TOP > 研究者プロフィール

特任教授 成清辰生(Tatsuo Narikiyo / ナリキヨ タツオ)

業績

プロフィール

学位 工学博士  
生年月日 年齢
所属研究室 成清辰生特任教授
研究分野 制御工学,ロボット工学
URL
最終学歴 名古屋大学大学院工学研究科情報工学専攻博士後期課程(昭和57年度修了)
職歴 豊田工業大学 教授 (1998年04月~2018年03月)
理化学研究所バイオ・ミメティックコントロール研究センターフロンティア 研究員併任 (1993年12月~2008年10月)
愛知県工業技術センター 客員研究員 (1991年06月~現在)
豊田工業大学 助教授 (1990年04月~1998年03月)
アメリカ合衆国オハイオ州立大学 客員研究員 (1987年08月~1988年08月)
通産省工業技術院九州工業技術試験所主任研究官 (~1990年03月)
主な研究論文 ・Tatsuo Narikiyo, Junichiro Sahashi, Kazutomu Misao,“Control of a class of underactuated mechanical systems”, Nonlinear Analysis: Hybrid Systems Vol. 2, No. 11, pp. 231-241(2008)
・Tatsuo Narikiyo,, “Control of underactuated Mechanical Systems via Passive Velocity Field Control: Application to Snakeboard and 3D Rigid Body”,Nonlinear Analysis: Theory, Methods & Applications, No. 71, pp. 2358-2365(2009)
・T.Narikiyo, M.Kawanishi , T.Mizuno and Y.Hanada,“Robust Adaptive Position/Force Control of Mobile Manipulators ‒Theory and Experiments-” SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration Vol. 4, No. 4, pp. 305-314(2011)
・Dinh Hoa Nguyen, Tatsuo Narikiyo, Michihiro Kawanishi, “Robust Consensus Analysis and Design under Relative State Constraints or Uncertainties”,IEEE Transactions on Automatic Control Vol. 63, No. 6, pp. 1784-1790(2018)
・Hamed Jabbari Asl,Masashi Yamashita,Tatsuo Narikiyo, Michihiro Kawanishi, “Field-Based Assist-as-Needed Control Schemes for Rihabilitation Robots”,IEEE/ASME Trans. on Mechatoronics, Vol.25, No.4,pp.2100-2111 (2020)
学会活動 ・日本ロボット学会評議員(平成6年4月~平成8年3月)
・計測自動制御学会論文集委員会委員(平成11年3月~平成13年2月)
・計測自動制御学会本部事業委員(平成13年3月~平成14年2月)
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部:制御工学基礎,現代制御理論,確率・統計 
修士: 
教育実践上の主な業績 1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
(1)宿題の内容の効果的選択と添削によるフィードバックおよび宿題,試験問題解答例の掲示(2018~2020年度)

2018年度:「制御工学基礎」(2年次後期,2単位),「現代制御理論」(3年次前期,2単位),「フーリエ解析」(3年次前期,2単位),「確率・統計」(3年次後期,2単位)

2019年度:「制御工学基礎」(2年次後期,2単位),「現代制御理論」(3年次前期,2単位),「フーリエ解析」(3年次前期,2単位),「確率・統計」(3年次後期,2単位),「確率・統計」(1年次後期,2単位)

2020年度:「制御工学基礎」(2年次後期,2単位),「現代制御理論」(3年次前期,2単位),「確率・統計」(3年次後期,2単位),「確率・統計」(1年次後期,2単位)の各年度および各科目において,宿題を課し,適切な添削と評価を行うとともに,試験問題および宿題の解答例などを適切に掲示(Google Classroomなどで)した.

2 作成した教科書、教材、参考書
(1)教科書作成(2018年度)
2018年9月教科書「制御工学」発刊

(2)MATLAB・Simulinkの実習(2018~2019年度)
2018年度と2019年度後期「制御工学基礎」(2年次後期,2単位)では,講義枠内の2コマを使いMATLAB・Simulinkの実習を行い,その実習テキストを作成した.

3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
なし 

4 その他教育活動上特記すべき事項(2019年度)
2018年度修了生の修士研究が2019年9月計測自動制御学会論文集に掲載 
その他

ページのトップへ戻る