TOP > 研究者プロフィール

教授 原大介(Daisuke Hara / ハラ ダイスケ)

業績

プロフィール

学位 Ph.D.  
生年月日 年齢
所属研究室 外国語
研究分野 言語学,手話学
URL
最終学歴 The University of Chicago, Department of Linguistics
職歴 豊田工業大学 教授 (2010年09月~現在)
愛知医科大学(専任講師・助教授・教授) (2000年04月01日~2010年08月31日)
主な研究論文 ・HARA, Daisuke, “An information-based approach to the syllable formation of Japanese Sign Language”,Handbook of Japanese Applied Linguistics, pp. 457‒482(2016.1)
・原大介, “手話言語研究はどうあるべきか:捨象と抽象”,手話学研究Vol. 19, No. 1, pp. 29-41(2010.10)
・Hara, Daisuke, Kazuyuki Kanda, Yuji Nagashima et. al., “Collaboration between Linguistics and Engineering in Generating Animation of Japanese Sign Language: the Development of sIGNDEX Vol.3”,Challenges for Assistive Technology, pp. 261-265(2007.1)
・HARA, Daisuke, “A complexity-based approach to the syllable formation in American Sign Language”,CLS 38: The Panels, pp. 217-232(2004)
・原大介, “アメリカ手話における接触を含む視認度的ソノリティーについて”,手話学研究Vol. 14, No. 2, pp.1-20(1998)
学会活動 日本手話学会理事(2018年12月~)
リアルタイムコミュニケーション言語時限研究専門委員会(電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ所属)副委員長(2016年6月~)
日本手話学会事務局長(2006年7月~2007年12月)
日本手話学会副会長(2002年6月~2006年7月)
日本手話学会会員
日本言語学会会員
日本英語学会会員
日本特殊教育学会会員
社会活動(研究に関する学会活動以外) 国立民族学博物館 客員教員(教授)(2016年4月~) 
学内運営(委員会活動等) 入学者選抜制度委員会
ハラスメント委員会
国際化推進委員会
教務委員会
他 
担当授業科目 学部:基礎英語1(c) 基礎英語1(d) 基礎英語2(c) 基礎英語2(d) 基礎英語3(a) 基礎英語4(a) 応用英語1(d) 学部海外英語演習 
修士:科学技術英語2 修士海外英語演習 
作成した教科書(教材・参考書等)  
その他

ページのトップへ戻る