TOP > 研究者プロフィール

教授 半田太郎(Taro Handa / ハンダ タロウ)

業績

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 流体工学
研究分野 流体工学,圧縮性流体力学,流体計測
URL https://researchmap.jp/read0067458/
最終学歴 九州大学大学院工学研究科動力機械工学専攻(1996)
職歴 豊田工業大学 教授 (2016年04月01日~現在)
九州大学大学院総合理工学研究院 准教授(助教授) (2003年10月01日~2016年03月31日)
イリノイ大学 客員研究員 (2002年08月~2003年05月)
九州大学大学院総合理工学研究科(院) 助手 (1996年04月01日~2003年09月30日)
主な研究論文 ・Taro Handa, Mitsuharu Masada, Kazuyasu Matsuo,“Mechanism of Shock Wave Oscillation in Transonic Diffusers”,AIAA Journal Vol. 41, No. 1, pp. 64-70 (2003)
・Taro Handa, Mitsuharu Masada, Kazuyasu Matsuo,“Three-dimensional normal shock-wave/boundary-layer interaction in a rectangular duct”,AIAA Journal Vol. 43, No. 10, pp. 2182-2187(2005)
・Taro Handa, Mitsuharu Masuda, Masashi Kashitani, Yutaka Yamaguchi, “Measurement of Number Densities in Supersonic Flows Using a Method Based on Laser-Induced Acetone Fluorescence”,Experiments in Fluids
Vol. 50, No. 6, pp. 1685-1694(2011)
・Taro Handa, Yu Matsuda, Yasuhiro Egami, “Phenomena peculiar to underexpanded flows in supersonic micronozzles”,Microfluidics and Nanofluidics Vol. 20, No. 12, pp. 166(2016)
・Taro Handa, Akira Urita, “Experimental study of small supersonic circular jets actuated by a cavity”,Experimental Thermal and Fluid Science Vol. 96, No. 9, pp. 419-429(2018)
学会活動 2017年度~2018年度 日本航空宇宙学会 空力部門委員
2016年度~2019年度 日本機械学会流体工学部門広報委員
2019年度~ 可視化情報学会代議員
2016年度 日本機械学会流体工学部門講演会 「蛍光燐光を用いた熱流体可視化技術とその応用」オーガナイザー
2016年度 日本機械学会分科会 P-SCC13「マイクロ熱流動に関する調査研究分科会」委員

 
社会活動(研究に関する学会活動以外) 2018年 「圧縮性マイクロ流れの光学的計測手法と諸現象」(名古屋大学大学院工学研究科マイクロ・ナノ機械理工学専攻の特別講義)

2017年 第27回可視化フロンティア「PSP/TSP講習会 〜蛍光燐光による定量可視化」〜可視化情報学会CPDプログラム(技術士/JABEE継続教育)〜(LMJ東京研修センター)

2016年 文部科学省航空人材育成プログラム「実機飛行機を通した航空実践教育の展開」非常勤講師(愛知工業大学) 
学内運営(委員会活動等) 理系教育連携委員会委員長 2018年4月~
教務委員 2017年4月~
研究推進・産学連携委員会委員 2016年4月~
ものづくりの科学教育センター協議会委員 2016年4月~2018年3月 
担当授業科目 学部:流体基礎,流体解析,流体応用,工学基礎実験I 
修士:流体力学特論 
作成した教科書(教材・参考書等)  
その他

ページのトップへ戻る