TOP > 研究者プロフィール

教授 吉村雅満(Masamichi Yoshimura / ヨシムラ マサミチ)

業績

年度 講演名 講演者 講演題目 講演日
2019 一般社団法人ニューガラスフォーラム 吉村雅満  プローブ顕微鏡を用いたミクロスケール材料評価 2020年01月21日
2019 FiMPART 2019 Masanori Hara、 Prerna Joshi、 Masamichi Yoshimura  Development of novel iridium oxide catalysts supported on modified nanocarbons for oxygen evolution reaction 2019年12月17日
2019 NanoScientific Symposiumu China Masamichi Yoshimura  Alcohol Assisted Thermal Reduction of Graphene Oxide 2019年08月05日
2019 (公財)科学技術交流財団「高機能コロイド結晶材料研究会」 吉村雅満  探針増強ラマン分光法によるナノカーボンの評価 2019年07月19日
2018 第45回炭素材料学会年会 吉村雅満  ナノカーボンの構造制御・評価と応用 2018年12月06日
2018 RamanFest 2018 Masamichi Yoshimura  Structural control of carbon nanomaterials and its potential application 2018年06月25日
2017 International Conference on Nano and Functional Materials (NFM-2017) 吉村雅満  Structural Control of Carbon Nanomaterials for Green Applications 2017年11月17日
2017 PGIS research Congress 2017 原正則、 バダム ラージャシェーカル、 Kanishka De Silva、 ファン シンフェイ、 吉村雅満  Fabrication and Evaluation of Nanocarbon supported Iridium Oxide catalysts for Water Electrolysis 2017年09月09日
2016 PGIS Research Congress 2016 Masamichi Yoshimura  Effect of Atomistic Defects Introduced in HOPG on Oxygen Reduction Reaction (Invited talk) 2016年10月07日
2016 6th Global Expert Meeting on Nanomaterials and Nanotechnology Masamichi Yoshimura  Controlled growth of carbon nanotube forest and graphene by chemical vapor deposition (Keynote talk) 2016年04月21日
2015 PGIS Research Congress 吉村雅満  Tip-enhanced Raman Scattering Spectroscopy of Carbon Materials 2015年10月09日
2015 World Resource Forum Asia Pacific 吉村雅満  Nanocarbons for Future Life and Green Technology 2015年06月01日
2010 平成22年度 名古屋工業大学 大型設備基盤センター 講演会・見学会 吉村雅満  プローブ顕微鏡によるナノ構造評価 2011年02月02日
2010 Inside Raman, Tokyo Seminar 2010 吉村雅満  カーボンナノ材料のラマン分光 2010年11月19日
2010 日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会第58回研究会 吉村雅満  プローブ顕微鏡用カーボンナノチューブ探針 2010年04月13日

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 表面科学
研究分野 表面物理、ナノカーボン
URL http://www.toyota-ti.ac.jp/index.html
最終学歴 東京大学大学院工学系研究科博士課程物理工学専攻(1989年3月中退)
職歴 名古屋大学 非常勤講師 (2012年~2012年)
愛知大学 非常勤講師 (2011年~現在)
南山大学 非常勤講師 (2010年~現在)
豊田工業大学 教授 (2009年11月~現在)
米国ローレンスバークレー国立研究所 訪問研究員 (2000年08月~2001年02月)
豊田工業大学 助(准)教授 (1995年04月~2009年10月)
広島大学工学部 助教授 (1992年04月~1995年03月)
東京大学工学部 助手 (1989年04月~1992年03月)
主な研究論文 ・Masamichi Yoshimura, Katsuya Takaoka, Takafumi Yao, Tomoshige Sato, Takashi Sueyoshi, and Masashi Iwatsuki, “Low-coverage, low-temperature phase of Al overlayers on the Si(111) α-7 × 7 structure observed by scanning tunneling microscopy”,Phys. Rev. B Vol. 47, pp. 13930(1993)
・T. An, M. Yoshimura, I. Ono and K. Ueda, “Elemental structure in Si(110)16x2 revealed by scanning tunneling microscopy”,Phys. Rev. B Vol. 61, pp. 3006-3011(2000)
・D. Dung, S. Suzuki, S. Kato, B. To, C. Hsu, H. Murata, E. Rokuta, N. Tai, M. Yoshimura, “Macroscopic, Freestanding, and Tubular Graphene Architectures Fabricated via Thermal Annealing”,ACS Nano Vol. 9, No. 3, pp. 3206-3214(2015)
・S. Suzuki, and M. Yoshimura, “Chemical Stability of Graphene Coated Silver Substrates for Surface-Enhanced Raman Scattering”,Scientific Reports Vol. 7, pp. 14851 (2017)
・K. K. H. De Silva, H. H. Huang, R. K. Joshi, M. Yoshimura, “Chemical reduction of graphene oxide using green reductants”,Carbon Vol. 119, pp. 190-199(2017)
学会活動 ・応用物理学会編集委員(2003年~2004年)
・応用物理学会代議員(2004年~2005年)
・日本表面科学会評議員(2005年~2006年)
・応用物理学会薄膜・表面物理分科会幹事(2002年~)、同副幹事長(2016年〜2017年)、同幹事長(2018年〜2020年)
・応用物理学会東海支部幹事(2001年~)
・日本表面科学会編集委員(1993年~1999年), 同副委員長(2010~2011年),同委員長(2012年~2014年)
・日本表面科学会中部支部役員(1996年~), 同副支部長(2009年~), 同支部長(2011年~2014年)
・日本表面真空学会理事(2019年~)
・2016真空・表面科学合同講演会 第36回表面科学学術講演会・第57回真空に関する連合講演会 プログラム委員長
・学振(ナノプローブテクノロジー)第167委員会委員(1998年~)、委員長(2018年〜)
・JJAP編集委員(1998年~2000年)
・日本表面科学会フェロー
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等) 国際化推進委員会 委員長(2011~2016)
教務委員会 副委員長(2011~2016)、同委員長(2017年〜)
大学評価委員会 委員長(2015〜2016) 
担当授業科目 学部:物性工学1、工学基礎実験1、工学基礎実験2、物質工学実験2 
修士:ナノ構造材料 
教育実践上の主な業績 「いかにして実験をおこなうか」、重川、山下、吉村、風間訳、丸善(2006)
「ナノ構造の科学とナノテクノロジー」、吉村、目良、重川、重川訳、共立(2011) 
その他

ページのトップへ戻る