TOP > 研究者プロフィール

PD研究員 アハメット ヤグムア(Ahmet YAGMUR / アハメット ヤグムア)

業績

年度 学会名 発表者 発表題目 発表日
2020 第68回応用物理学会春季学術講演会 Ahmet YAGMUR、 Hiroyuki Awano、 Kenji Tanabe  Magnetization-dependent inverse spin Hall effect at perpendicular magnetized Tb-Co/Pt interface 2021年03月16日
2020 第2回スマート光・物質研究センターシンポジウム Ahmet YAGMUR、 Satoshi Sumi(TTI)、 Kenji Tanabe、 Hiroyuki Awano  Large inverse spin Hall effect in Co-Tb alloys due to spin Seebeck effect 2021年03月04日
2020 The 65th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials Ahmet YAGMUR、 S. Sumi(TTI)、 Hiroyuki Awano、 Kenji Tanabe  Spin Seebeck effect and anomalous Nernst effect in ferrimagnetic TbCo alloys 2020年11月02日
2020 第67回応用物理学会春季学術講演会 Ahmet YAGMUR、 V. N. Thach(情報記録工学)、 S. Sumi(情報記録工学)、 Hiroyuki Awano、 Kenji Tanabe  Spin Seebeck and anomalous Nernst effects in TbCo/Cu/YIG devices 2020年04月01日
2019 IEEE Magnetics Society Nagoya Chapter 若手研究会 田辺賢士、 アハメット ヤグムア、 粟野博之、 正木信也(岐阜大学*)、 山田啓介(岐阜大学*)、 嶋睦宏(岐阜大学*)  ポリマー膜を利用したスピンゼーベック発電の高効率化 2020年01月24日

プロフィール

学位 博士  
生年月日 年齢
所属研究室 情報記録工学
研究分野 spintronics, spin caloritronics
URL
最終学歴 Ph.D. in Physics
職歴
主な研究論文 ・A. Yagmur, S. Sumi, H. Awano, and K. Tanabe, Large Inverse Spin Hall Effect in Co-Tb Alloys due to Spin Seebeck Effect, Phys. Rev. Applied 14, 064025 (2020).
・A Yagmur, R Iguchi, S Geprägs, A Erb, S Daimon, E Saitoh, R Gross, K Uchida,"Lock-in thermography measurements of the spin Peltier effect in a compensated ferrimagnet and its comparison to the spin Seebeck effect",Journal of Physics D: Applied Physics,vol.51 No.19 p.1194002(2018.4)
・A Yagmur, K Uchida, K Ihara, I Ioka, T Kikkawa, M Ono, J Endo, K Kashiwagi, T Nakashima, A Kirihara, M Ishida, E Saitoh,"Gamma radiation resistance of spin Seebeck devices",Applied Physics Letters,vol.109 No.24 p.243902(2016.12)
学会活動
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部: 
修士: 
教育実践上の主な業績  
その他

ページのトップへ戻る