TOP > 研究者プロフィール

嘱託研究員 ヴィリアミン マリア エマ(Maria Emma Villamin / ヴィリアミン マリア エマ)

業績

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 電子デバイス
研究分野 半導体デバイスの製造と磁性ナノ粒子
URL
最終学歴 東京工業大学 物質理工学院材料系 修了
職歴 豊田工業大学 嘱託研究員 (2020年04月~現在)
豊田工業大学 研究補助者 (2020年01月~2020年03月)
フィリピン日立GST シニアテクニカルスペシャリスト (2014年11月~2015年09月)
フィリピン日立GST シニアエンジニア (2011年04月~2014年11月)
主な研究論文 • M.E. Villamin, T. Kondo & N. Iwata,“Effect of C- and Fe-doped GaN buffer on AlGaN/GaN high electron mobility transistor performance on GaN substrate using side-gate modulation”, Jpn. J. Appl. Phys.,Vol. 60, Art. no. SBBD17, March, 2021.
• M.E. Villamin & Y. Kitamoto, “Effect of Ionic concentration on Dynamic Magnetic Susceptibility of Iron Oxide Nanoparticles Embedded in Chitosan Hydrogel Matrix”, Trans. Magn. Soc. Jpn., Vol. 3, No.1, pp. 113-119, May, 2019.
• M.E. Villamin & Y. Kitamoto, “Facile Synthesis and AC Characterization of Chitosan and Iron Oxide Nanoparticles Magnetic Beads”, AIP Conf. Proc. Vol. 2067, No.1, p. 020016, January, 2019.
• M.E. Villamin & Y. Kitamoto, “Influence of pH on Dynamic Magnetic Susceptibility of Iron-Oxide Nanoparticles in a Chitosan Hydrogel Matrix”, IEEE Trans. Magn., Vol. 55, No. 2, pp. 1-4, Art. no. 5000204, February, 2019.
• M.E. Villamin & Y. Kitamoto, “Synthesis of multifunctional clustered nano-Fe3O4 chitosan nanocomposite for biomedical applications”, AIP Conf. Proc., Vol. 1929, p. 020014, January, 2018.
学会活動 • M.E. Villamin, T. Kondo & N. Iwata, Ext. Abstr. SSDM 2020, p. 253.
• M.E. Villamin & N. Iwata, ISPlasma 2021, 1221.
• M.E. Villamin, T. Kondo & N. Iwata, JSAP 67th Autumn Meeting, 2020, 10p-Z04-6.
• M.E. Villamin & N. Iwata, JSAP 68th Spring Meeting, 2021, 19p-P06-8.
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部: 
修士: 
教育実践上の主な業績  
その他

ページのトップへ戻る