TOP > 研究者プロフィール

連携客員教授 旭 良司(Ryoji Asahi / アサヒ リョウジ)

業績

年度 学会名 発表者 発表題目 発表日
2019 言語処理学会年次大会 K. Yamaguchi、 Ryoji Asahi、 Yutaka Sasaki  超伝導材料に関する固有表現コーパスの構築 2020年03月10日
2019 第67回応用物理学会春季学術講演会 S. Tajima(*)、 N. Ohba(*)、 A. Suzumura(*)、 S. Kajita(*)、 J. Lee(*)、 Ryoji Asahi  マテリアルズインフォマティクスから見出されたRE3GaO6(RE:希土類)酸化物イオン伝導体の合成と評価 2020年02月28日
2019 2019 MRS Fall Meeting N. Ohba(*)、 S. Kajita(*)、 A. Suzumura(*)、 S. Tajima(*)、 Ryoji Asahi  Discovery of Oxide Ion Conductors by ensemble-scope descriptor 2019年12月11日
2019 2019 MRS Fall Meeting Ryoji Asahi、 N. Ohba(*)、 M. Matsubara(*)、 A. Suzumura(*)、 S. Tajima(*)、 Y. Masuoka(*)、 J. Lee(*)、 S. Kajita(*)  Practical implementation of materials informatics for discovery of superionic conductors 2019年12月11日
2019 水素化物に関わる次世代学術・応用展開研究会 K.Miwa(*)、 Ryoji Asahi  機械学習ポテンシャルの自動生成法とその応用 2019年11月15日
2019 The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies S. Tajima(*)、 N. Ohba(*)、 A. Suzumura(*)、 Y. Masuoka(*)、 S. Kajita(*)、 Ryoji Asahi  Synthesis and characteristics of new germanate system oxide ion conductors found by materials informatics 2019年10月31日
2019 The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies M. Matsubara(*)、 A. Suzumura(*)、 N. Ohba(*)、 Ryoji Asahi  Accelerated discovery of superionic conductors by practical combinatorial chemistry assisted with materials informatics 2019年10月31日
2019 第22回アジア電子構造学会 J. Lee(*)、 N. Ohba(*)、 Ryoji Asahi  A Strategy for Finding Better Oxygen-ion Conductors beyond Database 2019年10月28日
2019 第80回応用物理学会秋季学術講演会 Ryoji Asahi、 K. Miwa(*)、 R. Jinnouchi(*)、 J. Lee(*)  機械学習を用いた第一原理計算適用範囲の拡張 2019年09月19日
2019 日本金属学会 2019年秋期講演大会 K. Miwa(*)、 Ryoji Asahi  経路積分法によるC15型ラーベス水素化物TiCr2Hxに対する水素状態解析 2019年09月12日
2019 22nd International Conference on Solid State Ionics J. Lee(*)、 N. Ohba(*)、 Ryoji Asahi  First-principles prediction of high oxygen-ion conductivity in Ln3GaO6 2019年06月19日
2019 2019 Materials Research Society Spring Meeting K. Sato(*)、 E. Pradhan(*)、 Ryoji Asahi、 A.V. Akimov(*)  Non-Adiabatic Molecular Dynamics Study on Charge Transfer Dynamics at the Boron Subphthalocyanine Chloride/C60 Interface 2019年04月24日
2018 第66回応用物理学会秋季学術講演会 H. Hazama(*)、 S. Tajima(*)、 Ryoji Asahi、 S. Sobue(*)  ハイスループット実験と機械学習を活用した蓄光材の長寿命化検討 2019年03月09日
2018 第66回応用物理学会秋季学術講演会 S. Tajima(*)、 N. Ohba(*)、 A. Suzumura(*)、 Y. Masuoka(*)、 Ryoji Asahi  マテリアルズイオンフォマティクスから見出されたAE(TM)2Bi2O9 (AE: Ca, Sr, Ba, TM: Nb, Ta)系酸化物イオン伝導体の合成と評価 2019年03月09日

プロフィール

学位 Ph.D  
生年月日 年齢
所属研究室 スマート物質設計研究室
研究分野 第一原理計算を用いた物質設計
URL
最終学歴 ノースウエスタン大学大学院博士課程(物理学専攻)
職歴 株式会社豊田中央研究所 旭特任研究グループ リーダ (2018年02月~現在)
豊田工業大学 連携客員教授 (2017年08月~2020年12月31日)
株式会社豊田中央研究所 スマート材料デザイン研究領域 領域リーダー (2016年02月~2018年01月)
株式会社豊田中央研究所 環境・エネルギー1部 部長 (2013年02月~2016年01月)
ノースウエスタン大学留学 (1995年~1998年)
株式会社豊田中央研究所 (1987年~現在)
主な研究論文 ・R. Asahi, T. Morikawa, T. Ohwaki, K. Aoki, and Y. Taga, “Visible-Light Photocatalysis in Nitrogen-Doped Titanium Oxides”,Science Vol. 293, pp. 269-271(2001)
・J. Paier, R. Asahi, A. Nagoya, and G. Kresse, “Cu2 ZnSnS4 as a Potential Photovoltaic Material: A Hybrid Hartree-Fock Density Functional Theory Study”,Phys. Rev. B Vol. 79, pp. 115126-1-6(2009)
・R. Asahi, T. Morikawa, H. Irie, and T. Ohwaki, “Nitrogen-Doped Titanium Dioxide as Visible-Light- Sensitive Photocatalyst: Designs, Developments, and Prospects”,Chem. Rev. Vol. 114, pp. 9824-9852(2014)
・N. Nagasako, R. Asahi, D. Isheim, D.N. Seidman, S. Kuramoto, and T. Furuta, “Microscopic study of gum-metal alloys: A role of trace oxygen for dislocation-free deformation”,Acta Materialia Vol. 105, pp. 347-354
(2016)
・R. Jinnouchi and R. Asahi, “Predicting Catalytic Activity of Nanoparticles by a DFT-Aided Machine-Learning Algorithm”,J. Phys. Chem. Lett. Vol. 8, pp. 4279-4283(2017)
学会活動 応用物理学会
American Physical Society
日本応用物理学会 アドバイザリー会議委員
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部: 
修士: 
教育実践上の主な業績  
その他

ページのトップへ戻る