TOP > 研究者プロフィール

連携客員教授 旭 良司(Ryoji Asahi / アサヒ リョウジ)

業績

年度 題目 著者 発表日
2019 Discovery of Superionic Conductors by Ensemble-Scope Descriptor S. Kajita(*)、 N. Ohba(*)、 A. Suzumura(*)、 S. Tajima(*)、 Ryoji Asahi 2020年06月01日
2019 SC-CoMIcs: A Superconductivity Corpus for Materials Informatics K. Yamaguchi、 Ryoji Asahi、 Yutaka Sasaki 2020年03月
2019 Identifying superionic conductors by materials informatics and high-throughput synthesis M. Matsubara(*)、 A. Suzumura(*)、 N. Ohba(*)、 Ryoji Asahi 2020年02月04日
2019 Design Rules for High Oxygen-Ion Conductivity in Garnet-Type Oxides J. Lee(*)、 N. Ohba(*)、 Ryoji Asahi 2020年01月17日
2019 Highly efficient evaluation of diffusion networks in Li ionic conductors using a 3D-corrugation descriptor A. France-Lanord(*)、 Ryoji Asahi、 B. Leblanc(*)、 J. Lee(*)、 E. Wimmer(*) 2019年10月22日
2019 Path integral study on C15-type Laves TiCr2 hydride K. Miwa(*)、 Ryoji Asahi 2019年08月02日
2019 Phosphorescent Material Search Using a Combination of High-Throughput Evaluation and Machine Learning H. Hazama(*)、 S. Sobue(*)、 S. Tajima(*)、 Ryoji Asahi 2019年08月01日
2019 Hybrid Quantum-Classical Simulation of Li Ion Dynamics and the Decomposition Reaction of Electrolyte Liquid at a Negative Electrode/Electrolyte Interface N. Ohba(*)、 S. Ogata(*)、 Ryoji Asahi 2019年04月01日
2018 Development of a High-Throughput Screening Method for Oxide-Ion Conductors and Its Application to Bismuth-Based Oxide Library Thin Films M. Matsubara(*)、 A. Suzumura(*)、 S. Tajima(*)、 Ryoji Asahi 2019年03月07日
2018 Oxygen conduction mechanism in Ca3Fe2Ge3O12 garnet-type oxide Joohwi Lee(*)、 Nobuko Ohba(*)、 Ryoji Asahi 2019年02月22日
2018 Correlation between thermal-vibration-induced large displacement of Cu atoms and phase transition in Cu4SnS4: First-principles investigation Naoyuki Nagasako(*)、 Akitoshi Suzumura(*)、 Ryoji Asahi 2018年12月04日
2018 Molecular dynamics simulations with machine learning potential for Nb-doped lithium garnet-type oxide Li7xLa3(Zr2xNbx)O12 Kazutoshi Miwa(*)、 Ryoji Asahi 2018年10月24日
2018 Discovery of zirconium dioxides for the design of better oxygen-ion conductors using efficient algorithms beyond data mining Joohwi Lee(*)、 Nobuko Ohba(*)、 Ryoji Asahi 2018年08月
2018 Charge transfer dynamics at the boron subphthalocyanine chloride/C60 interface:non-adiabatic dynamics study with Libra-X Kosuke Sato(*)、 Ekadashi Pradhan(*)、 Ryoji Asahi、 Alexey V. Akimov(*) 2018年07月25日
2018 Phase-field modeling of stress generation in polycrystalline LiCoO2 Shunsuke Yamakawa(*)、 Naoyuki Nagasako(*)、 Hisatsugu Yamasaki(*)、 Toshiyuki Koyama(*)、 Ryoji Asahi 2018年02月20日
2017 A Universal 3D Voxel Descriptor for Solid-State Material Informatics with Deep Convolutional Neural Networks S. Kajita(*)、 N. Ohba(*)、 R. Jinnouchi(*)、 Ryoji Asahi 2017年12月05日
2017 Improvement of power factor of n-type Bi2Te3 by dispersed nanosized Ga2Te3 precipitates H. Hazama(*)、 Y. Masuoka(*)、 H. Yamamoto(*)、 H. Suto(*)、 Y. Kinoshita(*)、 M. Ishikiriyama(*)、 Ryoji Asahi 2017年12月05日
2017 Microstructure recognition using convolutional neural networks for prediction of ionic conductivity in ceramics R. Kondo(*)、 S. Yamakawa(*)、 Y. Masuoka(*)、 S. Tajima(*)、 Ryoji Asahi 2017年12月01日
2017 Extrapolating Energetics on Clusters and Single-Crystal Surfaces to Nanoparticles by Machine-Learning Scheme R. Jinnouchi(*)、 H. Hirata(*)、 Ryoji Asahi 2017年11月30日
2017 Study of the conformation of polyelectrolyte aggregates using coarse-grained molecular dynamics simulations T. Mima(*)、 T. Kinjo(*)、 S. Yamakawa(*)、 Ryoji Asahi 2017年09月21日
2017 Predicting Catalytic Activity of Nanoparticles by a DFT-Aided Machine-Learning Algorithm R. Jinnouchi(*)、 Ryoji Asahi 2017年08月

プロフィール

学位 Ph.D  
生年月日 年齢
所属研究室 スマート物質設計研究室
研究分野 第一原理計算を用いた物質設計
URL
最終学歴 ノースウエスタン大学大学院博士課程(物理学専攻)
職歴 株式会社豊田中央研究所 旭特任研究グループ リーダ (2018年02月~現在)
豊田工業大学 連携客員教授 (2017年08月~2020年12月31日)
株式会社豊田中央研究所 スマート材料デザイン研究領域 領域リーダー (2016年02月~2018年01月)
株式会社豊田中央研究所 環境・エネルギー1部 部長 (2013年02月~2016年01月)
ノースウエスタン大学留学 (1995年~1998年)
株式会社豊田中央研究所 (1987年~現在)
主な研究論文 ・R. Asahi, T. Morikawa, T. Ohwaki, K. Aoki, and Y. Taga, “Visible-Light Photocatalysis in Nitrogen-Doped Titanium Oxides”,Science Vol. 293, pp. 269-271(2001)
・J. Paier, R. Asahi, A. Nagoya, and G. Kresse, “Cu2 ZnSnS4 as a Potential Photovoltaic Material: A Hybrid Hartree-Fock Density Functional Theory Study”,Phys. Rev. B Vol. 79, pp. 115126-1-6(2009)
・R. Asahi, T. Morikawa, H. Irie, and T. Ohwaki, “Nitrogen-Doped Titanium Dioxide as Visible-Light- Sensitive Photocatalyst: Designs, Developments, and Prospects”,Chem. Rev. Vol. 114, pp. 9824-9852(2014)
・N. Nagasako, R. Asahi, D. Isheim, D.N. Seidman, S. Kuramoto, and T. Furuta, “Microscopic study of gum-metal alloys: A role of trace oxygen for dislocation-free deformation”,Acta Materialia Vol. 105, pp. 347-354
(2016)
・R. Jinnouchi and R. Asahi, “Predicting Catalytic Activity of Nanoparticles by a DFT-Aided Machine-Learning Algorithm”,J. Phys. Chem. Lett. Vol. 8, pp. 4279-4283(2017)
学会活動 応用物理学会
American Physical Society
日本応用物理学会 アドバイザリー会議委員
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部: 
修士: 
教育実践上の主な業績  
その他

ページのトップへ戻る