TOP > 研究者プロフィール

PD研究員 パンジャラプケサバ ラオ(Vanjarapu Kesava Rao / パンジャラプケサバ ラオ)

業績

プロフィール

学位  
生年月日 年齢
所属研究室 表面科学
研究分野
URL
最終学歴 Materials Chemistry, School of Chemistry, University of Hyderabad, India
職歴 豊田工業大学 ポストドクトラル研究員 (2020年01月01日~現在)
Postdoctral Fellow,Department of Chemistry, Ben-Gurion University, Israel (2017年06月~2019年12月)
主な研究論文 ・V. Kesava Rao,Nitzan Shauloff,XiaoMeng Sui,H. Daniel Wagner and Raz Jelinek, "Polydiacetylene hydrogel self-healing capacitive strain sensor ",J. Mater. Chem. C,DOI: 10.1039/d0tc00576b(2020)
・V. Kesava Rao, Nagappa L. Terada and Raz Jelinek,"Polydiacetylene Capacitive Artificial Nose" Vol11 No.4 pp.4470-4479 (2019)
・V. Kesava Rao and T. P. Radhakrishnan,"Tuning the SERS Response with Ag-Au Nanoparticle-Embedded Polymer Thin Film Substrates" ACS Appl. Mater. Interfaces,vol.23 No.7 pp.12767-12773(2015)
学会活動
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部: 
修士: 
作成した教科書(教材・参考書等)  
その他

ページのトップへ戻る