個別研究テーマ編集

設計工学
准教授 小林正和

掲載年度

2020

個別研究テーマ
(日本語)

製品のライフサイクルを考慮した概念設計法/概念設計最適化(Method for optimizing product concepts considering product life cycle)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 小林正和
研究概要

近年の環境意識の高まりにより,企業は製品設計において,製品の製造から廃棄までの一連のライフサイクルにおける環境負荷を評価し,これを軽減することが求められている.これに対して,製品のライフサイクル評価を行うためのソフトウェアが広く用いられ,また,多くの研究が行われているが,概念設計段階を対象とした研究はいまだ十分ではない.
そこで本研究では,概念設計において製品のライフサイクルを十分に考慮できるように,従来提案してきた概念設計最適化手法にライフサイクル評価を組み込んだライフサイクル最適化手法の検討を行う.提案手法を用いることで,性能やコストといった製品特性と製品のライフサイクルを通した環境負荷を高い水準で両立する最適な製品概念を創成できるようになる.
また,近年の製品は,開発期間の短縮,生産性の向上,コスト削減などを目的としてモジュール化設計が取り入れられているが,適切なモジュール化を行うことで製品の分解性が向上し,リユース・リサイクル性の向上,メンテナンスの容易化などが期待できる.そこで,製品の環境特性が最良になるようにモジュール構成とモジュール毎のライフサイクルシナリオを同時に決定することのできるモジュール構成最適化手法の検討を行う.

close

ページのトップへ戻る