TOP > 研究者プロフィール

講師 吉村真美(Mami Yoshimura / ヨシムラマミ)

業績

該当するデータは登録されていません。

プロフィール

学位 博士  
生年月日 年齢
所属研究室 健康・体力
研究分野 スポーツ生理学
URL
最終学歴 中京大学 体育学研究科
職歴
主な研究論文 1) Mami Yoshimura, Yoshihisa Umemura. Comparison of Factor Related to Jump Performance in Volleyball Players and Swimmers. Journal of Exercise Physiology online, 19(4)53-65, 2016.
2) 吉村真美、梅村義久. 下肢筋力発揮特性および筋の形状がジャンプ高に及ぼす影響
―バレーボール選手と水泳選手の比較検討―, トレーニング科学, 30(1), 55-64, 2018.
3) 樊 孟, 松岡弘記, 稲葉泰嗣, 加治木政伸, 吉村真美, 松本孝朗. カンフー体操が中高齢者の体力に及ぼす影響-ラケットスポーツと比較してー. 教育科学, 63(4), 2018.
4) 小嶋俊久, 松尾浩世, 寺島徹, 吉村真美, 瀧本未来, 伊藤真博, 安田真奈, 山﨑綾子. 2020年東京オリンピック・パラリンピックあいち強化事業におけるジュニア選手の競技力向上に関する報告. スポーツ医科学, 29, 21-34, 2019.
学会活動 日本体育学会
日本体力医学会
日本トレーニング科学会
日本バレーボール学会
EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE (ECSS)
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等) 学生委員会
総合安全委員会
ハラスメント対策委員
学生支援センター一員
体育施設運営、管理 
担当授業科目 学部:基礎スポーツ、生涯スポーツ、健康・体力科学論 
修士: 
教育実践上の主な業績 1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・レクリエーションを取り入れた(基礎スポーツ)
「基礎スポーツ」では、今まで2回目の授業から各コースに分かれて授業を行っていた。しかしながら、特に新入生に関してはこのような形態で授業を行うとコースが異なる学生同士でコミュニケーションを取る時間がないと思った。そのため、2回目の授業ではコース関係なく全員が一緒に行えるレクリエーションを取り入れることでスポーツを通じて学生同士の人間関係が構築できる機会を増やすことにした。3回目から各コースに分かれて授業を行うことで学生同士でスムーズにコミュニケーションを取ることができ、教員同士も学年全体の学生を把握することができ、授業が行いやすく教員同士も情報共有がしやすくなった。

・レポートを次週の講義で解説(フィードバック)
「健康・体育科学論」の講義において、毎授業の最後にその日に行った授業内容に関する小レポートや感想を書く時間を設けていた。所要時間をしては約15分程度のものとした。レポートは授業時間内に回収し、次週の授業の冒頭で解説と他の学生からの意見や考えについて紹介した。このようなことを行うことで、同じ授業を受けたが他の学生の同じまたは異なる意見について考える時間を設けた。内容によっては正解がないので、様々な考え方があることを知ってほしいという思いでこのような感想や意見についても紹介する方法を取り入れた。さらに、例えば「熱中症」、「喫煙」、「飲酒」の授業では実際の症例や事故を取り上げることで身近なことであると意識づけるような授業を行った。

・新たな種目を取り入れた(生涯スポーツ)
「生涯スポーツ」において、サウンドテーブルテニスやボッチャなど新しい種目を取り入れた。このような種目を取り入れることで盲目の人の気持ちを知ることやパラリンピック種目についても興味を持ってもらおうと思い実施した。また。誰でも生涯にわたりスポーツを楽しめることができることを知ってほしいため、「生涯スポーツ」で実施した。 


2 作成した教科書、教材、参考書

・「健康・体育科学論」用に授業資料を作成
「健康・体力科学論」用に授業資料(15回分)を作成し、授業前に学内Webにアップした。これらの資料によって学生が授業内容を再度見返して勉強できるようにした。 


3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等

なし 

4 その他教育活動上特記すべき事項 
その他

ページのトップへ戻る