TOP > 研究者プロフィール

PD研究員 加藤康作(Kosaku Kato / カトウ コウサク)

業績

年度 学会名 発表者 発表題目 発表日
2020 日本化学会第100春季年会2020 若山晴輝(*)、 平山直樹(*)、 中田博子(*)、 加藤康作、 山方啓、 岡研吾(*)、 前田和彦(*)  酸フッ化物Pb<SUB>2</SUB>Ti<SUB>2</SUB>O<SUB>5.4</SUB>F<SUB>1.2</SUB>へのアルカリ処理と光触媒活性への影響 2021年03月25日
2020 第127回触媒討論会 森下直人(*)、 熊谷啓(*)、 加藤康作、 山方啓、 加藤英樹(*)  酸窒化物光触媒のZスキーム水分解利用のための助触媒検討 2021年03月16日
2020 第2回動的エキシトン若手セミナー 加藤康作、 山方啓  広帯域過渡吸収分光法による光励起ダイナミクスの観測 2021年03月10日
2020 第39回光がかかわる触媒化学シンポジウム Junie Jhon M. Vequizo(*)、 加藤康作、 久富隆史(*)、 Zheng Wang(*)、 Ying Luo(*)、 高田剛(*)、 山方啓、 手嶋勝弥(*)、 堂免一成(*)  Impact of well-dispersed Pt nanoparticles on photocarriers’ dynamics of BaTaO<SUB>2</SUB>N for photocatalytic H<SUB>2</SUB> generation 2020年11月27日
2020 第39回固体・表面光化学討論会 加藤康作、 姜君哲(*)、 酒多喜久(*)、 山方啓  SrTiO<SUB>3</SUB>粉末の光励起キャリアダイナミクス 2020年11月14日
2020 PRiME 2020 Akira Yamakata 、 Kosaku Kato  Time-Resolved Spectroscopy of Defect-Induced Effects on Photocarrier Dynamics in SrTiO<SUB>3</SUB> Powder 2020年10月04日
2020 第126回触媒討論会 三好亮暢(*)、 加藤康作、 横井俊之(*)、 中島清隆(*)、 山方啓、 前田和彦(*)  窒素/フッ素共ドープルチル型TiO<SUB>2</SUB>の微粒子化による可視光Zスキーム水分解系の活性向上 2020年09月17日
2020 第126回触媒討論会 加藤康作、 姜君哲(*)、 酒多喜久(*)、 山方啓  粉末欠陥による光励起キャリアの再結合促進効果と抑制効果 2020年09月16日
2020 2020年web光化学討論会 山方啓、 加藤康作  様々な粉末欠陥が及ぼす光励起キャリアの再結合促進効果と抑制効果 2020年09月10日
2020 2020年web光化学討論会 Akinobu Miyoshi(*)、 Kosaku Kato、 Toshiyuki Yokoi(*)、 Jan J. Wiesfeld(*)、 Kiyotaka Nakajima(*)、 Akira Yamakata 、 Kazuhiko Maeda(*)  Effect of carrier dynamics on a photocatalytic activity of nitrogen/fluorine codoped rutile TiO<SUB>2</SUB> nanoparticles 2020年09月09日
2020 (公社) 日本セラミックス協会 第33回秋季シンポジウム 加藤康作、 山方啓  粉末欠陥における光励起キャリア緩和の初期過程 2020年09月03日
2019 日本化学会第100春季年会 若山晴輝(*)、 平山直樹(*)、 中田博子(*)、 加藤康作、 山方啓、 岡研吾(*)、 前田和彦(*)  酸フッ化物Pb<SUB>2</SUB>Ti<SUB>2</SUB>O<SUB>5.4</SUB>F<SUB>1.2</SUB>へのアルカリ処理と光触媒活性への影響 2020年03月25日
2019 豊田工業大学 先進触媒開発研究センター 最終年度シンポジウム 加藤康作、 山方啓  Naをドープしたチタン酸ストロンチウムの光励起キャリアダイナミクス 2020年03月05日
2019 第13回 表面・界面スペクトロスコピー2019 加藤康作、 山方啓  SrTiO<SUB>3</SUB>の光励起キャリアダイナミクスにおけるNaドープの効果 2019年12月06日
2019 スマートエネルギー研究センターシンポジウム 加藤康作、 山方啓  不純物をドープしたSrTiO<SUB>3</SUB>の光励起キャリアーダイナミクス 2019年11月21日
2019 第124回触媒討論会 加藤康作、 姜 君哲(*)、 酒多喜久(*)、 山方啓  不純物をドープしたチタン酸ストロンチウムの過渡吸収測定 2019年09月19日
2019 第124回触媒討論会 柴田健吾(*)、 加藤康作、 山方啓、 石谷治(*)、 前田和彦(*)  C<SUB>3</SUB>N<SUB>4</SUB>共重合体によるCO<SUB>2</SUB>還元光触媒反応の高活性化 2019年09月18日
2019 2019年光化学討論会 加藤康作、 姜 君哲 、 酒多喜久(*)、 山方啓  チタン酸ストロンチウムのキャリアーダイナミクス 2019年09月12日

プロフィール

学位 博士(理学)  
生年月日 年齢
所属研究室 量子界面物性
研究分野 触媒化学
URL
最終学歴 東京大学大学院理学系研究科博士課程
職歴 豊田工業大学 ポストドクトラル研究員 (2019年04月01日~現在)
大阪大学レーザー科学研究所 特任研究員 (2017年05月01日~2019年03月31日)
大阪大学レーザーエネルギー学研究センター 特任研究員 (2014年10月16日~2017年04月30日)
東京大学大学院理学系研究科 特任研究員 (2014年10月01日~2014年10月15日)
日本学術振興会 特別研究員(DC2) (2012年04月01日~2014年03月31日)
主な研究論文 ・K. Kato, J. Jiang, Y. Sakata, and A. Yamakata, “Effect of Na‐Doping on Electron Decay Kinetics in SrTiO3 Photocatalyst,” ChemCatChem 11, 6349 (2019).
・Kosaku Kato, Hongsong Qiu, Eduard Khutoryan, Yoshinori Tatematsu, Masahiko Tani, Toshitaka Idehara, Yuusuke Yamaguchi, Masafumi Fukunari, Yuto Maeda, Kyoya Takayama, Yuki Minami, Melvin John Empizo, Takayuki Kurihara, Kohei Yamanoi, Toshihiko Shimizu, Keisuke Takano, Nobuhiko Sarukura, Tsuguo Fukuda, Masashi Yoshimura, and Makoto Nakajima, “Strong yellow emission of high-conductivity bulk ZnO single crystals irradiated with high-power gyrotron beam,” Appl. Phys. Lett. 111, 0311080 (2017)
・Kosaku Kato, Shinichirou Minemoto, Yusuke Sakemi, and Hirofumi Sakai, “Phase differences of near-threshold high-order harmonics generated in atoms and molecules”, Phys. Rev. A 90, 063403 (2014)
学会活動
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部: 
修士: 
教育実践上の主な業績  
その他

ページのトップへ戻る