個別研究テーマ編集

電子デバイス
教授 岩田直高

掲載年度

2021

個別研究テーマ
(日本語)

新機能化合物半導体センサーの研究(Research on novel compound semiconductor sensors)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 岩田直高
研究概要

 安価で現状の性能を凌駕するセンサーや、新しい機能を有するセンサーが求められている。そこで、ナノ粒子と化合物半導体ヘテロ構造を組み合せたデバイスの研究を進めている。
 具体的には、AlGaAs/InGaAs高電子移動度トランジスタ(HEMT)の表面に、InPナノ粒子を配した新機能光センサーを開発している。1nm厚のZnSで包まれた3nmΦのInPナノ粒子をHEMT上にスピンコーティングする技術を開発し、所期の目的である素子構造を実現するとともに、ナノ粒子の光吸収によるHEMTのドレイン電流の増大を観察した。

close

ページのトップへ戻る