TOP > 研究室情報

研究室情報

機械システム分野

研究室名 流体工学   
研究室スタッフ 半田太郎(教授) 渡邉保真(准教授) 
研究室概略 光計測技術を用いた高速流れ現象の解明と高速流れ制御法の研究
研究室紹介 光計測技術を用いた流れの現象解明と流体制御用アクチュエータの開発
 流速が音速を超える“超音速流れ”は高速で飛行する航空機・ロケットの機体周りやエンジン内部だけでなく,MEMSデバイス,ターボ機械,溶射など様々な工学機器で現れる.本研究室では流速が音速を超えるまたは音速に近い高速流れ(圧縮性流れ)の現象をレーザーや分子センサーを用いた光計測技術により解明する研究を行っている.また,高速流れ制御法に関する研究や高速流れや高レイノルズ数流れを能動的に制御するための手法の開発も行っている.
主な研究テーマ ・高速マイクロ流れに特有な現象の解明と流れの工学的応用
・分子センサーを用いた高速非定常流れ計測法の開発
・高周波運動量付加による流体能動制御法の研究
・高周波振動するマイクロ噴流アクチュエータの開発
研究室HP https://www.toyota-ti.ac.jp/research/laboratory/post-2.html
個別研究テーマ
テーマ 研究者
感圧塗料による高速非定常流れ計測手法に関する研究(Application of pressure sensitive paint to high-speed unsteady flows) 半田太郎
フェムト秒レーザーを利用した大型超音速風洞計測技術の開発(Development of measurement technique applicable to large supersonic wind tunnel using femtosecond laser) 半田太郎
超音速マイクロエジェクタを用いた気流制御(Control of gaseous flow using supersonic micro ejectors) 半田太郎
高周波シンセティックジェットアクチュエータの開発(Development of high-frequency synthetic jet actuator) 半田太郎
高周波運動量付加による高速流れ制御手法の提案と運動量付加装置の基礎的特性の解明(Study on the control of high-speed flows by adding high-frequency momentum) 半田太郎
次世代型超音速航空機エンジン開発を見据えた軸対称衝撃波反射に関する研究(Study on axisymmetric shock wave reflection for supersonic intake of next generation aircraft) 半田太郎

ページのトップへ戻る