個別研究テーマ編集

固体力学
教授 下田昌利

掲載年度

2021

個別研究テーマ
(日本語)

人体・感性系を考慮した構造最適設計に関する研究(Research on Structural Optimization Problems Involving Kansei and Human Body)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 下田昌利
研究概要

消費者社会においては,製品開発において機能やコストに加え,デザイン性の考慮が益々重要になってきている.デザインが機能を上回る付加価値となっている場合も少なくない.本研究ではこれまでの構造最適化の評価関数に感性を加え,デザインと構造特性の両者を考慮した最適化手法の検討を行っている.人体への負荷や触覚を評価関数としたマン-マシン系での構造設計に関する研究を進めている。
<発表>
・下田昌利, 近藤晃, 劉陽,感性と構造特性を評価関数とする自転車フレームの最適設計,日本機械学会論文集C編,Vol.79, No.807 (2013), pp. 4014-4027.

close

ページのトップへ戻る