個別研究テーマ編集

表面科学
教授 吉村雅満

掲載年度

2021

個別研究テーマ
(日本語)

カーボン材料のナノ加工に関する研究 (Nanofabrication of nano carbon materials)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 吉村雅満
研究概要

グラフェンは炭素の一原子層であり,電気的,熱的,機械的に優れた性質をもつ。但し、単層グラフェンはゼロギャップ半導体であるため、ギャップを持たせるにはナノリボン化などの加工が必要となる。グラフェン、グラファイトを試料として、金属粒子の触媒作用を用いた方法、あるいは、オゾン、酸素プラズマ、コロナ放電、スチーム処理などを用いる方法により、表面にナノメートルサイズの欠陥を形成できることを見出した。活性の高い触媒作用や、結晶成長の核形成サイトとして利用可能であり、エネルギー材料としての応用が期待できる。

close

ページのトップへ戻る