TOP > 研究者プロフィール

教授 本山幸弘(Yukihiro Motoyama / モトヤマ ユキヒロ)

業績

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 触媒有機化学
研究分野 有機合成化学, 有機金属化学
URL
最終学歴 東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻博士後期課程
職歴 豊田工業大学 教授 (2012年08月01日~現在)
九州大学先導物質化学研究所 助(准)教授 (2004年03月01日~2012年07月31日)
九州大学先導物質化学研究所 助手 (2003年04月01日~2004年02月29日)
豊橋技術科学大学工学部物質工学系 助手 (1996年04月01日~2003年03月31日)
主な研究論文 • Ikeda, T.; Zhang, Z.; Motoyama, Y., “Hydrosilane-Promoted Facile Deprotection of tert-Butyl Groups in Esters, Ethers, Carbonates, and Carbamates”, Adv. Synth. Catal. Vol. 361, pp. 673-677 (2019); Selected as a Very Important Publication
• Hosokawa, S.; Toya, M.; Noda, A.; Morita, M.; Ogawa, T.; Motoyama, Y., “Catalytic Silane-Reduction of Carboxylic Esters and Lactones: Selective Synthetic Methods to Aldehydes, Lactols, and Ethers via Silyl Acetal Intermediates”, ChemistrySelect Vol. 3, pp. 2958-2961 (2018)
• Motoyama, Y.; Morii, K.; Ishizuka, S.; Inomoto, S.; Zhang, Z.; Yoon, S.-H., “Specific Inhibition of the Hydrogenolysis of Benzylic C–O Bond Using Palladium Nanoparticles Supported on Nitrogen-Doped Carbon Nanofiber”, ChemCatChem Vol. 10, 505-509 (2018)
• Hosokawa, S.; Teramoto, K.; Motoyama, Y., “Palladium on Carbon-Catalyzed Silane-Reduction of Tertiary Carboxamides: Soluble Palladium Colloids are an Active Catalyst Species”, ChemistrySelect Vol. 1, 2594-2602 (2016)
• Motoyama, Y.; Taguchi, M.; Desmira, N.; Yoon, S.-H.; Mochida, I.; Nagashima, H., “Chemo-Selective Hydrogenation of Functionalized Nitroarenes and Imines by Using Carbon Nanofiber-Supported Iridium Nanoparticles”, Chem. Asian J. Vol. 9, 71-74 (2014)
学会活動 日本化学会(平成20年度 九州支部庶務幹事)
有機合成化学協会
ケイ素化学協会
日本プロセス化学会
アメリカ化学会
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等) 総合安全委員会
研究推進委員会
博士課程委員会
入学者選抜制度委員会 
担当授業科目 学部:化学1, 化学2a, 化学2b, 化学実験1, 化学実験2 
修士:有機元素化学 
作成した教科書(教材・参考書等)  
その他 受賞歴
平成25年度:永井科学技術財団学術賞(永井科学技術財団)
平成20年度:有機合成化学協会九州山口支部奨励賞(有機合成化学協会九州山口支部)
平成18年度:ファイザー研究企画賞(有機合成化学協会)
平成18年度:MMS賞(田中貴金属工業株式会社)

ページのトップへ戻る