TOP > 研究者プロフィール

教授 古谷克司(Katsushi Furutani / フルタニ カツシ)

業績

年度 題目 著者 発表日
2020 電解放電加工における印加電圧と電流波形との関係 古谷克司 2020年12月25日
2020 真空環境における岩石のワイヤソー切断加工(第1報)-基本的な加工特性- 古谷克司、 福永翔乃(*)、 岡田達明(*)、 佐伯和人(*)、 大上寛之(*) 2020年08月05日
2019 Fundamental Investigations on Additive Manufacturing Method by Selective Solidification Using Electrical Discharge Katsushi Furutani、 H. Yamagishi(*)、 T. Tsuchiya(*) 2020年03月31日
2019 選択的放電固化による積層造形法の基礎検討 古谷克司、 山岸宏規,(*)、 土屋昂敬(*) 2019年11月30日
2017 Performance of Electrochemical Discharge Machining by Forced Discharge Dispersion (2nd Report) Monitoring of Machining Current Katsushi Furutani、 Hiroyuki Shintani(*)、 Yasuo Murase(*)、 Shuichi Arakawa 2018年03月31日
2017 Electrode Feeding Devices Based on AZARASHI (Seal) Mechanism for Small-Hole Electrical Discharge Machining Katsushi Furutani、 Daisuke Hiraoka(*) 2018年03月31日
2017 Removal Mechanism of Glass Using Lathe-Type Electrochemical Discharge Machine Katsushi Furutani、 Kazuyuki Arai(*) 2018年03月31日
2017 Two-Dimensional Displacement Control of Piezoelectric Actuator Stage Driven by Series of Current Pulses Katsushi Furutani、 Atsushi Sakata(*) 2018年01月05日
2017 Conveyance Method of Thin Plate by Using Multiple-phase Air Flow Katsushi Furutani、 Yusuke Nakamura(*)、 Akira Urita 2018年01月04日
2017 Percussive Rock Surface Remover Driven by Solenoid with Planer Motion for Lunar Exploration 古谷克司、 Hisashi Kamiishi(*) 2017年10月20日
2017 多相空気流を用いた薄板の非接触搬送法 古谷克司、 中村祐介(*)、 瓜田明 2017年09月01日
2016 Mission Concepts of Unprecedented Zipangu Underworld of the Moon Exploration (UZUME) Project Junichii HARUYAMA(*)、 Isao KAWANO(*)、 Takashi KUBOTA(*)、 Masatsugu OTSUKI(*)、 Hiroki KATO(*)、 Toshihiko NISHIBORI(*)、 Takahiro IWATA(*)、 Yukio YAMAMOTO(*)、 Katsushi Furutani、 et al. 2017年02月14日
2016 Reduction of residual vibration of piezoelectric actuator driven by series of current pulses Katsushi Furutani、 Atsushi Sakata(2011年度修士修了,現,JR東海) 2017年01月01日
2016 Concept of Inflatable Outer Wheel Rover for Exploration of Lunar and Planetary Holes and Subsurface Caverns Katsushi Furutani 2016年07月05日
2016 Machining of a Rock Surface Shaver with Piezoelectric Actuator for In-situ Analysis in Lunar and Planetary Exploration Katsushi Furutani、 Eiji Kagami(2009年度学部卒,現,スズキ) 2016年07月05日
2015 Prototyping of Acceleration Sensor by Using Lathe-type Electro-chemical Discharge Machine Katsushi Furutani、 Shunsuke Kojima(2010年度学部卒,現,トヨタ自動車) 2016年03月11日
2015 駆動電流を用いた圧電アクチュエータの発生力の推定 古谷克司、 犬飼亮太(2014年修士修了,現,オークマ)、 徐世傑(メカノトランスフォーマ)、 矢野健(メカノトランスフォーマ)、 樋口俊郎(東京大学大学院) 2015年09月01日
2015 超音波近接場浮揚を利用した2次元搬送法における駆動力の発生メカニズム 古谷克司、 小野政貴(2010年修士修了) 2015年06月10日
2014 旋盤型電解放電加工によるガラス除去加工メカニズム 古谷克司、 荒井和行(2009年度学部卒,現,トヨタ自動車) 2015年03月31日
2014 Experimental investigations of deposition conditions for saw wire fabrication by electrical discharge machining Katsushi Furutani、 Koji Suzuki(2005年度学部卒,現,ダイハツ工業) 2015年02月19日
2014 モリブデンのクラックレス放電加工(第2報)結晶粒の異方性がクラック発生に及ぼす影響 金子健正(元PD研究員,現,長岡工業高等専門学校)、 古谷克司 2014年09月05日
2014 Mass measurement of grasped object with tweezers employing bimorph piezoelectric actuators Katsushi Furutani、 Atsushi Sakata(2011年度修士修了,現,JR東海) 2014年08月14日
2014 Conditions for Bending of Thin Metal Sheet by Thermal Strain in Electrical Discharge Machining Katsushi Furutani、 Norimichi Yoshida(2010年度修士修了,現,中部成増) 2014年07月11日
2014 Condition Monitoring in Concurrent Micro-hole Electrical Discharge Machining with Electrode Feeding Devices Employing AZARASHI (Seal) Mechanism Katsushi Furutani、 Daisuke Hiraoka(2010年度修士修了,現,トヨタ紡織) 2014年06月23日
2013 微細穴放電加工のためのアザラシ型機構による電極送り機構 古谷克司、 平岡大輔(2010年度修士修了,現,トヨタ紡織) 2014年03月31日
2013 強制放電分散型電解放電加工の加工特性(第2報)-加工電流の観察- 古谷克司、 新谷啓行(2007年度学部卒,現,エステック)、 村瀬靖男(元,研究補助者)、 荒川修一 2014年03月31日
2013 Performance of Electrochemical Discharge Machining by Forced Discharge Dispersion Katsushi Furutani、 Hiroyuki Shintani(2007年度学部卒,現,エステック)、 Yasuo Murase(元,研究補助者)、 Shuichi Arakawa 2014年03月31日
2013 モリブデンのクラックレス放電加工(第1報)-シリコン電極を用いた加工- 金子健正、 古谷克司 2014年02月05日
2013 Crack-Less Electrical Discharge Machining of Molybdenum with Titanium Electrode 金子健正、 古谷克司 2014年01月
2013 強制放電分散型電解放電加工の加工特性 古谷克司、 新谷啓行(2007年度学部卒,現,エステック)、 村瀬靖男(元,研究補助者)、 荒川修一 2013年11月30日
2013 Prototype Design of Wire-sawing Machine for Preliminary Experiments to Lunar and Planetary Exploration Katsushi Furutani、 Eiji Ikeda(2007年度学部卒,現,トヨタ自動車)、 Tatsuaki Okada(宇宙航空研究開発機構)、 Kazuto Saiki(大阪大学大学院)、 Hiroyuki Ohue(トクセン工業) 2013年11月01日
2013 Machining of Nonconductive Thin Rod by Using Lathe-type Electro-chemical Discharge Machine Katsushi Furutani、 Kazuyuki Arai(2009年度学部卒,現,トヨタ自動車)、 Shunsuke Kojima(2010年度学部卒,現,トヨタ自動車) 2013年09月23日
2012 Performance of Wire-Sawing of Glass Assisted by Electro-Chemical Discharge Katsushi Furutani、 Michiaki Tomoto(2006年度学部卒,現,中部ティーイーケイ) 2012年11月08日
2011 Performance of Micro-hole Drilling by Ultrasonic-assisted Electro-Chemical Discharge Machining Meifal Rusli(元PD研究員,現,Andalas University)、 Katsushi Furutani 2012年01月01日
2011 Prototype of Manipulator for Micro Objects Employing AZARASHI (Seal) Mechanism as Mobile Platforms Katsushi Furutani、 Taizo Makino(2008年度修士修了,現,デンソー) 2011年11月05日
2011 Performance of Micro-hole Drilling by Ultrasonic-assisted Electro-Chemical Discharge Machining Meifal Rusli(元PD研究員,現,Andalas University)、 Katsushi Furutani 2011年07月13日
2010 Simulation of the Performance of a Piezoelectric Actuator Driven with a Current Pulse Katsushi Furutani、 Furuta, Atsushi 2010年11月
2010 Proposal for Abrasive Layer Fabrication on Thin Wire by Electrical Discharge Machining Katsushi Furutani 2010年07月
2010 慣性力により摩擦力を制御するアザラシ型精密位置決め機構の移動特性 古谷克司、 磯野秀明(2007年度学部卒・現飯田電機工業) 2010年06月
2010 TWEEZERS FOR MICROMANIPULATION WITH GRASP DETECTION OF SMALL OBJECT Katsushi Furutani、 Taizo Makino(2008年度修士修了,現,デンソー) 2010年
2010 Micromanipulation Applying Local Machining Station Method Katsushi Furutani、 Taizo Makino(2008年度修士修了,現,デンソー) 2010年
2009 Influence of Slope angle and Traction Load on Performance of AZARASHI (Seal) Mechanism with One Degree of Freedom Katsushi Furutani、 Katsumi Kawagoe(2002年度修士修了・現不二越) 2010年
2009 惑星探査のための小型振動加工機の基本構成 古谷克司、 田形泰健(2004年度修士修了・現三菱電機) 2009年06月10日
2009 A Desktop Saw Wire Coating Machine by Using Electrical Discharge Machining Katsushi Furutani、 Koji Suzuki(2005年度学部卒・現ダイハツ) 2009年
2009 Application of AZARASHI (Seal) Positioning Mechanism to Micromanipulation by Vacuum Suction Katsushi Furutani、 Taizo Makino (2008年度修士修了・現デンソー) 2009年
2009 Linear Measurement and Training Device for Leg Evaluation Katsushi Furutani、 Hiroshi Tachi(2001年度修士修了・現ジェイテクト)、 Mitsuru Saito 2009年
2009 Influence of Matrix Circuit Switching Device Junction Capacitance on Piezoelectric Actuator Drive Performance Katsushi Furutani、 Taizo Makino(2008年度修士修了・現デンソー) 2009年
2008 Machining a glass rod with a lathe-type electro-chemical discharge machine Katsushi Furutani、 Hideaki Maeda(H17年度学部卒・現三精輸送機) 2008年04月
2008 Influence of electrical conditions on performance of electrical discharge machining with powder suspended in working oil for titanium carbide deposition process Katsushi Furutani、 Hiromichi Sato(2004年度修士修了)、 Masayuki Suzuki(三琇エンジニアリングサービス) 2008年
2007 電流パルス駆動によるアザラシ型位置決め機構の高分解能化 古谷克司、 太田 徳幸、 古田 淳 2008年
2007 Displacement Monitoring of Stacked Piezoelectric Actuator by Observing Induced Charge Katsushi Furutani、 Noriyuki Ohta(2004年度修士修了・現プレサイスゲージ) 2007年
2007 Liquid Crystal Actuator Using Nematic π-Cell Yoshitaka Mieda(高知工科大学(前本学PD)、 Katsushi Furutani 2007年
2007 Evaluation of Driving Performance of Piezoelectric Actuator with Current Pulse Katsushi Furutani、 Atsushi Furuta(Nano Control Co. Ltd.) 2007年
2007 A self-consistent approach for the SmA-SmC* phase transition Y. Mieda(本学前PD 現 高知工科大学)、 古谷克司 2007年
2007 A Prototype of Electrical Discharge Coater for Wire Saw Katsushi Furutani、 Koji Suzuki(2005年度学部卒;現ダイハツ) 2007年
2007 Machining Glass Rod with Lathe Type Electro-chemical Discharge Machine Katsushi Furutani、 Hideaki Maeda(2004年度学部卒・現:三精輸送機) 2007年
2006 ワイヤ放電加工におけるワイヤ振動を考慮したシステム同定(第1報) 山田久(三菱電機)、 毛利尚武(東京大学)、 古谷克司、 成清辰生、 武沢英樹(工学院大学) 2006年
2006 A driving method of piezoelectric actuator by using current pulses Katsushi Furutani、 Katsuhiko Iida(Nano Control) 2006年
2006 ワイヤ放電加工におけるワイヤ振動を考慮したシステム同定(第1報) 山田久(三菱電機;1998年度博士修了)、 毛利尚武(東京大学大学院;本学前教授)、 古谷克司、 成清辰生、 武沢英樹(工学院大学;2001年度博士課程満了) 2006年
2006 3自由度アザラシ型位置決め機構の移動特性の改善 古谷克司、 河越克己(2003年度修士修了 現 不二越) 2006年
2005 圧電アクチュエータを用いた一方向ブレーキ機構 古谷克司、 波多野 誠(2003年度学部卒 現 カヤバ工業)、 金山尚樹(ハーモニック・ドライブ・システムズ) 2006年
2005 Performance of Driving Method of Piezoelectric Actuator by Using Current Pulse Katsushi Furutani、 Katsuhiko Iida(Nano Control) 2005年
2005 Microsphere Manipulation Using Ferroelectric Liquid Crystals Yoshitaka Mieda、 Katsushi Furutani 2005年
2005 Application of AZARASHI (Seal) Mechanism to Fine Motion Stage of Atomic Force Microscope Katsushi Furutani、 Katsumi Kawagoe(2003年度修士修了・現不二越)、 Yoshitaka Mieda 2005年
2005 走行ワイヤ工具の放電表面処理と複合加工への応用 小菅守(1999年度修士修了・現小糸製作所)、 毛利尚武(本学前教授・現・東京大学大学院)、 武沢英樹(2000年度博士満了・現・工学院大学)、 古谷克司 2005年
2005 One-way Brake Mechanism Using Piezoelectric Actuator Katsushi Furutani、 Makoto Hatano(2003年度学部卒・現 カヤバ工業)、 Naoki Kanayama(ハーモニック・ドライブ・システムズ) 2005年
2004 軽強度自転車運動時の下肢筋血流に及ぼす下半身陰圧負荷の影響 斉藤満、 古谷克司、 城宏 2005年
2004 Two-dimensional micromanipulation using liquid crystals Yoshitaka Mieda、 Katsushi Furutani 2005年
2004 粉末混入放電加工による仕上げ面および潤滑面の同時形成(第2報)状態の観察による付着プロセスの推定 古谷克司、 清水要祐(2002修士修了光洋精工) 2004年
2004 Coarse and fine positioning performance of an L-shaped seal mechanism with three degrees of freedom Katsushi Furutani、 Noriyuki Ohta (修士 1)、 Katsumi Kawagoe (修士2) 2004年
2003 Fabrication of Abrasive Layer Using Dispersion of Hard Powder by Electrical Discharge Machining (2nd Report) -Evaluation of Abrasive Layer through Grinding Process- Katsushi Furutani、 Hirotaka Sunada (2001修士修了,現,トヨタ自動車) 2004年
2003 Fabrication of Abrasive Layer Using Dispersion of Hard Powder by Electrical Discharge Machining (1st Report) -Dispersion of Insulating Powder into Deposit- Katsushi Furutani、 Hirotaka Sunada (2001修士修了,現,トヨタ自動車) 2004年
2003 Nanometre-cutting machine using a Stewart-platform parallel mechanism Katsushi Furutani、 Michio Suzuki (2001年修士修了,現,NSKワーナー)、 Ryusei Kudoh (1999年学部卒業,現,セントラル自動車) 2004年
2003 Electrical Conditions of Electrical Discharge Machining with Powder Suspended in Working Oil for Titanium Carbide Accretion Process Katsushi Furutani 2003年
2002 液中放電による硬質粉体の分散を利用した砥粒層の形成(第2報)研削による砥粒層の評価 古谷克司、 砂田洋尚 (2001修士修了,トヨタ自動車(株)) 2003年
2002 液中放電による硬質粉体の分散を利用した砥粒層の形成(第1報)絶縁性粉体の堆積層への分散 古谷克司、 砂田洋尚 (2001修士修了,トヨタ自動車(株)) 2003年
2002 In-process Compensation for Grinding Wheel Wear Based on Pressure Measurement by Zero Method Katsushi Furutani、 Nguyen Trong Hieu(2001修士修了)、 Noriyuki Ohguro(2000学部卒業・Daikin Industries, Ltd.)、 Takashi Nakamura(Nagoya Institute of Technology) 2002年
2002 Automatic Compensation for Wear of Grinding Wheel by Pressure Based In-process Measurement in Wet Grinding Katsushi Furutani、 Nguyen Trong Hieu(2001修士修了)、 Noriyuki Ohguro(2000学部卒業;現ダイキン工業)、 Takashi Nakamura(名古屋工業大学) 2002年
2002 Positioning Performance of L-shaped Seal Mechanism with 3 Degrees of Freedom Katsushi Furutani、 Noriyuki Ohta(2000学部卒業・中部電力) 2002年
2002 Pressure-based in-process measurement by the null method for automatic compensation of wheel wear during surface grinding Katsushi Furutani、 Nguyen Trong Hieu (2001修士修了)、 Noriyuki Ohguro (2000学部卒業・ダイキン工業)、 Takashi Nakamura (Nagoya Institute of Technology) 2002年
2002 Automatic compensation for grinding wheel wear by pressure based in-process measurement in wet grinding Katsushi Furutani、 Nguyen Trong Hieu (2001修士修了)、 Noriyuki Ohguro (2000学部卒業・ダイキン工業)、 Takashi Nakamura (Nagoya Institute of Technology) 2002年
2002 In-process measurement of topography change of grinding wheel by using hydrodynamic pressure Katsushi Furutani、 Noriyuki Ohguro (2000学部卒業・ダイキン工業(株))、 Nguyen Trong Hieu (2001修士修了)、 Takashi Nakamura (名古屋工業大学) 2002年
2001 粉末混入放電加工による仕上げ面および潤滑面の同時形成 古谷克司、 白木勝己 (2000学部卒業・現,NOK)、 太田勝 (前本学助手) 2001年
2001 Coarse motion of 'seal mechanism' with three degrees of freedom by using difference of frictional force Katsushi Furutani、 Motoya Furuichi (1999学部卒業・現,三菱電機)、 Naotake Mohri (東京大学大学院) 2001年
2001 単発放電による微細電極の瞬時成形(第1報)-先端微細化現象と成形電極の応用- 武沢英樹 (2001博士満了・埼玉大学)、 毛利尚武 (東京大学大学院)、 古谷克司 2001年
2001 Accretion of Titanium Carbide by Electrical Discharge Machining with Powder Suspended in Working Fluid Katsushi Furutani、 Akinori Saneto (1998学部卒業)、 Hideki Takezawa (2001博士満了・埼玉大学)、 Naotake Mohri、 Hidetaka Miyake (Mitsubishi Electric Corp.) 2001年
2000 Powder Lamination Molding by Selective Laser Sintering Tadashi Yamazaki、 Naotake Mohri、 Katsushi Furutani、 Takeo Nakagawa 2000年
2000 細線電極を用いた放電堆積加工(第1報)-堆積メカニズムの検討- 武沢英樹 (博士3)、 毛利尚武 (東京大学大学院工学系研究科)、 古谷克司 2000年
2000 A New Process of Additive and Removal Machining by EDM with A Thin Electrode Naotake Mohri、 Hideki Takezawa(博士3)、 Katsushi Furutani、 Yoshiro Ito(長岡技術科学大学)、 Toshio Sata 2000年
2000 動圧を利用した湿式研削における砥石磨耗のインプロセス測定(第1報)-測定原理- 古谷克司、 加藤知尚(H10修士修了・エヌエスケー・ワーナー)、 毛利尚武 2000年
1999 XYZ-stage for Scanning Probe Microscope by Using Parallel Mechanism k. Yamakawa(H10修士修了)、 光洋精工)、 Katsushi Furutani、 N. Mohri 1999年
1999 圧電素子を用いた多軸微小送り機構 古谷克司、 末冨彰(H11卒業・トヨタ自動車)、 毛利尚武 1999年
1999 A built-in displacement sensor for an impact drive mechanism Katsushi Furutani、 N. Mohri、 Toshiro Higuchi(東京大学大学院工学系研究科) 1999年
1999 Multiple Degrees-of-Freedom Arm with Passive Joints for On-the-Machine Measurement System by Calibrating with Geometrical Solids Katsushi Furutani、 K . Iwamoto(H9修士修了)、 H. Takezawa(博士2年)、 N. Mohri 1999年
1999 Precision Machinning by Feedback of Shape Data (1st Report) - The Basic Concept and Examples of Corrective Machining - H. Takezawa(博士2)、 Katsushi Furutani、 N. Mohri 1999年
1999 誘導電荷のフィードバッグによる圧電素子の変位制御(第2報)-パラレルメカニズム制御への適用 古谷克司、 山川耕志郎(H11修士修了)、 毛利尚武 1999年
1998 形状フィードバック型精密加工システムの開発(第1報) "基本概念と修正加工例" 武沢英樹(博士1)、 古谷克司、 毛利尚武 1999年
1998 ローカル・マシニング・ステーション方式による放電加工 古谷克司、 権丈裕二(H9卒業)、 武沢英樹(博士1)、 毛利尚武 1999年
1998 Machining Properties of Insulating Ceramics with an Electric DischargeMachine-Machining of Oxide Ceramics- Y. Fukuzawa(長岡技術科学大学)、 H. Katougi(同)、 Naotake Mohri、 古谷克司、 T. Tani(筑波技術短大) 1998年
1998 Electrical Discharge Machining by Local Station Method "Improvement of Positioning Accuracy for Machining on Large Workpiece" Katsushi Furutani、 Yuji Kenjo(H8卒業・アイシン精機)、 Naotake Mohri 1998年
1998 Comparison of Electrode Feeding Devices for Micro Hole Electrical Discharge Machining Katsushi Furutani、 Naotake Mohri、 Toshiro Higuchi(東京大学大学院工学系研究科教授) 1998年
1998 Machining Phenomena in EDM of Insulating Ceramics-Effect of Condenser Electrical Discharge- T. Shin(韓国慶尚大学)、 Naotake Mohri、 H. Yamada(三菱電機)、 M. Kosuge(学部3)、 Katsushi Furutani、 Y. Fukuzawa(長岡技術科学大学)、 T. Tani(筑波技術短大) 1998年
1998 Improvement of Control Method for Piezoelectric Actuator by Combining Induced Charge Feedback with Inverse Transfer Function Compensation Katsushi Furutani、 Mitsunori Urushibata(1998年卒業)、 Naotake Mohri 1998年
1998 Material Accretionn by Electrical Discharge Machihing with Thin Electrodes Naotake Mohri、 Kzutaka Fujii(H10修了・ゼクセル)、 Katsushi Furutani、 Hideki Takezawa(博士1)、 Toshio Sata 1998年
1998 System Identification of Wire Electrical Dischage Machining Naotake Mohri、 Hisashi Yamada (H10博士修了)、 Katsushi Furutani、 Tatsuo Narikiyo、 Takuji Magara (三菱電機(株)) 1998年
1998 ZrO2セラミックスの放電加工特性 "グラファイト電極の効果" 谷 貴幸(筑波技術短期大学)、 福澤 康(長岡技術科学大学)、 川瀬卓也(同)、 古谷克司、 毛利尚武、 齋藤長男 1998年
1998 絶縁性セラミックスの放電加工における加工現象 "コンデンサ放電の効果" 申泰民(慶尚大学校・韓国)、 山田 久(H10博士修了)、 毛利尚武、 古谷克司、 福澤 康(長岡技術科学大学)、 谷 貴幸(筑波技術短期大学) 1998年
1998 Displacement Control of Piezoelectric Element by Feedback of Induced Charge Katsushi Furutani、 Mitsusnori Urushibata(H10卒業)、 Naotake Mohri 1998年
1998 Effect of Lubrication on Impact Drive Mechanism Katsushi Furutani、 Toshiro Higuchi(東京大学)、 Yutaka Yamagata(理化学研究所)、 Naotake Mohri 1998年
1998 A Parallel Link End Effector for Scanning Electrical Discharge Machining Process Katsushi Furutani、 Kazuhiro Shibatani(H7修了)、 Naoki Itoh(H9卒業)、 Naotake Mohri 1998年
1998 誘導電荷のフィードバックによる圧電素子の変位制御 古谷克司、 漆畑満則(H10卒業)、 毛利尚武 1998年
1997 ワイヤ電極振動に及ぼす単発放電衝撃力の影響 山田久(博士3)、 毛利尚武、 古谷克司、 齋藤長男、 真柄卓司(三菱電機) 1998年02月
1997 球体校正法による機上三次元形状計測(第2報) "受動関節を持つプローブ保持用多自由度 アーム" 古谷克司、 岩本謙治(H8修了・不二越)、 毛利尚武 1998年02月
1997 球体校正法による機上三次元形状計測(第1報) "測定原理および測定精度" 古谷克司、 岩本謙治(H8修了・不二越)、 毛利尚武 1997年12月
1997 ドットマトリクス方式を用いた放電加工による3次元形状創成加工法(第2報) "放電分散の観察" 古谷克司、 白井一久(H8卒業・シロキ工業)、 毛利尚武 1997年11月
1997 絶縁性セラミックスの放電加工プロセス 谷貴幸(筑波技術短期大学助手)、 福沢康(長岡技術科学大学助教授)、 古谷克司、 毛利尚武 1997年09月
1997 インパクト駆動機構を用いた自走式放電加工機 古谷克司、 毛利尚武、 樋口俊郎(東京大学大学院工学系研究科教授) 1997年09月
1997 Three-dimensional Shaping by Dot-matrix Electrical Discharge Machining Katsushi Furutani、 Toshio Enami(H7修了・ユニチカ)、 Naotake Mohri 1997年09月
1997 Simulataneous Finishing a Pair of Dies by Electrical Discharge Grinding Katsushi Furutani、 Naotake Mohri、 Nagao Saito、 Hideki Takezawa(研究生)、 Toshiyuki Shin(H2修了・ヤンマーディーゼル)、 Masatake Higashi 1997年08月
1997 Forced Discharge Dispersion by Dot-Matrix Method Naotake Mohri、 Katsushi Furutani、 Kazuhisa Shirai(H8卒業・シロキ工業)、 Toshio Enami(H7修了・ユニチカ) 1997年08月
1997 パラレルメカニズムを用いた走査放電加工用エンドエフェクタの開発 古谷克司、 柴谷一弘(H7修了・ミノルタ)、 伊東直樹(H8卒業・豊田工機)、 毛利尚武 1997年05月
1997 Self-running Type Electrical Discharge Machine Using Impact Drive Mechanism Katsushi Furutani、 Naotake Mohri、 Toshiro Higuchi(東京大学大学院工学系研究科教授) 1997年
1997 Modal Analysis of Wire Electrode Vibration in Wire-EDM Hisashi Yamada(D2)、 Naotake Mohri、 Nagao Saito、 Takuji Magara(三菱電機)、 Katsushi Furutani 1997年
1997 ドットマトリクス方式を用いた放電加工による3次元形状創成加工法(第1報) "加工法の提案" 古谷克司、 江南俊夫(ユニチカ)、 毛利尚武 1997年
1997 ワイヤ放電におけるワイヤ電極振動系の過渡応答 山田久、 毛利尚武、 古谷克司、 齋藤長男、 真柄卓司 1997年
1996 ワイヤ放電加工におけるワイヤ電極振動のモード分解 山田 久(博士3)、 毛利尚武、 古谷克司、 斎藤長男、 真柄卓司(三菱電機名古屋製作所) 1997年03月
1996 Assisting Electrode Method for Machining Insulating Ceramics Naotake Mohri、 Yasushi Fukuzawa(長岡技術科学大学)、 Takayuki Tani(筑波技術短期大学)、 Nagao Saito、 Katsushi Furutani 1996年
1995 Minaturized Electrode Feeding Devices Using Piezoelectric Elements Katsushi Furutani、 Naotake Mohri、 T. Higuchi(東京大学) 1995年
1995 Electrical Discharge Device with Direct Drive Method for Thin Wire Electrode Hiromichi. Morita (H3修了・日本電装)、 Katsushi Furutani、 Naotake Mohri 1995年
1995 インパクト駆動機構の潤滑面上における移動特性 古谷克司、 樋口俊郎(東京大学)、 山形豊(神奈川科学技術アカデミー)、 毛利尚武 1995年
1995 多面体較正法による機上形状計測(第1報) -放電加工機への適用- 毛利尚武、 鈴木政幸(元受託研究員・三琇ファインツール)、 古谷克司、 八木孝正(H5修了・積水化学工業)、 武沢英樹(H4修了・ダイナックス) 1995年
1995 楕円運動を利用した放電加工用電極ダイレクトドライブ方式 古谷克司、 毛利尚武、 樋口俊郎(東京大学) 1995年
1995 衝撃力を利用したリニアダイレクトドライブ機構 古谷克司、 毛利尚武、 樋口俊郎(東京大学) 1995年
1994 細穴放電加工用電極送り機構の比較 古谷克司、 毛利尚武、 樋口俊郎(東京大学) 1994年
1994 庄電素子を利用した放電加工用小型電極送り機構に関する研究 古谷克司 1994年
1993 Improvement of Velocity of Impact Drive Mechanism by Controlling Friction T. Higuchi (東京大学/神奈川科学技術アカデミー)、 Katsushi Furutani、 Y. Yamagata(東京大学)、 K. Kudoh(神奈川科学技術アカデミー)、 M. Ogawa (プリマハム) 1993年
1992 多電極放電加工機の開発 樋口俊郎(東京大学/神奈川科学技術アカデミ 一)、 古谷克司、 山形 豊(東京大学)、 武田幸三(東レ・プレ シジ ョ ン) 1992年
1992 摩擦力制御によるインパクト駆動機構の高速化 樋口俊郎 (東京大学/神奈川科学技術アカデミー)、 古谷克司、 山形豊(束京大学)、 工藤謙一(神奈川科学技術アカデミー)、 小川優(プリマハム) 1992年

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 機械創成
研究分野 精密機構,精密機械要素,精密加工,メカトロニクス
URL http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Kikai/5k60/index.html
最終学歴 東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修士課程修了(1991年)
職歴 名古屋大学大学院工学研究科 非常勤講師(兼務) (2014年~2014年)
愛知学院大学 非常勤講師(兼務) (2012年~2012年)
愛知大学 非常勤講師(兼務) (2011年~2012年)
南山大学 非常勤講師(兼務) (2010年~2014年)
東京大学大学院 非常勤講師(兼務) (2010年~2010年)
豊田工業大学 教授 (2007年04月~現在)
宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究本部 客員助教授(兼務) (2004年04月~2006年03月)
長岡技術科学大学 非常勤講師(兼務) (2001年~2001年)
豊田工業大学 助教授 (1998年04月~2007年03月)
カリフォルニア工科大学 客員研究員(兼務) (1995年06月~1995年12月)
豊田工業大学 講師 (1995年04月~1998年03月)
豊田工業大学 助手 (1992年04月~1995年03月)
東京工業大学精密工学研究所 助手 (1991年04月~1992年03月)
主な研究論文 ・K. Furutani, H. Maeda, “Machining a glass rod with a lathe-type electro chemical discharge machine”,Journal of Micromechanics and Microengineering Vol. 18, No. 6, pp. 065006, 8 p.(2008.04.29)
・K. Furutani, K. Iida, “A driving method of piezoelectric actuator using current pulses”,Measurement Science and Technology Vol. 17, No. 9, pp. 2387-2394(2006.07.24)
・K. Furutani, N. Ohguro, N. T. Hieu, T. Nakamura,“In-process measurement of topography change of grinding wheel by using hydrodynamic pressure”,International Journal of Machine Tools and Manufacture Vol. 42, No. 13, pp. 1447-1453(2002.10.04)
・K. Furutani, A. Saneto, H. Takezawa, N. Mohri, H. Miyake, “Accretion of Titanium Carbide by Electrical Discharge Machining with Powder Suspended in Working Fluid”,Precision Engineering Vol. 25, No. 2, pp. 138-144(2001.04.01)
・K. Furutani, M. Urushibata, N. Mohri, “Displacement Control of Piezoelectric Element by Feedback of Induced Charge”,Nanotechnology Vol.9, No. 2, pp. 93-98(1998.06.01)
学会活動 ・電気学会正員(1984年~);東海支部活動推進員(2009~2012年);上級会員(2012年~)
・精密工学会正会員(1989年~);東海支部商議員・幹事(2011年~);東海支部庶務幹事(2020年~);代議員(2012~2015年)
・超精密位置決め技術専門委員会委員(1991年~),ニューアクチュエータ小委員会委員長(2001~2008年),幹事(2009年~)
・計測自動制御学会正会員(1991年~)
・電気加工学会正会員(1996年~);東海支部幹事(1996~2019年)・東海支部監事(2020年~);理事(2014年~);会誌校閲委員会委員(1998~2004年);東海支部長(2016年~2020年)
・American Society for Precision Engineering正会員(1996年~)
・日本AEM学会正会員(2007年~);評議員(2008年~2014年);理事(2014年~2018年)
・日本機械学会正員(2008年~);アクチュエータシステム技術企画委員会委員長(2009年):生産加工・工作機械部門第2企画委員会・委員(2008年);Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing編集委員会(機素潤滑設計部門)編集委員(2009年~)編集委員長(2016~2017年度),機素潤滑設計部門推薦委員(2016~2017年度),日本機械学会論文集編修委員(2013~2021年)
・Precision Engineering, Associate Editor (2012~2021年)
・Mechanical Engineering Journal (JSME), Transactions of the JSME, Associate Editor (2013年~)
・Actuators, Editorial Board(2020年~)
社会活動(研究に関する学会活動以外) 油空圧機器技術振興財団評議員(2008年~) 
学内運営(委員会活動等) 総合安全委員会・副委員長(2020~2021年度)
大学評価委員会・委員(2015~2016年度)・委員長(2020~2021年度)
ものづくりの科学教育センター・センター長(2016~2019年度)
学外実習委員会・委員長(2013~2017年度),委員(2000~2001年度,2011~2012年度,2019~2021年度),拡大委員(2002年度)
ものづくりの科学教育センター協議会・委員(2014~2015年度,2020年度~),議長(2016~2019年度)
総合情報センター協議会・委員(2002~2004年度,2006年度,2015~2021年度)
創造性開発センター協議会・委員(2020~2021年度)
創造性開発工房協議会・委員(2018~2019年度)
入学者選抜制度委員会・委員長(2011年度),委員(2012~2014年度,2017~2019年度),拡大委員(2015~2016年度)
私立大学研究ブランディング事業推進委員会・委員(2016~2018年度)
工作実習工場運営部会・議長(2016年度),委員(2017年度)
人事検討会議・委員(2015~2016年度,2019~2020年度)
工作実習工場協議会・議長(2015年度),委員(1996~1997年度,2001~2002年度,2005~2006年度,2011~2014年度)
研究推進委員会・委員(2012~2014年度)
学長諮問会議・委員(2011~2012年度)
本学の明日を考える委員会・委員(2010~2011年度)
入学試験委員会・委員長(2010年度)
大学院教育改革支援プログラム取組委員会・委員(2008~2010年度)
教務委員会・委員(2007~2010年度)
大学評価・JABEE委員会・委員,JABEE-WGチーフ(2008~2009年度)
入学試験制度検討委員会・委員長(2007~2009年度),委員(2010年度)
国際連携推進委員会・委員(2004~2005年度,2007年度)
次世代将来構想委員会・委員(2007年度)
学生委員会・委員(2006年度)
JABEE委員会・委員(2005~2006年度)
教育改善委員会・委員(2003~2004年度)
広報連絡協議会・委員(2002~2004年度)
教務学生委員会・委員(2000年度)
学生募集推進委員会・委員(1998~1999年度)
半導体センター協議会・委員(1998~1999年度)
図書館協議会・委員(1996~1997年度)

スマートビークル研究センター運営協議会(2018~2021年度)
難環境作業スマート機械技術研究センター協議会・副委員長(2015~2017年度),委員(2013~2014年度)
サステイナブル機械システム研究センター協議会・議長(2011~2012年度),委員(2008~2010年度)
局所構造制御研究センター協議会・委員(2011年度)
先端フォトンテクノロジー研究センター協議会・委員(2003~2005年度)
未来情報記録材料研究推進センター協議会・委員(1999~2005年度)

新キャンパス建設委員会・委員(2012~2015年度)
研究・実験機能分科会・チーフ(2012~2017年度)
新キャンパス検討プロジェクトチーム・委員(2011~2012年度)
GPプランニングワーキンググループ・委員(2009~2010年度)
南山大学連携委員会・委員(2008~2010年度)
テニュア制度検討タスクフォース・委員(2008年度)
図書選書委員(2007~2008年度)
体験的学習科目タスクフォース・委員(2006年度)
次世代構想懇話会・委員(2005~2006年度)
FDタスクフォース・委員(2005年度)
海外連携ワーキンググループ・委員(2003~2004年度)
創成科目検討ワーキンググループ・委員(2002年度)
総合カリキュラム検討委員会・委員(2000~2001年度)
英文大学案内改定ワーキンググループ・委員(1999~2000年度)
将来構想委員会・委員(1998~2000年度)
カリキュラム検討委員会・委員(1998年度)
図書館システム選定ワーキンググループ・委員(1998年度)
一貫教育小委員会・委員(1997年度) 
担当授業科目 学部:メカトロニクス,機械加工学,工学リテラシー1,工学実験 
修士:生産システム 
教育実践上の主な業績 1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

パワーポイント原稿の配布(2018~2020年度)
「機械加工学」および「生産システム」はパワーポイントを併用して授業を実施している.教科書にない図表を用いる場合には,事前の予習ができるようにパワーポイントの内容を縮刷してあらかじめ配布している.
A4に6枚分を入れており小さく見にくいという意見があるが,あえて見えにくくすることで紹介した参考文献を用いた予習を促進させることを目的としている.

実験レポートのチェックリスト(2018~2020年度)
工学実験「フィードバック制御」で単純なミスを防ぐため,提出前にチェックリストに基づき別の学生のレポートの様式をチェックさせるようにした.その結果,全員の単純なミスが防止できている.ほかの学生のレポートを見ていることは明らかなので,かえってレポートを写しにくくなっている.

実験装置初期状態のスケッチ(2018~2019年度)
実験装置を片づけられない,使用法が荒い,雑であるという問題が散見されている.そのため,工学実験「フィードバック制御」実験装置の初期状態をスケッチさせることにした.実施前は片づけや使用状況が年々悪くなっていたが,悪化は止まった.副次的な効果として装置の状態を観察する習慣が身に付きつつある.

Web教材を用いた予習(2018~2020年度)
工学リテラシー1「特殊加工」,「放電加工」では,ノギスとマイクロメータの読み方の練習ができるように科目ホームページに対話式の練習課題を設けている.2013年度からは担当が別の教員になったが,引き続き使用可能な状態に保守している.同「電子工作」では,抵抗のカラーコード,ハイトゲージ,電圧計の読み方の練習問題を設けている.Windowsのブラウザが今後Edgeになるので,それに対応するページを作成した.
工学実験「フィードバック制御」ではMoodle上で基礎的な理論,接続に関する情報などについての予習課題を提供している.解答時間や取り組み状況の履歴も把握することができた.
実験の予習が確実に行われるようになり,実験中に指導する内容のレベルを上げることができた.
学外実習の事前授業の一つとして実施する工場見学に参加するにあたって注意すべきこと,見学のポイントなどを確認するためのeラーニング教材を作成した.

ビデオ教材による予習(2018~2020年度)
工学実験「フィードバック制御」では,ビデオによる予習教材を制作し,回覧させている.テキスト内の文章による記述や図表だけでなく,カラーの動画で実験手順を解説するため,内容の理解が促進されている.回覧させることで,学生どうしの横のつながり,特に編入生とそれ以外の学生のつながりを濃くすることにも貢献している.
工学リテラシー1「電子工作」のはんだ付けに関するビデオ教材を提供した.

工学リテラシー1反省会(2018~2019年度)
学期終了時に担当教員,指導員,工場長,事務局担当部署により,当該学期の実習の反省点,改善点に関する意見交換を行っている.出された事項は早急に検討され,遅くとも翌年度までには対処される.学期途中に創造性開発工房協議会(旧:工作実習工場協議会)により実施される科目の安全点検への対応も議論されることがある.

プロジェクタを用いた実習の導入部分の説明(2018~2019年度)
学内公募の2014年度教育活動関係予算により,工学リテラシー1全テーマに液晶プロジェクタを1台ずつ導入した.注意が散漫な学生が増加するにつれて,それまでの印刷体によるテキストを用いた説明ではどこを説明しているのかをフォローできない学生が増加した.そこで,プロジェクタを用いてパワーポイントで作成した資料を呈示して説明することにした.学生の理解が深まった.呈示するための資料が充実するという副次的な効果も得られた.
後期に実施される工学リテラシー2や別の日に実施される創造性開発実習でも利用され,同様の効果が得られた.
新棟になり明るくて見えにくい場合には,大画面のテレビに適宜変更している.

タブレットコンピュータを用いた個別指導の充実(2018~2019年度)
学内公募の2015年度教育活動関係予算により,工学リテラシー1全テーマにタブレットコンピュータを1台ずつ導入した.学生ごとに進度が異なるために,大幅に遅れた学生に対しては個別指導が必要になる.それまでは紙や板書が中心であったが,タブレットパソコンを用いることで説明に使用したパワーポイント原稿等を再度提示することができるようになった.
後期に実施される工学リテラシー2や別の日に実施される創造性開発実習でも利用され,同様の効果が得られた.

学外実習指導(2018~2019年度)
事前学習時には,目的意識の低い学生や実施上問題になることが予想される学生に対して個別に面談し,モチベーションを向上させるとともに規律を守ることの重要性を理解させた.
事後学習として,学生同士で実習時に体験したことを討論させて,体験の共有化を図っている.1年生と3年生の混合クラスになるときには,それぞれの体験を共有させることで,1年生には今後取り組むべき目標を持たせ,3年生は過去の実習を振り返らせるようにした.一部学生には発表もさせて,それに対してコメントを付けた.

学外実習自己評価票(2018~2019年度)
学外実習IおよびII(III)では,それぞれ「学ぶべき10のアドバイス」をガイダンスで説明しているが,具体的な達成度を自己評価できていなかった.そこで,ルーブリックを作成して個々のアドバイスの達成度を自己評価できるようにした.学外実習Iは2015年度から,II(III)は2016年度から適用している.


2 作成した教科書、教材、参考書

実験・実習テキストの制作と改訂(2018~2020年度)
工学リテラシー1「放電加工」,「特殊加工」,「電子工作」,工学実験「フィードバック制御」のテキストを執筆し,実習指導員および学生からのフィードバックや学生の反応に基づき毎年改訂している.

実習用コンピュータプログラム(2018~2019年度)
工学リテラシー1「NC旋盤」では,実際に使用できるNC旋盤が1台しかない.そのため,プログラムの入力体験を行えるように,コントローラのエミュレーションプログラムを制作し,使用している.機能はプログラムの入力と図形確認およびその印刷である.使用するパソコンが変更になった場合には,関連ソフトウエアの更新を含みメインテナンスを行っている.その他にも,放電加工で用いるプログラム制作用パソコン等のメインテナンスも適宜行っている.担当が終了した2013年度以降も同様にメインテナンスを担当している.

実験装置接続および源調整の練習のためのハードウエアを用いた予習(2018~2019年度)
工学実験「フィードバック制御」では実験装置を接続させるが,ウェブやビデオ教材では理解度に限界があった.そこで,ワンチップマイコンを用いてモータの速度制御系のハードウェアシミュレータを製作した.実際に用いる実験装置と類似した配線の色,配線箇所とし,回転数の増減をLEDバーで表示する.ゲイン設定の練習も可能である.制御回路内の素子が飽和した場合にはアラームを表示させることで,ゲイン設定時に頻繁に起こる問題に気付かせる効果を狙っている.さらに,回覧させることで,学生どうしの横のつながり,特に編入生とそれ以外の学生のつながりを濃くすることにも貢献している.

科目連絡用ホームページ(2018~2020年度)
「メカトロニクス」,「生産システム」,工学リテラシー1「NC旋盤」(2012年度まで担当),同「特殊加工」工学実験「フィードバック制御」の連絡用ホームページを開設・運用している.授業の連絡に使用している.講義課目では,課題の連絡,参考書の紹介も行っている.Moodleともリンクしている.実験実習科目では,自作のWeb教材へのアクセスもできるようにしている.例年のように出される実験レポートの自由記入意見へのフィードバックを,科目ホームページで一部行っている.
「学外実習I/II(III)」の参考図書も掲示している.

工学実験「フィードバック制御」用オンライン制御システムの開発(2020年度)
新型コロナウィルス感染症対策のため,実験科目もオンラインで実施することになった.そこで,インターネット経由でモータ制御系の比例ゲイン,フィードバックゲイン,入力値をウェブ経由で指令できるシステムを構築した.

3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
工学リテラシー1「電子工作」の事例紹介を行った.(2019年度).
工学リテラシー1「特殊加工」の事例紹介を行った.(2020年度)
工学リテラシー1「放電加工」のオンライン実習の事例紹介を行った.(2020年度)
工学実験「フィードバック制御」のオンライン制御実験システムの事例紹介を行った.(2020年度)


4 その他教育活動上特記すべき事項

オープンキャンパスにおける体験授業(2018~2019年度)
古谷克司:「金属を削る?高校数学で理解する切削現象」;高校生を対象としたオープンキャンパスにおいて講義を中心とした授業を行った.内容は大学の授業の一部である.しかし,高校までの教育課程とのギャップを埋めるために,中学,高校の参考書を参考にしてレベル設定をするとともに受講生との対話的な進行により,適宜補足を加えた.また,高校で学ぶ内容が大学で学ぶ学問の基礎となることがわかるような内容になるよう心掛けた.

高校生を対象とした出前授業(2019~2020年度)
2019年9月に高校へ出向き「メカトロニクス」に関する講義を行った.2020年度はオンラインで実施した.

授業公開・参観および事後の検討会への参加(2018~2019年度)
授業参観および事後の検討会には毎学期参加し,自身のFDに努めている.

学内委員としての活動(2018~2019年度)
ものづくりの科学教育センターセンター長および同協議会議長として,円滑に実験実習科目を実施するとともに学生への教育効果を高める方法を事務局と共同して検討・実施している.
2018年度には2020年度からの工学リテラシーテーマの全面的な再構成,2019年度にはものづくり関連科目の総点検を行った.

JABEE実地審査(主審査員)参加(2018~2020年度)
日本技術者教育認定機構が実施する2017年度一斉審査による実地審査で主審査員を,2018年度は副審査長を,2019年度には個別プログラムの主審査員を務めた.また,事前研修にも参加し,審査の方法だけでなく,エンジニアリングデザイン,グループワークの考え方や工学教育の最新動向についての情報収集をした.2020年度には一斉審査の主審査員を務める.

学外講習会における一般技術者の教育(2018~2019年度)
古谷克司:圧電アクチュエータの基礎と応用機構,日本機械学会講習会 (2018).
古谷克司:多相空気流や超音波浮揚による薄板の非接触搬送,ポジショニングEXPO特別セミナー (2019). 
その他

ページのトップへ戻る