個別研究テーマ編集

高分子ナノ複合材料
准教授 岡本正巳

掲載年度

2020

個別研究テーマ
(日本語)

人工足場上で培養された乳がん細胞の形態、増殖性、運動性、薬剤耐性及び上皮—間葉転換に関する研究(Comprehensive study on cellular morphologies, proliferation, motility, and epithelial–mesenchymal transition of breast cancer cells incubated on electrospun polymeric fiber substrates)[大学間連携等による共同研究]

個別研究テーマ
(英語)

研究者 岡本正巳
Lih-Sheng Turng(*)
研究概要

エレクトロスピニング法にて繊維径を均一に制御,さらに配向性,細孔径も制御した3次元繊維性多孔質構造を有する高分子細胞培養基材を用いて,基材上に播種した乳がん細胞の形状,付着,移動,配向性および細胞骨格構築について詳細に調査している.有糸分裂およびアポトーシスを制御する細胞内シグナル伝達系と細胞周期を解析し,さらに転写因子に関係する遺伝子発現解析を行っている.基材の微小形状,低酸素濃度効果と上皮—間葉転換(EMT)との関連性を見出しつつある.基材-誘導型EMTの成立を初めて決定づけられる新規な研究を目指している.

close

ページのトップへ戻る