個別研究テーマ編集

高野健一特任教授
特任教授 高野健一

掲載年度

2020

個別研究テーマ
(日本語)

強相関電子系におけるスピンとホールの束縛状態(Bound state of a hole and spins in strongly correlated electron systems )

個別研究テーマ
(英語)

研究者 高野健一
佐野和博(三重大学)
研究概要

物質中で電子間に強い斥力が働く場合には,ちょうど半分まで電子バンドが詰まったときに絶縁状態となる(Mott絶縁体).ここから,わずかに電子数を減らしたとき,減った分の電子の欠乏(ホール)がどのように振る舞うかが,この物質の電気伝導を決定する.このホールは,電子バンドが完全に詰まったときのバンド絶縁体中のホールとは全く異なる多体問題の概念である.このホールの性質を,数値計算を用いて理論的に調べてきた.典型的な理論模型として,1次元及び2次元のt1-t2-J1-J2模型を採用して詳細に検討してきた.今までの研究で,ホールとスピンの束縛状態として,スピンの大きさが2以上のものが生ずること,スピンの大きさが1のときと同様に一体となって複合粒子として運動すること,2つあると互いに斥力的であることなどがわかっている.

close

ページのトップへ戻る