TOP > 研究室情報

研究室情報

物質工学分野

研究室概略 ナノ機能材料の合成、評価、応用に関する研究
研究室紹介 原子レベルで物質表面を構築・評価し、新機能ナノ材料を開発
 物質表面をナノオーダーで制御・評価し、ナノカーボンなどの新規物質を利用した新しいエネルギー材料や環境材料の提案とその創製を目指す。
具体的には電子・光学デバイス開発、燃料電池や太陽電池の電極材料の高性能化、水フィルターなどの環境デバイス開発を進めている。
主な研究テーマ ・カーボンナノ材料の合成と応用
・探針増強ラマン散乱分光法による材料評価
・次世代電池用高性能電極材料の開発
研究室HP http://www.toyota-ti.ac.jp/surface/index.html
個別研究テーマ
テーマ 研究者
プローブ顕微鏡を用いたナノ材料の評価(Charaterization of Nanomaterials by scanning probe microscopy) 吉村雅満
カーボン材料のナノ加工に関する研究 (Nanofabrication of nano carbon materials) 吉村雅満
Development of Fabrication Process of Plasmonic Probe for Tip-Enhanced Raman Spectroscopy and Tip-Enhanced Photoluminescence パンジャラプケサバ ラオ
PVDFを用いたトンネル接合の作製とメモリスター特性の評価(Fabrication of PVDF tunnel junctions using and evaluation of memristor properties) ヴィスワナス パマルティ
二酸化炭素還元反応用Ag微粒子触媒の開発(Development of Ag nanoparticles-modified electrodes for CO2 reduction reaction) 原正則
水電解用触媒の開発(Development of Electrocatalyst for Water Electrolyzer) 原正則
エネルギーおよびセンシングへの応用を目指した新規カーボンナノ材料の合成(Synthesis of Novel Carbon Nanomaterials for Energy and sensing applications) チェラムトゥ ジェガナサン

ページのトップへ戻る