個別研究テーマ編集

情報通信
准教授 松井一

掲載年度

2020

個別研究テーマ
(日本語)

様々な誤り訂正符号の構成と探索

個別研究テーマ
(英語)

Searching and Constructing of Various Error-Correcting Codes

研究者 松井一
ラミー タキ エルディン
研究概要

誤り訂正符号とは,デジタル通信中に起こる誤りを自動で訂正するものであり,信頼性の高い訂正能力を持つビット列の構成や探索が広く研究されている.本研究室では準巡回符号と呼ばれる誤り訂正符号に注目している.準巡回符号は現在最も高性能な誤り訂正符号とされるLDPC(low-density parity-check)符号を構成できる有用なクラスである.本研究室における準巡回符号に対するアプローチは大きく分けて2つからなる.1つ目は準巡回符号を素因子分解することによる中国剰余定理の応用である.この方法によって,数十から数百ビットの符号長の準巡回符号を効率よく構成することができ,また誤り訂正能力の高い準巡回符号を高速に探索することができる.2つ目は可逆符号と呼ばれる誤り訂正符号の準巡回符号の性質を用いた構成と探索である.可逆符号は順序を反転させた符号語もまた符号語であるという特徴を持ち,DNAを用いた記憶媒体に応用がある.本研究によって準巡回符号の特性を利用して可逆符号かどうかを素早く判定することが可能となり,計算機探索によって誤り訂正能力の高い可逆符号を多数発見している.

close

ページのトップへ戻る