TOP > 研究者プロフィール

連携客員教授 旭 良司(Ryoji Asahi / アサヒ リョウジ)

業績

年度 講演名 講演者 講演題目 講演日
2019 第9回CSJ化学フェスタ2019 旭 良司  機械学習と計算科学の連携が可能にする物性予測 ~イオン伝導体・触媒への応用~ 2019年10月17日
2019 第38回光がかかわる触媒化学シンポジウム 旭 良司  Atomistic modelling for photocatalysis and artificial photosynthesis 2019年06月21日
2017 Telluride Workshop "Non-equilibrium Phenomena, Nonadiabatic Dynamics and Spectroscopy Ryoji Asahi  Theoretical Study of Semiconductor Surface Modifications for Photocatalytic Reactions 2017年07月18日

プロフィール

学位 Ph.D  
生年月日 年齢
所属研究室 スマート物質設計研究室
研究分野 第一原理計算を用いた物質設計
URL
最終学歴 ノースウエスタン大学大学院博士課程(物理学専攻)
職歴 株式会社豊田中央研究所 旭特任研究グループ リーダ (2018年02月~現在)
豊田工業大学 連携客員教授 (2017年08月~2020年12月31日)
株式会社豊田中央研究所 スマート材料デザイン研究領域 領域リーダー (2016年02月~2018年01月)
株式会社豊田中央研究所 環境・エネルギー1部 部長 (2013年02月~2016年01月)
ノースウエスタン大学留学 (1995年~1998年)
株式会社豊田中央研究所 (1987年~現在)
主な研究論文 ・R. Asahi, T. Morikawa, T. Ohwaki, K. Aoki, and Y. Taga, “Visible-Light Photocatalysis in Nitrogen-Doped Titanium Oxides”,Science Vol. 293, pp. 269-271(2001)
・J. Paier, R. Asahi, A. Nagoya, and G. Kresse, “Cu2 ZnSnS4 as a Potential Photovoltaic Material: A Hybrid Hartree-Fock Density Functional Theory Study”,Phys. Rev. B Vol. 79, pp. 115126-1-6(2009)
・R. Asahi, T. Morikawa, H. Irie, and T. Ohwaki, “Nitrogen-Doped Titanium Dioxide as Visible-Light- Sensitive Photocatalyst: Designs, Developments, and Prospects”,Chem. Rev. Vol. 114, pp. 9824-9852(2014)
・N. Nagasako, R. Asahi, D. Isheim, D.N. Seidman, S. Kuramoto, and T. Furuta, “Microscopic study of gum-metal alloys: A role of trace oxygen for dislocation-free deformation”,Acta Materialia Vol. 105, pp. 347-354
(2016)
・R. Jinnouchi and R. Asahi, “Predicting Catalytic Activity of Nanoparticles by a DFT-Aided Machine-Learning Algorithm”,J. Phys. Chem. Lett. Vol. 8, pp. 4279-4283(2017)
学会活動 応用物理学会
American Physical Society
日本応用物理学会 アドバイザリー会議委員
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部: 
修士: 
教育実践上の主な業績  
その他

ページのトップへ戻る