個別研究テーマ編集

高野健一特任教授
特任教授 高野健一

掲載年度

2020

個別研究テーマ
(日本語)

1次元磁性体における量子スピン液体(Quantum spin liquid in one-dimensional magnets)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 高野健一
研究概要

ダイヤモンド鎖とよばれる1次元格子上に電子スピンが配列した磁性体がある.この磁性体は,1次元であることに加え,スピン間に幾何学的なフラストレーションがあるため,量子ゆらぎが非常に大きいという特徴があって,興味深い研究対象である.この量子ゆらぎの効果は,スピンの秩序を妨げ,さまざまなスピン液体を形成する可能性を持つ.どのような,スピン液体相が生ずるかは,この磁性体を構成するスピンの大きさにも依存している.当研究室では,理論的な立場から,スピンの大きさごとにどのような新奇な量子状態何が生ずるかを解明する研究を行っている.

close

ページのトップへ戻る