TOP > 研究者プロフィール

准教授 山方啓(Akira Yamakata / ヤマカタ アキラ)

業績

年度 講演名 講演者 講演題目 講演日
2020 第2回動的エキシトン若手セミナー 加藤康作、 山方啓  広帯域過渡吸収分光法による光励起ダイナミクスの観測 2021年03月10日
2020 光機能材料研究会 第81回講演会 「光触媒材料の設計開発と光触媒反応解析の最新動向」 山方啓  半導体光触媒粒子中の欠陥が及ぼす光励起キャリアの再結合促進と抑制効果 2021年03月01日
2020 科研費・学術変⾰領域研究(A) 「動的エキシトン」 公募説明会・Kick‐off領域会議 山方啓  広帯域時間分解分光による動的エキシトン時間発展の追跡 2021年01月12日
2019 Materials Research Meeting 2019 Akira Yamakata  Behavior of Photogenerated Charge Carriers on Powder Photocatalysts 2019年12月11日
2019 The 36th International Japan-Korea Seminar on Ceramics (JK-Ceramics 36) Akira Yamakata 、 Junie Jhon M. Vequizo(*)、 Yoshihisa Sakata(*)  Defects-induced enhancement of photocatalytic activity of Ga<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> studied by time-resolved visible to mid-IR absorption spectroscopy 2019年11月22日
2019 第29回キャラクタリゼーション講習会「触媒および表面の解析に役立つキャラクタリゼーションの基礎と実際」 山方啓  レーザー分光を用いた光触媒反応機構の解明 2019年11月21日
2019 The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13) Akira Yamakata 、 Junie Jhon M. Vequizo(*)、 Shouta Ishiyama(*)、 Taishi Hiramine(*)、 Yoshihisa Sakata(*)  Enhancement of photocatalytic activity of Ga<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> by impurity doping 2019年10月29日
2019 International Conference on Photochemistry and Sustainable Energy (ICPSE 2019) Akira Yamakata 、 Junie Jhon M. Vequizo(*)  Charge Carrier Dynamics on Powder Photocatalysts Studied by Time-resolved Visible to Mid-IR absorption Spectroscopy 2019年10月19日
2019 The 24th International Conference on Semiconductor Photocatalysis and Solar Energy Conversion (SPASEC-24) Akira Yamakata  Enhancement of photocatalytic activity of Ga<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> based photocatalysts studied by time-resolved absorption spectroscopy 2019年10月14日
2019 International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) Yangon 2019 Akira Yamakata  Impurity Induced Enhancement of Photocatalytic Activity on Ga<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> 2019年08月07日
2019 The First Symposium on Photo (electro) catalysis (SOP-1) Akira Yamakata 、 Junie Jhon M. Vequizo(*)  Behaviour of Photogenerated Charge Carriers at the Defects on Photocatalysts 2019年06月23日
2019 International Conference on Photocatalysis and Photoenergy 2019 (ICoPP2019) Akira Yamakata 、 Junie Jhon M. Vequizo (*)、 Shouta Ishiyama(*)、 Taishi Hiramine(*)、 Yoshihisa Sakata(*)  Defects for the Enhancement of Photocatalytic Activity 2019年05月24日
2018 中央大学理工学部・研究セミナー 山方啓  高性能光触媒の設計を目指した反応機構の解明 2019年01月22日
2018 International Workshop on Crystalline Materials and Applications (IWCMA-2019) Yamakata Akira  Curious Behaviors of Photogenerated Charge Carriers at the Defects on Powder Photocatalysts 2019年01月03日
2018 熊本大学工学部研究セミナー 山方啓  時間分解分光測定による高活性光触媒反応のメカニズム解明 2018年12月05日
2018 Research Seminar at National Chiao Tung University Yamakata Akira  Time-Resolved Visible to mid-IR Absorption Study of Photodynamics on Powder Photocatalysts 2018年11月20日
2018 Research Seminar at National Chung Hsing University Yamakata Akira  Curious Behavior of Photogenerated Electrons and Holes in Single-crystalline and Powder Photocatalysts 2018年11月19日
2018 Functional Ceramics forum for the upcoming Annual Materials Science Conference Yamakata Akira  Time-resolved Absorption Study on the Behavior of Photogenerated Electrons and Holes in Highly Active Photocatalysts 2018年11月17日
2018 第11回ワークショップ 固体材料合成および評価技術の新展開 山方啓  高活性光触媒の実現を目指した新しい分光測定技術の開発 2018年11月12日
2018 2018年電気化学会関東支部セミナー 先端計測技術による電極界面分析の新展開 山方啓  ポンププローブ法による界面ダイナミクス 2018年11月09日
2018 第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 山方啓  過渡吸収分光測定を用いた光触媒粒子の光励起ダイナミクス 2018年11月04日
2018 (公社) 日本セラミックス協会 第31回秋季シンポジウム 特定セッション 「先進的な構造科学と分析技術」 山方啓  時間分解分光測定を利用した高活性光触媒の反応機構解明 2018年09月05日
2018 The 8th Advanced Functional Materials and Devices (AFMD 2018) Yamakata Akira  Behavior of Photogenerated Charge Carriers on Highly Efficient Photocatalysts 2018年08月18日
2018 International Workshop on Water Splitting: Challenges and Opportunity Yamakata Akira  Effects of Surface Defects on Powder Photocatalysts Studied by Time-resolved Visible to Mid-IR Absorption Spectroscopy 2018年08月04日
2018 The 22nd International Conference on Photochemical Conversion and Storage of Solar Energy (IPS-22) Yamakata Akira  The Role of Powder Defects for Efficient Photocatalytic Reactions 2018年08月01日
2018 2018 International Symposium on Advancement and Prospect of Catalysis Science & Technology Yamakata Akira  Defects Induced Enhancement of Ga<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> Based Photocatalysts Studied by Time-Resolved Absorption Spectroscopy 2018年07月26日
2018 International Conference on Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications (CMCEE 2018) Yamakata Akira  How the Defects Affects the Photocatalytic Activity on Powder and Single Crystalline TiO<SUB>2</SUB> 2018年07月23日
2017 International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) 2018 Yamakata Akira  Trapping-Induced Enhancement of Photocatalytic Activity on TiO<SUB>2</SUB> Powders 2018年03月07日
2017 The 22nd International Conference on Semiconductor Photocatalysis and Solar Energy Conversion (SPASEC-22) Yamakata Akira、 Vequizo Junie Jhon、 Hironori Matsunaga  Behaviors of Photogenerated Electrons and Holes on TiO<SUB>2</SUB> Powder Photocatalysts 2017年11月14日
2017 International Conference on Photochemistry and Its Applications (ICPA 2017) Yamakata Akira  Behaviors of Electrons and Holes in Photocatalysts Studied by Time-resolved Visible to Mid-IR Absorption Spectroscopy 2017年11月11日
2017 19th SPVM National Physics Conference, 2017 ASEAN Conference on Advanced Functional Materials and Nanotechnology (ASEAN-AFMN), and 5th International Meeting on Complex Systems (IMCS) Yamakata Akira  Mechanism of Photocatalytic Reactions on TiO<SUB>2</SUB> Powders 2017年10月21日
2017 2017 ASEAN Conference on Advanced Functional Materials and Nanotechnology (ASEAN-AFMN) Vequizo Junie Jhon、 Yamakata Akira  Impact of Metal Ion Doping on Ga<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> Photocatalysts Studied by Transient Absorption Spectroscopy 2017年10月19日
2017 新学術領域研究 (平成28〜32年度) 複合アニオン化合物の創製と新機能 第2回トピカル会議 (機能) 山方啓  金属酸窒化物複合アニオン型光触媒のキャリアーダイナミクス 2017年08月07日
2017 KAKENHI International Symposium on “Studying the Function of Soft Molecular Systems” Yamakata Akira  Reaction dynamics at the liquid/solid soft-interfaces 2017年06月27日
2017 International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017 Yamakata Akira  Behaviors of Photogenerated Electrons and Holes in Photoelectrochemical Interfaces 2017年06月08日
2016 第26回日本MRS年次大会 Yamakata Akira  Dynamics of Photocarriers of Brookite TiO<SUB>2</SUB> Studied by Spectroscopic Techniques: A Comparison with Anatase and Rutile TiO<SUB>2</SUB> Photocatalysts 2016年12月20日
2016 山口大学 光・エネルギー研究センターシンポジウム 光科学が生み出す新しい世界-光制御と分光技術の最前線- 山方啓  新しい分光技術を利用した光触媒反応の機構解明 2016年12月14日
2016 第36回表面科学学術講演会 山方啓  時間分解分光測定を利用した金属微粒子を担持した光触媒のキャリアーダイナミクス 2016年11月30日
2016 第2回 「半導体による太陽光-水素エネルギー変換技術研究会」 山方啓  半導体光触媒の光励起ダイナミクス 2016年10月13日
2016 IKM International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2016 Yamakata Akira  Curious Behaviors of Photogenerated e<SUP>-</SUP> and h<SUP>+</SUP> in Anatase and Rutile TiO<SUB>2</SUB> Powders 2016年08月17日
2016 Collaborative Conference on 3D and Materials Research (CC3DMR) 2016 Yamakata Akira  Behavior of Photogenerated Electrons and Holes on Anatase and Rutile TiO<SUB>2</SUB> Powders 2016年06月22日
2015 2015 EMN Meeting on Photocatalysis (Energy Materials Nanotechnology) Yamakata Akira  Behaviors of Photogenerated Charge Carriers in Single-Crystalline and Polycrystalline Powder SrTiO<SUB>3</SUB> 2015年11月23日
2014 第32回無機材料に関する最近の研究成果発表会 山方啓  時間分解分光測定を利用した光触媒の開発 2015年01月26日
2014 平成26年度日本分光学会中部支部講演会 山方啓  時間分解赤外分光法を用いた光触媒反応ダイナミクス 2014年12月24日
2014 Vietnam Malaysia International Chemical Congress (VMICC) Yamakata Akira  Behavior of Photogenerated Charge Carriers on Transition Metal Doped Visible-light Responsive SrTiO<SUB>3</SUB> Photocatalysts 2014年11月07日
2014 日本表面科学会中部支部研究会 山方啓  光励起キャリアーの動きを制御した光触媒の開発 2014年10月31日
2014 16th Samahang Pisika ng Visayas at Mindanao (SPVM) National Physics Conference, 2014 International Conference on Applied Physics and Materials Science (ICAMS2014) Yamakata Akira  Charge Carrier Dynamics on Visible-Light Responsive Water-Splitting Photocatalysts 2014年10月24日
2014 UK-Japan Solar Driven Fuel Synthesis Workshop: Materials, Understanding and Reactor Design Yamakata Akira  Behavior of Photogenerated Charge Carriers in the Visible Light Responsive Water Splitting LaTiO<SUB>2</SUB>N Photocatalysts Studied by Time-Resolved Visible to mid-IR Absorption Spectroscopy 2014年09月18日
2014 International Peradeniya University Research Sessions (iPURSE) Yamakata Akira、 Masayuki Kawaguchi、 Jun Kubota、 Kazunari Domen  Electron and Hole Transfer from Photocatalyst to Cocatalysts Studied by Time-resolved Absorption Spectroscopy 2014年07月04日
2013 EMN Spring Meeting (Energy Materials Nanotechnology) Yamakata Akira、 Masayuki Kawaguchi、 Jun Kubota、 Kazunari Domen  Behavior of Photogeneraged Charge Carriers in Water Splitting Photocatalysts Studied by Time-resolved Absorption Spectroscopy 2014年03月01日
2013 学術講演会(神戸大学) 山方啓  可視から赤外域の過渡吸収測定による光触媒反応の機構解明 2014年01月30日
2013 Seventh International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy(ICAVS-7) Yamakata Akira  Real-time observation of destruction of hydration shells around several cations at electrochemical interface 2013年08月29日
2013 The 15th Asian Chemical Congress(15ACC) Yamakata Akira  Real-time observation of destruction processes of hydrophobic hydration shells at the electrified hydrophobic interface 2013年08月22日
2013 名工大オープンキャンパス4大学合同アフタヌーンセミナー 山方啓  光触媒を利用した化学反応 2013年06月15日
2012 第43回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (名古屋) 山方啓  光触媒反応の時間分解赤外分光観察 2012年11月10日
2012 CAMBODIAN MALAYSIAN CHEMICAL CONFERENCE (CMCC) 2012 Yamakata Akira  Time-resolved IR absorption study on water-splitting photoelectrodes 2012年10月19日
2012 17th Malaysian Chemical Congress (17MCC) Yamakata Akira  Dynamics of photogenerated electrons in GaN photoelectrochemical systems 2012年10月15日
2012 第22回キャラクタリゼーション講習会 -触媒および表面のキャラクタリゼーションの原理と実例- 山方啓  赤外分光法を用いた光触媒反応の解析 2012年10月12日
2012 FD推進ワークショップ 山方啓  FD講習を受けた二年目の”常微分方程式” 2012年08月08日
2012 ISSP ワークショップ「表面・界面における輸送と変換」 山方啓  時間分解赤外分光法でみた光触媒のキャリアーダイナミクス 2012年07月13日
2012 Seminar at Department of Electrical Enginnering, National Chung Hsing University Yamakata Akira  Development and Mechanism of Water Splitting Photocatalysts 2012年06月25日
2012 Workshop on Exploring the Structures and Dynamics of Water at Interfaces Yamakata Akira  Real-time Observation of Destruction of Hydration Shells at Electrified Interfaces 2012年06月22日
2011 第15回 ミニ公開シンポジウム「イオンチャネル研究の現状とこれからについて考える」 山方啓、 清水啓史(福井大学医学部)、 大澤雅俊(北海道大学触媒化学研究センター)、 老木成稔(福井大学医学部)  電極表面に固定したKcsAの 構造変化 2012年01月24日
2011 The 14th Asian Chemical Congress 2011 Yamakata Akira  Surface-enhanced IR study on the dynamics of hydration shells around several cations at the electrochemical interface 2011年09月07日
2011 The 14th Asian Chemical Congress 2011 –Cambodia Satellite Meeting Yamakata Akira  Time-resolved IR absorption study on the destruction processes of hydration shells at electrode surfaces 2011年09月04日
2010 Symposium on Advanced Spectroscopy Yamakata Akira  Time-resolved surface-enhanced infrared absorption study on destruction of hydration shells at the electrochemical interface 2010年10月08日
2010 第106回 触媒討論会 山方啓、 大澤雅俊  固液界面における溶質の水和殻崩壊過程の赤外分光観察 2010年09月17日
2010 第50回オーロラセミナー 山方啓  時間分解赤外分光法を用いた触媒反応機構の解明 2010年08月01日
2009 2010 日本化学会北海道支部賞授賞式 山方啓  赤外分光法を用いた表面反応機構の解明 2010年01月27日
2009 The second Asian Spectroscopy Conference Yamakata Akira  Structural changes of water layers between ions and a hydrophobic solid surface by their close contact 2009年11月30日

プロフィール

学位 博士(理学)  
生年月日 年齢
所属研究室 量子界面物性
研究分野 光化学・表面化学・触媒化学・表面分光学
URL https://www.toyota-ti.ac.jp/photochem/index.htm
最終学歴 東京工業大学大学院総合理工学研究科電子化学専攻博士課程修了(1999年3月)
職歴 中央大学ゲストスピーカー (2019年01月~2019年01月)
熊本大学工学部非常勤講師 (2018年12月~2018年12月)
北九州市立大学 特別講師 (2017年12月~2017年12月)
北海道大学触媒科学研究所 共同研究フェロー (2017年04月01日~2018年03月31日)
名古屋大学工学部 非常勤講師 (2017年04月~2017年09月)
明治大学大学院理工学研究科 ゲスト講師 (2016年11月~2016年11月)
神戸大学理学研究科 非常勤講師 (2015年11月~2015年11月)
科学技術振興機構 さきがけ研究員(兼任) (2011年10月01日~2017年03月)
豊田工業大学 准教授 (2010年08月~現在)
Fritz-Haber-Institut der Max-Planck-Gesellschaft (Berlin, Germany) 研究員 (2006年06月~2006年08月)
東京工業大学資源化学研究所 非常勤講師 (2005年03月~2005年03月)
北海道大学触媒化学研究センター 助教 (2003年10月~2010年08月)
神奈川科学技術アカデミー 研究員 (1999年04月~2003年09月)
日本学術振興会 特別研究員DC2 (1998年04月~1999年03月)
主な研究論文 ・Akira Yamakata*, Masaaki Yoshida, Jun Kubota, Masatoshi Osawa, Kazunari Domen, “Potential-Dependent Recombination Kinetics of Photogenerated Electrons in n- and p-Type GaN Photoelectrodes Studied by Time-Resolved IR Absorption Spectroscopy”,J. Am. Chem. Soc., Vol. 133, pp. 11351-11357(2011.06.17)
・Akira Yamakata*, Eiji Soeta, Tatsuya Ishiyama, Masatoshi Osawa, Akihiro Morita, “Real-Time Observation of the Destruction of Hydration Shells under Electrochemical Force”,J. Am. Chem. Soc., Vol. 135, pp. 15033-15039(2013.09.17)
・Akira Yamakata*, Junie Jhon M. Vequizo, Hironori Matsunaga, “Distinctive Behavior of Photogenerated Electrons and Holes in Anatase and Rutile TiO2 Powders”,J. Phys. Chem. C, Vol. 119, pp. 24538-24545(2015.10.08)
・Junie Jhon M. Vequizo, Hironori Matsunaga, Tatsuya Ishiku, Sunao Kamimura, Teruhisa Ohno, Akira Yamakata*, “Trapping-Induced Enhancement of Photocatalytic Activity on Brookite TiO2 Powders: Comparison with Anatase and Rutile TiO2 Powders”,ACS Catalysis, Vol. 7, pp. 2644-2651(2017.03.06)
・Akira Yamakata*, Junie Jhon M. Vequizo, Takafumi Ogawa*, Kosaku Kato, Shoya Tsuboi, Naohiro Furutani, Masahiro Ohtsuka, Shunsuke Muto, Akihide Kuwabara and Yoshihisa Sakata*, “Core–Shell Double Doping of Zn and Ca on β-Ga2O3 Photocatalysts for Remarkable Water Splitting”, ACS Catalysi, Vol. 11, pp. 1911–191 (2021.01.28)
学会活動 ・J. Photochemistry and Photobiolgy C Associate Editor
・日本化学会:資源・エネルギー・地球化学・核化学・放射化学 ディビジョン 副査
・触媒学会「光触媒研究会」 世話人
・日本表面真空学会 中部支部 幹事
・触媒学会「界面分子変換の機構と制御研究会」 世話人
・電気化学会 「ナノ界面・表面研究懇談会」 常任委員
・International Conference on Photochemistry and Sustainable Energy (ICPSE 2019) Advisory Board
・The 24th International Conference on Semiconductor Photocatalysis and Solar Energy Conversion (SPASEC-24) Advisory Board
・International Workshop on Crystalline Materials and Applications (IWCMA-2019) Advisory Board
・2019年光化学討論会 実行委員
・International Conference on Photochemistry and Its Applications (ICPA 2017) Advisory Board
・The 22nd International Conference on Semiconductor Photocatalysis & Solar Energy Conversion (SPASEC-22) Advisory Board
・日本表面科学会中部支部 庶務幹事
・電気化学会北海道支部 常任委員
・表面界面スペクトロスコピー2009 実行委員
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等) 研究推進・産学連携委員会
ナノテクノロジーセンター協議会
スマートエネルギー技術研究センター運営協議会
学外実習委員会 
担当授業科目 学部:常微分方程式, 工学実験 (物質工学), 表面・界面科学 
修士:特別講義:Introduction to Energy Conversion (台湾中興大学とのオンライン授業) 
教育実践上の主な業績 1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

1 演習問題、試験問題解答例のWebでの公開(2018年度~2020年度)
2018年度~2020年度前期「常微分方程式」(2年次前期、2単位)、「表面・界面科学」(4年次前期、2単位)において、宿題・中間試験の解答例をWebで公開した。異なる解答方法を併記するなど、詳しい解答を記載するよう心がけた。

2 学生実験における個人面談の実施(2018年度~2020年度)
2018年度~2020年度前期「工学実験(物質)」(3年次前期、1単位)において、レポート提出後に全員を対象に個人面談を実施し、実際に内容を理解しているかを確認した。実験は手順通りに行えば一応の答えが得られてしまうことがあるが、本人が内容を十分に理解をした上で結果を導き出すに至ったかという点に注意して面談を行った。理解が十分でない場合は、複数回の面談を実施した。

3 オンライン授業において実施した教育内容(2020年度)
・「工学実験(物質工学コース)光電気化学特性」(3年次前期、1単位、一部担当(2020年度)
実験補助ビデオを作成し理解度を深めた。

・「特別講義 Introduction to Energy Conversion」(3・4年次・修士前期、1単位、一部担当)
学生に発表する機会を与えて理解度を深めた。

・「表面・界面科学」(4年次前期、2単位)
授業ノートを電子化して提出してもらい、添削することで学生の理解度を深めた。


2 作成した教科書、教材、参考書

1 「常微分方程式」(2年次前期、2単位)用に作成した教材(2018年度~2020年度)
宿題問題(12回 ※2020年度は11回)を作成し、学生に配布した。これらの教材を用いて、学生のより深い理解を図った。また、すべての宿題問題に対して解答例を作成し公開した。問題は毎年内容を適宜変更した。

2 「工学実験(物質工学コース)化学合成と評価」(3年次前期、1単位、一部担当(2018年度~2019年度)、「工学実験(物質工学コース)光電気化学特性」(3年次前期、1単位、一部担当(2020年度)用に作成した教科書
実験で使用するテキスト(16ページを担当)を作成した。また、実験補助ビデオを14本作成した。

3 「特別講義 Introduction to Energy Conversion」(3・4年次・修士前期、1単位、一部担当)用に作成した教材(2018年度~2020年度)
授業用のプレゼンテーション資料(2回)と英語でのレポート課題を作成した。これらの教材を用いて学生のより深い理解を図った。

4 「表面・界面科学」(4年次前期、2単位)用に作成した教材(2018年度~2020年度)
授業用のプレゼンテーション資料とレポート課題を作成した。これらの教材によって学生のより深い理解を図った。

3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等

なし

4 その他教育活動上特記すべき事項

1 平成30年度 高大連携「サイエンス体験プログラム」にて講師を務めた。(2018/5/9)
高校生を対象とする実験講座を実施した。(瑞陵高校, 10名) 模擬講義及び体験実習 “光触媒を使って太陽光と水から水素をつくりエネルギー問題や環境問題を解決!”

2 平成30年度 高大連携「サイエンス体験プログラム」にて講師を務めた。(2018/5/30)
高校生を対象とする実験講座を実施した。(瑞陵高校, 10名) 模擬講義及び体験実習 “光触媒を使って太陽光と水から水素をつくりエネルギー問題や環境問題を解決!”

3 「豊田工業大学オープンキャンパス2018」にて講師を務めた。(2018/7/14)
高校生を対象とする実験講座を実施した。(12名) 模擬講義及び体験実習 “光触媒を使って太陽光と水から水素をつくりエネルギー問題や環境問題を解決!”

4 平成30年度 高大連携「サイエンス体験プログラム」にて講師を務めた。(2018/10/6)
高校生を対象とする実験講座を実施した。(岡崎北高校, 12名) 模擬講義及び体験実習 “光触媒を使って太陽光と水から水素をつくりエネルギー問題や環境問題を解決!”

5 熊本大学工学部 非常勤講師を務めた。(2018/12/5)
大学院生を対象に講義を実施した。(受講者50人程度)「時間分解分光測定による高活性光触媒反応のメカニズム解明」

6 中央大学理工学部 ゲストスピーカーを務めた。(2019/1/22)
大学院生を対象に講義を実施した。(受講者30人程度)「高性能光触媒の設計を目指した反応機構の解明」

7 『河合塾 マナビス』大学研究室探訪「豊田工業大学工学部先端工学基礎学科 量子界面物性研究室」(2019/3/31)
大学受験を控えた高校生向けに、研究室及び光触媒研究の内容紹介を行った。

8 2019年度 高大連携「サイエンス体験プログラム」にて講師を務めた。(2019/6/12)
高校生を対象とする実験講座を実施した。(瑞陵高校, 10名) 模擬講義及び体験実習 “実験講座 光触媒でエネルギー問題に挑む!”

9 2019年度 高大連携「サイエンス体験プログラム」にて講師を務めた。(2019/6/19)
高校生を対象とする実験講座を実施した。(瑞陵高校, 10名) 模擬講義及び体験実習 “実験講座 光触媒でエネルギー問題に挑む!”

10 2019年度 高大連携「サイエンス体験プログラム」にて講師を務めた。(2019/8/26)
高校生を対象とする実験講座を実施した。(向陽高校, 10名) 模擬講義及び体験実習 “実験講座 光触媒でエネルギー問題に挑む!”

11 あいちSTEM能力育成事業「知の探究講座」にて講師を務めた。(2019/8/27)
高校生を対象とする実験講座を実施した。(旭丘高校・瑞陵高校他, 10名)
「光触媒を利用した化学反応」

12 2020年度 高大連携「サイエンス体験プログラム」(オンライン開催)にて講師を務めた。(2020/12/14)
高校生を対象とする実験講座を実施した。(春日井高校コスモサイエンスコース1年生, 28名) 模擬講義 “水から水素を製造できる光触媒” 
その他 【研究論文:google scholar】
https://scholar.google.co.jp/citations?user=-qC_RwEAAAAJ&hl=ja&oi=ao

ページのトップへ戻る