etching Technique Involving Use of 3D Self-Heated Cathode. 2017 19th Int Conf Solid-state Sensors Actuators Microsystems Transducers, 1281–1284 (2017).
学会活動
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部: 
修士: 
教育実践上の主な業績  
その他

ページのトップへ戻る