TOP > 研究者プロフィール

教授 下田昌利(Masatoshi Shimoda / シモダ マサトシ)

業績

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 固体力学
研究分野 計算力学、固体力学、構造・形状最適化、CAE、数理デザイン工学
URL http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Kikai/solid/index.html
最終学歴 豊橋技術科学大学大学院博士後期課程(1997)
職歴 豊田工業大学 教授 (2010年04月~現在)
湘南工科大学 (2002年04月~2010年03月)
三菱自動車工業(株) (1988年07月~2002年03月)
旭化成工業(株) (1986年04月~1988年06月)
主な研究論文 ・M. Shimoda and Y. Liu, “A Non-parametric Free-form Optimization Method for Shell Structures”,Structural and Multidisciplinary Optimization Vol. 50, No. 3, pp. 409-423(2014)
・M. Shimoda, Y. Liu and T. Morimoto, “Non-parametric Free-form Optimization Method for Frame Structures”,Structural and Multidisciplinary Optimization Vol. 50, No.1, pp. 129-146(2014)
・M. Shimoda, K. Shimoide and J. X. Shi, “Structural-acoustic optimum design of shell structures in open/closed space based on a free-form optimization method”,Journal of Sound and Vibration, Vol. 366, No. 31, pp. 81-97(2016)
・M. Shimoda, T. Nagano and J. X. Shi, “Non-parametric shape optimization method for robust design of solid, shell, and frame structures considering loading uncertainty,”,Structural and Multidisciplinary Optimization Vol. 59, No.5, pp. 1543-1565(2019)
・Y. Muramatsu M. Shimoda, “Distributed-parametric optimization approach for free-orientation of laminated shell structures with anisotropic materials”,Structural and Multidisciplinary Optimization Vol. 59, No. 6, pp.1915-1934(2019)
学会活動 ・日本機械学会
・日本計算工学会
・日本自動車技術会
・日本設計工学会
・日本形の科学会
・The International Association for Computational Mechanics
・The American Institute of Aeronautics and Astronautics
(主な活動実績)
・日本機械学会 RC98計算固体力学の高度化とその応用に関する研究分科会(1990.5~1992.4)
・日本機械学会 RC112次世代計算力学の高度化とその応用に関する研究分科会(1992.5~1994.4)
・日本機械学会 RC134計算力学システムとその新技術への応用研究分科会(1995.6~1997.5)
・日本機械学会 P-SC199設計最適化のための新技術開発とその応用に関する調査研究分科会(1992.4~1993.10)
・自動車技術会 構造最適化ワーキンググループ委員(1990.7~1992.2)
・自動車技術会 疲労信頼性部門委員,兼疲労評価ワーキンググループ委員(2001.4~2002.3)
・日本機械学会論文集稿閲委員 (2000.3~2002.2)(2006.3~)
・日本機械学会関東支部関東学生会会員校役員(2006.3~2008.2)
・日本機械学会関東支部神奈川ブロック運営委員(2006.3~2008.2)
・日本設計工学会校閲運営委員会委員(2006.3~2009.2)
・日本機械学会関東支部商議員(2007.3~2009.2)
・日本機械学会計算力学部門最適設計技術委員会委員(2007.3~)
・日本機械学会計算力学部門最適設計技術委員会委員長(2018.3~)
・日本機械学会東海支部商議員(2011.3~2012.2, 2013.3~2018.2)
・日本機械学会設計工学システム部門運営委員会委員(2013.3~)
・日本機械学会代表会員(2015.3~2016.2, 2017.3~)
・Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization 2016のSecretary General(2016.5)
社会活動(研究に関する学会活動以外) ・日本機械学会設計工学システム部門産学連携活性化委員会にて,講習会幹事 「設計における革新・着想とその具現化」を企画,実行(2015.3,2017.3) 
学内運営(委員会活動等) 教務委員会(2011年~)
入学者選抜制度委員会(2011年~2015年)
工作実習工場協議会(2011年~)
ものづくりの科学教育センター(2015年~)
予算委員会(2011年~2016年)
先端フォトンテクノロジー研究センター協議会(2011年)
先端知能システム・デバイス統合研究センター協議会(2011年)
サステイナブル機械システム研究センター協議会(2010年~2012年)
難環境作業スマート機械技術研究センター協議会(2013年~2017年)
スマートビークル研究センター協議会(2018年度~)
研究推進・産学連携委員会(2014年~2018年)
自己点検評価委員会(2019年~)
TTIC委員会(2019年~)
学長・副学長会議(2019年~) 
担当授業科目 学部:材料力学基礎,材料力学,数値解析法,創造性開発実習1,2 
修士:固体力学特論a固体力学特論b、固体力学セミナー1,2 
作成した教科書(教材・参考書等)  
その他

ページのトップへ戻る