TOP > 研究者プロフィール

PD研究員 ヴィスワナス パマルティ(VISWANATH, Pamarti / ヴィスワナス パマルティ)

業績

プロフィール

学位 PhD  
生年月日 年齢
所属研究室 表面科学
研究分野
URL
最終学歴 PhD
職歴
主な研究論文 ・Viswanath P., De Silva K.K.H. and Yoshimura M., “Piezoresponse in self oriented ultrathin Poly (vinylidene fluoride) supported on graphene oxide”, Japanese Journal of Applied Physics, 59, SN1006 (2020)
・Viswanath P., De Silva K.K.H., Huang H. H. and Yoshimura M., “Large Piezoresponse in Ultrathin Organic Ferroelectric Nano Lamellae through Self-Assembly Processing”, Applied Surface Science, 532, 147188 (2020)
・Viswanath, P.,  De Silva K.K.H., Morikuni, Y. and Yoshimura, M., “Robust Polarization Stability in a Self‐Assembled Ultrathin Organic Ferroelectric Nano Lamellae”, Advanced Electronic Materials, 2001085 (2021)
学会活動
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部: 
修士: 
教育実践上の主な業績 Award of JSPS DC-2 Fellowship during the PhD course. 
その他

ページのトップへ戻る