個別研究テーマ編集

エネルギー材料
PD研究員 キム カリョン

掲載年度

2021

個別研究テーマ
(日本語)

Ag2Sで観測される複合材料熱電効果の動作温度の低減  〜AgのCuによる部分置換効果〜

個別研究テーマ
(英語)

Lowering the phase transition temperature of the Cu-doped Ag2S to develop practical thermoelectric materials usable for energy harvesting using mixed-phase effect

研究者 キム カリョン
研究概要

Ag2SのAgをCuで部分置換することで,高い熱電性能を示す温度領域の低温化に成功した.高い熱電性能は,高温相と低温相の共存により生み出されており,相変態温度をCu置換により40K程度低減させ,100℃付近で動作するようになった.

close

ページのトップへ戻る