個別研究テーマ編集

固体力学
教授 下田昌利

掲載年度

2021

個別研究テーマ
(日本語)

地震荷重,衝撃荷重に対するエネルギー吸収デバイスの構造設計に関する研究(Research on Structural Design of Energy Absorption Device for Seismic and Impact Loads)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 下田昌利
研究概要

構造体の塑性変形を積極的に利用し,地震荷重(繰り返し弾塑性)や衝撃荷重に対し,効率的にエネルギー吸収を行う構造形状を求めるための理論とシステムの構築を行い,デバイス開発へ応用することを目的とし,計算と実験の両アプローチにより研究を進めている.
<発表>
・Y. Liu and M. Shimoda, Shape Optimization of Shear Panel Damper for Improving the Deformation Ability under Cyclic Loading, Structural and Multidisciplinary Optimization, Vol. 48, (2013), pp. 427-435.
・Y. Liu, T. Aoki and M. Shimoda, Strain Distribution Measurement of a Shear Panel Damper Developed for Bridge Structure, Journal of Structures, Vol. 2013 (2013), ID 615275/2013/615275, pp. 1-11.
・S. Kozono, M. Shimoda and Y. Liu, Shape Optimization of Shear Panel Damper under Cyclic Elasto-plastic Behavior, 11th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI), 5th European Conference on Computational Mechanics (ECCM V), 6th European Conference on Computational Fluid Dynamics (ECFD VI), (2014-7, Barcelona).

close

ページのトップへ戻る