TOP > 研究者プロフィール

教授 半田太郎(Taro Handa / ハンダ タロウ)

業績

該当するデータは登録されていません。

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 流体工学
研究分野 流体工学,圧縮性流体力学,流体計測
URL https://researchmap.jp/read0067458/
最終学歴 九州大学大学院工学研究科動力機械工学専攻(1996)
職歴 豊田工業大学 教授 (2016年04月01日~現在)
九州大学大学院総合理工学研究院 准教授(助教授) (2003年10月01日~2016年03月31日)
イリノイ大学 客員研究員 (2002年08月~2003年05月)
九州大学大学院総合理工学研究科(院) 助手 (1996年04月01日~2003年09月30日)
主な研究論文 ・Taro Handa, Mitsuharu Masada, Kazuyasu Matsuo,“Mechanism of shock wave oscillation in transonic diffusers”,AIAA Journal Vol. 41, No. 1, pp. 64-70 (2003)
・Taro Handa, Mitsuharu Masada, Kazuyasu Matsuo,“Three-dimensional normal shock-wave/boundary-layer interaction in a rectangular duct”,AIAA Journal Vol. 43, No. 10, pp. 2182-2187(2005)
・Taro Handa, Mitsuharu Masuda, Masashi Kashitani, Yutaka Yamaguchi, “Measurement of Number Densities in Supersonic Flows Using a Method Based on Laser-Induced Acetone Fluorescence”,Experiments in Fluids
Vol. 50, No. 6, pp. 1685-1694(2011)
・Taro Handa, Aoi Nakano, Kazuya Tanigawa, Jun Fujita, “Supersonic mixing enhanced by cavity-induced three-dimensional oscillatory flow”,Experiments in Fluids, Vol. 55, 1711(2014)
・Taro Handa, Ikuhiro Fujimura, “Fluidic oscillator actuated by a cavity at high frequencies”,Sensors and Actuators A: Physical Vol. 300, 111676(2019)
学会活動 2021年度~ 日本機械学会東海支部幹事
2020年度 2020年度衝撃波シンポジウム実行委員
2019年度~2021年度 可視化情報学会代議員
2017年度~2018年度 日本航空宇宙学会 空力部門委員
2016年度~2019年度 日本機械学会流体工学部門広報委員
2016年度 日本機械学会流体工学部門講演会 「蛍光燐光を用いた熱流体可視化技術とその応用」オーガナイザー
2016年度 日本機械学会分科会 P-SCC13「マイクロ熱流動に関する調査研究分科会」委員

 
社会活動(研究に関する学会活動以外) 2018年度,2019年度 日本機械学会東海支部 小・中学生のためのものづくり体験教室「風車が回るしくみ」(トヨタ産業技術記念館)

2018年 「圧縮性マイクロ流れの光学的計測手法と諸現象」(名古屋大学大学院工学研究科マイクロ・ナノ機械理工学専攻の特別講義)

2018年度~ あいちSTEM能力育成事業「知の探究講座」委員

2018年度~ 豊田西高校SSH運営指導委員会・SSH評価委員会委員

2017年 第27回可視化フロンティア「PSP/TSP講習会 〜蛍光燐光による定量可視化」〜可視化情報学会CPDプログラム(技術士/JABEE継続教育)〜(LMJ東京研修センター)

2016年 文部科学省航空人材育成プログラム「実機飛行機を通した航空実践教育の展開」非常勤講師(愛知工業大学) 
学内運営(委員会活動等) 理系教育連携委員会委員長 2018年4月~
教務委員 2017年4月~
研究推進・産学連携委員会委員 2016年4月~
ものづくりの科学教育センター協議会委員 2016年4月~2018年3月 
担当授業科目 学部:流体基礎,流体解析,流体応用,工学基礎実験I 
修士:流体力学特論 
教育実践上の主な業績 学内授業担当
1. 流体基礎(2016年 − 現在)
2. 流体解析(2016年 − 現在)
3. 流体応用(2016年 − 現在)
4. 流体特論(2016年 − 現在)
5. 工学基礎実験Ⅰ(加速度)(2017年 − 現在)

教育に関する受賞
1. 豊田工業大学2017年度後期教育優秀賞(30人未満) 「流体力学特論」
2. 豊田工業大学2019年度後期教育優秀賞(30人以上) 「流体解析」
3. 豊田工業大学2020年度後期教育優秀賞(30人未満) 「流体力学特論a」

研究室指導学生受賞
1. 平成30年度衝撃波シンポジウムBest Presentation Award
(桑田哲平「衝撃波により生じる感圧塗料の応答遅れ補正法に関する研究」)
2. 第53回流体力学講演会/第39回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム
(山口和伽子「FLEET光の減衰特性を利用した速度・密度同時計測実現可能性の検証」)

教育に関するその他の活動
1. オープンキャンパス体験授業,07. 15. 2017.
2. サイエンス体験プログラム授業(天白高校),07. 21. 2017.
3. インターンシップ受け入れ(Brno University of Technology 修士学生),09. 03 − 12. 22. 2017.
4. 小学生向け体験授業(南山小学校),11. 04. 2017.
5. オープンキャンパス体験授業,07. 14 − 07. 15. 2018.
6. サイエンス体験プログラム授業(大垣東高校),07. 30. 2018.
7. 日本機械学会東海支部 小・中学生のためのものづくり体験教室「風車が回るしくみ」(トヨタ産業技術記念館),08. 03. 2018.
8. 豊田工業大学サマーセミナー学生受け入れ(中興大学 修士学生),08. 27 − 08. 29. 2018.
9. 小学生向け体験授業(南山小学校),06. 22. 2019. 
その他

ページのトップへ戻る