TOP > 研究者プロフィール

教授 下田昌利(Masatoshi Shimoda / シモダ マサトシ)

業績

年度 学会名 発表者 発表題目 発表日
2021 日本機械学会 第34回計算力学講演会 内匠祐太朗、 下田昌利、 アルアリ ムサディク  マルチスケール最適化のための均質化法の骨組ミクロ構造への応用 2021年09月
2021 日本機械学会 第34回計算力学講演会 藤岡みなみ、 下田昌利、 アルアリ ムサディク  所望変形を実現するマルチスケール構造の同時形状最適化 2021年09月
2021 日本機械学会 第34回計算力学講演会 横井勇仁、 下田昌利  GCNを利用した3Dメッシュ主観評価 2021年09月
2021 日本機械学会 2021年度年次大会 下田昌利、 朝日悠河  指内の機械受容器応力を評価関数とする表面テクスチャ設計手法 2021年09月
2021 日本機械学会 第31回設計工学・システム部門講演会 朝山洋樹(*)、 西尾佳倫(*)、 劉陽(*)、 下田昌利  レベルセット法とH1 勾配法に基づく圧力荷重を受ける構造の形状・トポロジー同時最適化手法 2021年09月
2021 日本機械学会 第31回設計工学・システム部門講演会 藤田隼平、 下田昌利  多孔質構造体の固有振動問題に対するミクロ構造の形状最適化 2021年09月
2021 日本機械学会 第31回設計工学・システム部門講演会 藤岡みなみ、 下田昌利  マクロ構造の剛性最大化を目的とするマクロ構造とミクロ構造の同時形状最適化 2021年09月
2021 日本機械学会 第31回設計工学・システム部門講演会 史金星(*)、 下田昌利、 酒井忍(*)  振動制御のためのバイメタル複合構造体における形状最適設計 2021年09月
2021 日本機械学会M&M2021材料力学カンファレンス 月原僚佑、 下田昌利、 志摩和彦(*)、 大橋功(*)、 加藤大貴(*)  最適材料配向を持つCFRP板の構造特性の試験評価 2021年09月
2021 14th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization Jin-Xing Shi(*)、 Masatoshi Shimoda、 Shinobu Sakai(*)  Free-form optimization of vibration lures under real loading conditions for maximizing their fundamental frequencies 2021年06月
2021 14th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization Minami Fujioka、 Masatoshi Shimoda  Concurrent shape optimization for multiscale structure using H1 gradient method 2021年06月
2021 14th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization Ryosuke Tsukihara、 Masatoshi Shimoda  Material Orientation Optimization of Laminated Shell Structure for Frequency Response Problem 2021年06月
2021 14th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization AL ALI, Musaddiq 、 Masatoshi Shimoda  Concurrent topology optimization for cellular high conductive heat sink with high stiffness 2021年06月
2021 ICCS24 24th International Conference on Composite Structures Motoki Umemura、 Masatoshi Shimoda、 Katsuharu Yoshikawa(*)  Deployment optimization method for designing pre-form of DFRP shell structures with free material-orientation 2021年06月
2020 日本機械学会 第30回設計工学・システム部門講演会 史金星(*)、 下田昌利、 酒井忍(*)  フリーフォルム最適化手法を用いてバイブレーションルアー設計における基本的検討 2020年11月
2020 日本機械学会 第30回設計工学・システム部門講演会 梅村元稀、 下田昌利、 藤江文明(*)、 吉川勝治(*)、 牧田義博(*)  CFRPシェルの力学的に適切な平面展開手法の開発 2020年11月
2020 日本機械学会 第30回設計工学・システム部門講演会 藤岡みなみ、 下田昌利  マクロ構造のコンプライアンス最小化を目的とする内部周期ミクロ構造の形状最適化 2020年11月
2020 日本機械学会 第30回設計工学・システム部門講演会 谷祥輝、 下田昌利、 宮下直章(*)  幾何形状・断面寸法・トポロジー最適化を用いるH1勾配法に基づく骨組構造体設計法 2020年11月
2020 日本機械学会2020年度年次大会 下田昌利、 藤岡みなみ、 加藤匠  逆均質化法を用いた3次元ミクロ構造の形状同定 2020年09月
2020 日本機械学会2020年度年次大会 月原僚佑、 下田昌利  CFRPシェル構造体の振動固有値設計問題に対する材料配向最適化手法 2020年09月
2020 Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2020 (ACSMO2020) Jin-Xing Shi(*)、 Masatoshi Shimoda、 Shinobu Sakai(*)  Maximization of Fundamental Frequency of Initially Stressed Dissimilar Materials Using a Free-form Optimization Method 2020年05月
2020 Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2020 (ACSMO2020) Masatoshi Shimoda、 Kotaro Onishi、 Shuichi Tanaka  Position Optimization of Spot-Welding Points of Sheet Metal Structure with H1 Gradient Method 2020年05月
2019 Asia Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM 2019) Wissam BOUAJILA、 Masatoshi Shimoda、 Daisuke Furusawa  Multi-Objective Shape Optimization for 3D Stiffness Maximization and Temperature Control Problems 2019年12月
2019 Asia Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM 2019) Shoki Tani、 Masatoshi Shimoda  Shape and Topology Optimization of Micro-frame Structures 2019年12月
2019 Asia Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM 2019) Yuki Mizukoshi、 Masatoshi Shimoda  Shape Optimization Method for Shell Structure with Ridges 2019年12月
2019 Asia Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM 2019) Masatoshi Shimoda、 Shota Suzaki  A Unified Approach with H1 Gradient Method for Shape and Topology Optimization of Shell Structures 2019年12月
2019 IASS Annual Symposium 2019 – Structural Membranes 2019 Form and Force Masatoshi Shimoda、 Shota Suzaki、 Hirotaka Nakayama  Optimum Shape and Topology Design of Shell Structures by H1 Gradient Method 2019年10月
2019 日本機械学会第32回計算力学講演会 原田直人(崇城大学)、 劉陽(崇城大学)、 下田昌利  圧力荷重を受ける構造体の形状・トポロジー同時最適化手法 2019年09月
2019 日本機械学会第32回計算力学講演会 北河正洋、 下田昌利  3次元剛塑性体の塑性仕事最小化を目的とするノンパラメトリック形状最適設計 2019年09月
2019 日本機械学会第32回計算力学講演会 下田昌利、 若狭守、 劉陽(崇城大学)  骨組構造体の過渡応答設計問題に対する分布系形状最適化手法 2019年09月
2019 日本機械学会第29回設計工学・システム部門講演会 谷祥輝、 下田昌利  H1勾配法に基づく形状・トポロジー最適化を利用したマイクロフレーム構造設計法 2019年09月
2019 日本機械学会第29回設計工学・システム部門講演会 水越祐希、 下田昌利  稜線の生成を含むシェル構造体の形状最適設計 2019年09月
2019 日本機械学会第29回設計工学・システム部門講演会 西尾佳倫(崇城大学)、 劉陽(崇城大学)、 小野長門(崇城大学)、 下田昌利  繰り返し荷重を受けるせん断型パネルダンパーの最適設計 2019年09月
2019 日本機械学会第29回設計工学・システム部門講演会 劉陽(崇城大学)、 下田昌利、 石川興作  規定された断面特性を実現する薄板断面の形状設計法に関する研究 2019年09月
2019 日本機械学会第29回設計工学・システム部門講演会 史金星(小松大学)、 下田昌利、 酒井忍(小松大学)  CFRP複合構造の固有振動問題に対する形状最適設計手法の開発 2019年09月
2019 日本機械学会2019 年度年次大会 谷祥輝、 下田昌利  セル構造体の形状・トポロジー最適化 2019年09月
2019 日本機械学会2019 年度年次大会 加藤匠、 下田昌利  異種材料を用いた三次元構造体のマルチスケール最適化 2019年09月
2019 KSME-JSME Joint Symposium on Computational Mechanics & CAE 2019 下田昌利、 Yoshiaki Muramatsu  Free material-orientation design for high stiffness composite shell structure using a parameter-free optimization method 2019年09月
2018 日本機械学会九州支部第72 期総会講演会 原田直人、 劉陽、 下田昌利  圧力荷重を受ける構造の統合型形状・トポロジー最適化 2019年03月
2018 日本機械学会第28回設計工学・システム部門講演会 下田昌利  摩擦係数のコントロールを目的とした表面テクスチャリング設計手法の開発 2018年11月
2018 日本機械学会第28回設計工学・システム部門講演会講演論文集 加藤匠、 下田昌利  逆均質化法を用いた構造体のマルチスケール最適化 2018年11月
2018 日本機械学会第28回設計工学・システム部門講演会講演論文集 下田昌利、 佐野純  固有振動問題に対するシェル構造体の形状・トポロジーの最適化手法 2018年11月
2018 日本機械学会第31回計算力学講演会 村松吉晃、 下田昌利  強度最大化問題における積層シェル構造体の自由配向のための最適化手法 2018年11月
2018 日本機械学会第31回計算力学講演会 下田昌利、 中山展空  マルチマテリアル多層シェルの形状・トポロジー同時最適化 2018年11月
2018 日本機械学会第31回計算力学講演会 史金星、 吉積果奈、 下田昌利  座屈荷重最大化問題に対する異種材料複合構造体の形状最適設計 2018年11月
2018 日本機械学会第13回最適化シンポジウム 下田昌利、 吉積果奈  初期応力下の構造体の固有振動数コントロールを目的とする形状最適化手法 2018年10月
2018 日本機械学会2018年度年次大会 村松吉晃、 下田昌利  熱変形規定問題における積層シェル構造体の自由配向のための最適化手法 2018年10月
2018 日本機械学会2018年度年次大会 下田昌利、 古澤大輔  3次元弾性体の剛性問題と非定常熱伝導問題に対する多領域形状最適設計 2018年10月
2018 日本機械学会2018年度年次大会 下田昌利、 青木良  複合構造体の固有振動数コントロールのための界面形状最適化 2018年10月
2018 The 9th International Conference on Computational Methods (ICCM2018) Masatoshi Shimoda、 Hirotaka Nakayama  Shape and Topology Optimization Method for Designing a Shell Structure with Multi-materials 2018年08月
2018 The 13th World Congress on Computational Mechanics / 2nd Pan American Congress on Computational Mechanics (WCCM2018) Yoshiaki Muramatsu、 Masatoshi Shimoda  A Novel Non-Parametric Optimization Method for Free-Orientation of a Laminated Composite Shell Structure for Tailoring Thermal Deformation 2018年07月
2018 The 13th World Congress on Computational Mechanics / 2nd Pan American Congress on Computational Mechanics (WCCM2018) Mamoru Wakasa、 Masatoshi Shimoda  Free-form Optimization Method for Controlling Transient Response of a Linear Elastic Structure under Dynamic Loadings 2018年07月
2018 6th European Conference on Computational Mechanics (ECCM 6) Masatoshi Shimoda、 Kana Yoshizumi  Shape optimization method for eigen frequency problem of 3D structure with initial stress 2018年06月
2018 The Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (ACSMO2018) Jin-Xing Shi、 Masatoshi Shimoda  Shape design optimization of graphene sheets by introducing topological defects 2018年05月
2017 日本機械学会 第30回計算力学講演会 シ キンセイ、 下田昌利  振動問題に対するグラフェンシートの形状・構造最適設計 2017年09月16日
2017 日本機械学会 第27回設計工学・システム部門講演会 西尾佳倫(*)、 劉陽(*)、 下田昌利  穴付きせん断パネルダンパーの形状最適設計 2017年09月
2017 日本機械学会 第27回設計工学・システム部門講演会 中山展空、 下田昌利  多目的コンプライアンス最小化を目的とした積層シェル構造の形状・トポロジーの同時最適化 2017年09月
2017 日本機械学会 第27回設計工学・システム部門講演会 若狭守、 下田昌利  過渡応答特性のコントロールを目的とするシェル構造体の板厚最適化手法 2017年09月
2017 日本機械学会 2017年度年次大会 村松吉晃、 下田昌利  直交異方性材料から成る積層シェル構造体の自由配向のための最適化手法 2017年09月
2017 日本機械学会 2017年度年次大会 下田昌利、 田中崇一  応力低減を目的とするアーク・スポット溶接位置の最適化法 2017年09月
2017 日本機械学会 第30回計算力学講演会 吉積果奈、 下田昌利  初期応力を考慮した固有振動問題に対する形状最適設計法 2017年09月
2017 25th Annual International Conference on Composites or Nano Engineering (ICCE-25) Masatoshi Shimoda、 Yoshiaki Muramatsu  Non-parametric Optimization Method for Free-orientation of Orthotropic Material of a Thin Plate Structure 2017年07月
2016 日本機械学会 第12回最適化シンポジウム 下田昌利、 永野智大  不確定荷重に対する構造体のロバスト形状最適化 2016年12月
2016 日本機械学会 第12回最適化シンポジウム シ キンセイ、 下田昌利  異種材料からなる複合構造体の形状最適設計 2016年12月
2016 難環境作業スマート機械技術研究センター第3回シンポジウム 下田昌利  異常荷重に対する構造体の形状最適設計(難環境作業スマート機械の最適設計法の開発) 2016年10月
2016 日本機械学会 第26回設計工学・システム部門講演会 下田昌利、 中山展空、 シ キンセイ  軽量シェル構造設計のためのノンパラメトリック形状・トポロジー最適化 2016年10月
2016 日本機械学会 第26回設計工学・システム部門講演会 吉積 果奈、 シ キンセイ、 下田昌利  基本周波数の最大化を目的とする3 次元複合構造体の形状最適設計 2016年10月
2016 日本機械学会 第26回設計工学・システム部門講演会 シ キンセイ、 大村 渓一朗、 下田昌利  欠陥を有するナノ炭素材料の構造最適化 2016年10月
2016 第160回教育工学研究会 藤原茂喜、 下田昌利、 藤﨑敬介  創造性開発のためのものづくり教育 2016年09月10日
2016 日本機械学会 2016年度年次大会 下田昌利、 善本諒  骨組-シェル複合構造体の弾性座屈に対する最適形状設計 2016年09月
2016 日本機械学会 2016年度年次大会 下田昌利、 小坂真太郎、 シ キンセイ  変形コントロールを目的とする大変形シェル構造の形状最適化 2016年09月
2016 日本機械学会 第29回計算力学講演会 中山展空、 下田昌利  多層シェルの多目的設計問題に対する形状-トポロジー同時最適化 2016年09月
2016 日本機械学会 第29回計算力学講演会 村松吉晃、 下田昌利  直交異方性シェル構造の材料配向角と形状の最適化 2016年09月
2016 日本機械学会 第29回計算力学講演会 下田昌利、 久富圭、 シ キンセイ  強度設計問題に対する骨組構造体の形状最適設計法 2016年09月
2016 日本機械学会 第29回計算力学講演会 シ キンセイ、 月本 直、 下田昌利  ケーブル膜構造の形状決定と形状最適化 2016年09月
2016 日本機械学会 2016年度年次大会 シ キンセイ、 下田昌利  周波数応答問題に対する象嵌構造の界面形状最適化. 2016年09月
2016 40th SOLID MECHANICS CONFERENCE Masatoshi Shimoda、 Koki Kameyama、 Shi Jin-xing  Parameter-free Shape-size Optimization for Deformation Tailoring of a Frame Structure 2016年08月
2016 MSC Software 2016 Users Conference 下田昌利  骨組構造体のノンパラメトトリック形状最適化手法 2016年06月
2016 MSC Software 2016 Users Conference 下田昌利  変動設計領域下でのシェル構造体の形状とトポロジーの同時最適化 2016年06月
2016 MSC Software 2016 Users Conference 下田昌利  塑性変形を考慮した大変形シェル構造の反力コントロール 2016年06月
2016 MSC Software 2016 Users Conference 下田昌利  荷重の不確定性を考慮したロバスト形状最適化手法の開発 2016年06月
2016 ECCOMAS Congress 2016 VII European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering Masatoshi Shimoda、 Tomohiro Nagano  Robust structural design for unknown loadings with free-form optimization method 2016年06月
2016 Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2016 Hirotaka Nakayama、 Masatoshi Shimoda  Topology optimization of shell structures in varying optimized design domain 2016年05月
2015 ACSMO2016プレセミナー 下田昌利  1,2,3次元構造体の形状最適設計 2016年02月24日
2015 日本機械学会 第28回計算力学講演会 シ キンセイ、 下田昌利、 大谷 光  熱変形実現を目的とする複合構造の形状最適化 2015年10月11日
2015 日本機械学会第28回計算力学講演会 池谷賢一、 下田昌利  形状制約を考慮した直交異方性シェルの形状最適設計 2015年10月
2015 日本機械学会第28回計算力学講演会 亀山晃希、 下田昌利  骨組構造体の形状-寸法同時最適化 2015年10月
2015 日本機械学会第28回計算力学講演会 下田昌利、 小園翔  繰り返し弾塑性負荷を受ける3次元構造体の形状最適化 2015年10月
2015 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会 シ キンセイ、 下田昌利  グラフェンシートの固有周波数最大化問題に対する形状最適設計 2015年09月24日
2015 日本機械学会 2015年度年次大会 シ キンセイ、 大村 渓一朗、 下田昌利  フリーフォルム最適化手法によるグラフェンシートの形状設計 2015年09月14日
2015 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会 池谷賢一、 下田昌利  異方性材料を考慮したシェル構造に対する形状-板厚の多目的最適化 2015年09月
2015 日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会 小坂真太郎、 下田昌利  非線形性を考慮したシェル構造の形状最適化手法 2015年09月
2015 日本機械学会2015年度年次大会 善本諒、 下田昌利  弾性座屈に対する骨組構造体の形状最適化 2015年09月
2015 日本機械学会2015年度年次大会 田中崇一、 下田昌利  H1勾配法を利用したスポット溶接位置の最適化 2015年09月
2015 International Conference on Advances in Composite Materials and Structures (CACMS Istanbul2015) Masatoshi Shimoda、 Kenichi Ikeya  Parameter-free Shape Optimization of Orthotropic Shell Structure 2015年04月
2014 日本機械学会第11回最適化シンポジウム シ キンセイ、 下田昌利  フリーフォルム最適化手法による異種材料の界面形状設計 2014年12月12日
2014 日本機械学会第11回最適化シンポジウム(OPTIS2012)論文集 下田昌利、 永野智大、 亀山晃希  骨組構造のノンパラメトリック形状最適化 2014年12月
2014 日本機械学会第27回計算力学講演会 講演論文集 永野智大、 下田昌利  不確定荷重に対する骨組構造のロバスト形状最適化問題の解法 2014年11月
2014 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会 講演論文集 小園翔、 下田昌利  制振せん断パネルダンパの形状最適化 2014年09月
2014 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会 講演論文集 小坂真太郎、 下田昌利  非線形性を考慮した荷重制御目的とするシェル構造の形状最適設計 2014年09月
2014 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会 講演論文集 川江元気、 下田昌利  薄板の溶接位置の最適化手法 2014年09月
2014 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会 講演論文集 亀山晃希、 下田昌利  所望の変形を実現する骨組構造の形状同定手法 2014年09月
2014 日本機械学会2014年度年次大会 講演論文集 下田昌利  可変境界を有する骨組み膜構造の形状最適化手法 2014年09月
2014 日本機械学会2014年度年次大会 講演論文集 池谷賢一、 下田昌利  複合材料から成るシェル構造の形状・板厚の2 段階最適化 2014年09月
2014 日本機械学会2014年度年次大会 講演論文集 永野智大、 下田昌利  不確定荷重に対するシェル構造体のロバスト形状最適化問題の解法 2014年09月
2014 日本機械学会東海支部第63期総会講演会講演論文集 下田昌利  板・シェル構造体の非線形座屈問題に対する形状最適化の数値解法 2014年04月
2013 日本機械学会 第23 回設計工学・システム部門講演会 下出健介(豊田工業大学大学院)、 下田昌利  開空間における騒音低減を目的としたシェル形状最適化 2013年10月23日
2013 日本機械学会 第23 回設計工学・システム部門講演会 川江元気(豊田工業大学大学院)、 下田昌利  象嵌構造の界面形状の最適設計 2013年10月23日
2013 日本機械学会 第 23 回設計工学・システム部門講演会 岡田智貴(豊田工業大学大学院)、 下田昌利  シェル構造の弾性座屈に対する形状最適化 2013年10月23日
2013 日本機械学会 第 23 回設計工学・システム部門講演会 森本崇(豊田工業大学大学院)、 下田昌利  固有振動数最大化を目的とする立体骨組構造の形状適手法の形状適手法 2013年10月23日
2013 日本機械学会 第23 回設計工学・システム部門講演会 下田昌利、 リュウ ヤン  固有振動問題に対する補強リブ付きシェル構造の形状最適化手法 2013年10月23日
2013 日本機械学会 第26回計算力学講演会 米倉正人(豊田工業大学大学院)、 下田昌利  応力を制約とするシェル構造体のフリーフォルム形状最適化 2013年09月10日
2013 日本機械学会 第26回計算力学講演会 小園翔(豊田工業大学大学院)、 下田昌利、 リュウ ヤン  弾塑性挙動を利用した繰り返し負荷に対する エネルギー吸収パネルの形状設計法 2013年09月10日
2013 日本機械学会2013年度年次大会 下田昌利、 リュウ ヤン  シェル構造における補強リブのノンパラメトリック形状最適化手法 2013年09月08日
2013 日本機械学会2013年度年次大会 下田昌利  膜構造の極小曲面を求めるフリーフォルム最適化手法 2013年09月08日
2013 日本機械学会2013年度年次大会 大谷光(豊田工業大学大学院)、 下田昌利  バイメタル構造体の界面の形状同定 2013年09月08日
2013 日本機械学会2013年度年次大会 川江元気(豊田工業大学大学院)、 下田昌利  薄板中のスリットやリブの最適位置問題の解法 2013年09月08日
2013 第55回構造強度に関する講演会 下田昌利、 米倉正人(豊田工業大学大学院)、 リュウ ヤン  シェル構造体の強度設計のためのフリーフォルム形状最適化 2013年07月15日
2012 第62回理論応用力学連合講演会 下田昌利  3次元フレーム構造体のノンパラメトリック形状最適化 2013年03月22日
2012 日本機械学会第10回最適化シンポジウム(OPTIS2012) リュウ ヤン、 下田昌利  繰り返し荷重を受けるせん断型パネルダンパーのリブ形状最適設計 2012年12月10日
2012 日本機械学会第25回計算力学講演会 下田昌利  シェル-音場連成問題における形状最適化 2012年10月06日
2012 日本機械学会第25回計算力学講演会 下田昌利  応答曲面法を利用した膜構造体のパラメトリック形状最適化 2012年10月06日
2012 日本機械学会第22回設計工学・システム部門講演会 リュウ ヤン、 下田昌利  シェル構造の表面と境界に対する2段階形状最適化手法 2012年09月26日
2012 日本機械学会 第22 回設計工学・システム部門講演会 下田昌利  応答曲面法に基づく感性と構造特を考慮した曲線型自転車フレームの最適設計 2012年09月26日
2012 日本機械学会 第22回設計工学・システム部門講演会 下田昌利  弾性座屈荷重の最大化を目的とするシェル構造の分布系形状最適化 2012年09月26日
2012 日本機械学会 第 22 回設計工学・システム部門講演会 下田昌利  3次元任意曲線骨組構造の形状最適化 2012年09月26日
2012 日本機械学会2012年度年次大会 リュウ ヤン、 下田昌利  せん断型パネルダンパーの変形能力向上のための形状最適設計 2012年09月10日
2012 日本機械学会 2012 年度年次大会 下田昌利  スペーフレム構造のフリーフォルム最適化手法 2012年09月09日
2012 日本機械学会2012 年度年次大会 下田昌利  最大応力の最小化を目的とするシェル構造体の形状最適手法 2012年09月09日
2012 8th European Solid Mechanics Conference Masatoshi Shimoda  Shape Optimization of Interfaces of Layered Structures 2012年07月09日
2011 第61回理論応用力学講演会 リュウ ヤン、 下田昌利  形状の周期性を考慮した板・シェル構造のノードベースのビード形状最適化 2012年03月07日
2011 第21回設計工学・システム部門講演会D&D2011 下田昌利  感性と構造特性を評価関数とする自転車構造の最適化 2011年10月21日
2011 第21回設計工学・システム部門講演会D&D2011 下田昌利  シェルの自由曲面設計のための多目的形状最適化 2011年10月21日
2011 2011年秋季大会 下田昌利  薄板構造の形状設計のためのフリーフォーム最適化手法 -自動車構造への適用- 2011年10月12日
2010 第60回理論応用力学講演会 下田昌利  シェル構造の最適曲面と最適境界の形状探索 2011年03月08日
2010 第9 回最適化シンポジウム2010 (OPTIS 2010) 下田昌利  シェル構造体のフリーフォルム最適化 2010年12月09日
2010 第20回設計工学・システム部門講演会D&D2010 下田昌利、 中田佳宏(東芝)  ピラミッド型ベーシスベクトル法のシェルのビード設計問題への適用 2010年10月27日
2010 第20回設計工学・システム部門講演会D&D2010 下田昌利、 塚田聡(ベルテックジャパン)  目標とする変形後形状を実現するシェル構造の形状同定問題の一解法 2010年10月27日
2010 第23回計算力学部門講演会 下田昌利、 塚田聡(ベルテックジャパン)  周波数応答問題におけるモードコントロールを目的とする 2010年09月23日
2010 2010年度年次大会 下田昌利、 松崎メグム(三明機工)  シェルの形状最適化手法の板バネ設計への適用 2010年09月06日
2010 IV European Conference on Computational Mechanics Masatoshi Shimoda、 Kyohei Iwasa(Kobelco Cranes)、 Satoru Tsukada(Bertec Japan)  Optimal Shape Design of Shell Structures 2010年05月16日
2000 Hyper Works Technology Conference 2010 下田昌利  Radiossを利用した形状最適化システムの構築とその力学逆問題への適用 2000年06月04日

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 固体力学
研究分野 計算力学、固体力学、構造・形状最適化、CAE、数理デザイン工学
URL http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Kikai/solid/index.html
最終学歴 豊橋技術科学大学大学院博士後期課程(1997)
職歴 豊田工業大学 教授 (2010年04月~現在)
湘南工科大学 (2002年04月~2010年03月)
三菱自動車工業(株) (1988年07月~2002年03月)
旭化成工業(株) (1986年04月~1988年06月)
主な研究論文 ・M. Shimoda and Y. Liu, “A Non-parametric Free-form Optimization Method for Shell Structures”,Structural and Multidisciplinary Optimization Vol. 50, No. 3, pp. 409-423(2014)
・M. Shimoda, Y. Liu and T. Morimoto, “Non-parametric Free-form Optimization Method for Frame Structures”,Structural and Multidisciplinary Optimization Vol. 50, No.1, pp. 129-146(2014)
・M. Shimoda, K. Shimoide and J. X. Shi, “Structural-acoustic optimum design of shell structures in open/closed space based on a free-form optimization method”,Journal of Sound and Vibration, Vol. 366, No. 31, pp. 81-97(2016)
・M. Shimoda, T. Nagano and J. X. Shi, “Non-parametric shape optimization method for robust design of solid, shell, and frame structures considering loading uncertainty,”,Structural and Multidisciplinary Optimization Vol. 59, No.5, pp. 1543-1565(2019)
・Y. Muramatsu M. Shimoda, “Distributed-parametric optimization approach for free-orientation of laminated shell structures with anisotropic materials”,Structural and Multidisciplinary Optimization Vol. 59, No. 6, pp.1915-1934(2019)
学会活動 ・日本機械学会
・日本計算工学会
・日本自動車技術会
・The International Association for Computational Mechanics

(主な活動実績)
・日本機械学会計算力学部門最適設計技術委員会委員(2007.3~2020.2)
・日本機械学会計算力学部門最適設計技術委員会委員長(2018.3~2020.2)
・日本機械学会東海支部商議員(2011.3~2012.2, 2013.3~2018.2)
・日本機械学会設計工学システム部門運営委員会委員(2013.3~2018.2)
・日本機械学会代表会員(2015.3~2016.2, 2017.3~2018.2)
・Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2016のSecretary General(2016.5)
社会活動(研究に関する学会活動以外) ・日本機械学会設計工学システム部門産学連携活性化委員会にて,講習会幹事 「設計における革新・着想とその具現化」を企画,実行(2015.3,2017.3) 
学内運営(委員会活動等) 教務委員会(2011年~)
入学者選抜制度委員会(2020年~)
創造性開発センター協議会(2011年~)
ものづくりの科学教育センター協議会(2015年~)
スマートビークル研究センター協議会(2018年~)
内部質保証委員会(2021年~)
学長・副学長懇談会(2019年~)
機械システム分野教室懇談会(2019年~) 
担当授業科目 学部:材料力学基礎,材料力学,数値解析法,創造性開発実習1,2 
修士:固体力学特論a固体力学特論b、固体力学セミナー1,2 
教育実践上の主な業績 1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

1 教科書の変更と課題の効果的活用(2017年度~2021年度)
「材料力学基礎」, 「材料力学」で共通に使用しているテキストを従来の演習中心ものもから理論の説明中心のものに変更する(2016年)と共に,豊富な問題から成る演習書を別途準備し(2017年),2冊併用の進め方を継続している.これにより,理論の理解とその確認のための演習を充実させた.
「材料力学基礎」では,演習書とは別に,単元ごとにやや難易度の高い応用課題を課すようにした.多すぎても逆効果になるため,概ね2週に1回程度とし,専門英語にも慣れてもらうため,英語での問題も含めた.質問を受け付けるため,TAによるサポート時間を7限目に設けた.
「材料力学」についても,理解を確認するため,演習書に加え,単元単位で課題を出し,「材料力学基礎」と同様,TAによるサポート時間を7限目に設けた.
「材料力学基礎」と「材料力学」の間で,教える内容の入れ替えと見直しも行い,不足の内容を資料と板書で補うことを毎年行っている.
「数値解析法」は教科書の変更を行った.それまでは有限要素法の数学的側面と工学的側面をバランスよく記載した偏微分方程式の近似解法という視点のものであったが,偏微分方程式を理解していない散見されたため,偏微分方程式として一般化せず,具体的な固体の弾性論に焦点を絞り,それに基づく線形弾性体の偏微分方程式に関する数値解法を扱ったものに変更した.理解の確認のため,課題を与え評価後に返却し,解説を行った.また,構造解析のみではなく,創造性と設計教育に繋がる構造を考える課題も与えた.
「固体力学特論a,b」は「連続体力学」からの継続・発展科目であるが,難易度の高い内容を含むため,重要な内容は「連続体力学」と重複して繰り返すようにしている.2019年度はクオータ科目に変更し,aとbの2科目に分割し,内容の見直しを行った.aでは自動車や航空機の開発で必須の薄板構造の理論と特性評価を新たに加えた.bは従来の内容は圧縮し,固体力学におけるひずみと応力,及び数値計算法について詳説した.
2020年度はオンライン授業へ対応した.

2 「創造性開発実習1,2」のテーマの見直し(2017年度~2021年度)
これまでのものづくり(製作)に軸足をおいたテーマから,創造性とモノ創り教育を同時に行えるテーマへの内容の見直しを行い,その内容を継続中である.
具体的には,題材を1人乗りの競技用電気自動車から1/10のラジコン模型に変更し,更に改良や部品製作に3Dプリンターを積極的に活用することにより,これまでの製作負荷を大幅に軽減した.この時間を企画や設計に当て,モノに触り,知恵を出す実習とした.失敗で終わるのではなく,再度,失敗から学び,工夫をしてやり直す時間を設けることにより実習効果を高めている.3人もしくは2人1組のグループの活動とし,グループでの議論を含むグループワークの実践の場ともした.この4年間は市販の高速オンロード用のラジコン模型を,低速オフロード用に改良する(準備した悪路を走破)ことを課題とした.計画から設計,製作から構成される7回の実習後に,グループに分かれてのプレゼンを行い,お互いのアイデアや成果に対して,質疑応答を行う発表会を開催した.
2020年度から,電動車椅子のテーマに変更した.2020年度はオンラインでの企画を主に行う内容とした.

3 演習問題、試験問題解答例のWebでの公開(2017年度~2021年度)
担当の全科目に対して,演習と試験の問題と解答を公開し,間違った箇所の見直しができるようにした.


2 作成した教科書、教材、参考書

1 「材料力学基礎」講義ノート&資料(2017年度~2021年度)
シラバス変更に伴う講義ノートの改訂,関連する実験科目がないため,予め行った引張と圧縮実験の動画資料を準備した.2017年度より材料力学に関わる実験を「工学基礎実験」に含め,講義と実験をリンクさせた.2020年度はオンライン用の教材を準備した.

2 「材料力学」講義ノート&資料(2017年度~2021年度)
シラバス変更に伴う講義ノートの改訂,及び設計への応用を動機付けするための応力分布や変形アニメーション,及び最新の研究成果の資料を準備した.2020年度はオンライン用の教材を準備した.

3 「数値解析法」講義ノート&資料(2017年度~2021年度)
自動車の衝突解析や構造物の応力解析,最適化解析を画像,動画資料を改訂した.
また,構造解解析演習のプログラムと演習書を準備した.2020年度はオンライン用の教材を準備した.

4 「固体力学特論a」,「固体力学特論b」講義ノート&資料(2017年度~2021年度)
非線形構造解析の変形と応力分布をの画像資料を追加,改訂した.2020年度はオンライン用の教材を準備した.

5 「創造性開発実習1,2」の教材(2017年度~2021年度)
題材を1人乗りの競技用電気自動車から1/10のラジコン模型に変更した.また,テーマの1つである減速のためのギアや回路部品等を準備した.2020年度は電動化のベースとなる車いすを購入し,改造の参考にした.


3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等


4 その他教育活動上特記すべき事項

1 オープンキャンパスにおける体験授業の実施(2017年7月,2018年7月,2019年7月)
高校生を対象とする「かたちとデザイン」に関する模擬授業を実施した.

2 高大連携講座において体験授業の実施
高校生を対象とする「かたちとデザイン」に関する模擬授業を実施した.(2017年8月, 2018年11月,2019年12月)
高校教員を対象とし,「かたちとデザイン」に関する研究紹介を実施した.(2018年12月)

3 学内向け授業公開を実施 
その他

ページのトップへ戻る