TOP > 研究者プロフィール

准教授 椎原良典(Yoshinori Shiihara / シイハラ ヨシノリ)

業績

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 固体力学
研究分野 マルチスケール計算力学
URL https://researchmap.jp/yoshinori_shiihara/
最終学歴 東京大学工学系研究科機械工学専攻博士課程
職歴 豊田工業大学 准教授 (2016年04月01日~現在)
米国テネシー大学マテリアル理工学科客員助教 (2014年11月20日~2015年03月10日)
東京大学生産技術研究所 助教 (2009年01月01日~2016年03月31日)
産業技術総合研究所計算科学研究部門 特別研究員 (2008年01月01日~2008年12月31日)
東京大学生産技術研究所 機関研究員 (2007年04月01日~2007年12月31日)
主な研究論文 ・Yoshinori Shiihara, Masanori Kohyama, “Contribution of d electrons to surface stresses and their changes by layer relaxation for a series of 4d transition metals”,Surface Science Vol. 644, No. -, pp. 122-128(2015.08.15)
・Y. Shiihara M. Sato Y. Hara I. Iwai N. Yoshikawa,“Microrelief suppresses large wrinkling appearance: an in silico study”,Skin Research and Technology Vol. 21, No.2, pp. 184-191(2014.12.03)
・Yoshinori Shiihara, Masanori Kohyama, Shoji Ishibashi,“Origin of surface stress on late transition metal surfaces:Ab initio local stress and tight-binding model”,Physical Review B Vol. 87, No. 12, pp. 125430(2013.03.29)
・Yoshinori Shiihara, Masanori Kohyama, Shoji Ishibashi,“Ab initio local stress and its application to Al (111) surfaces”,Physical Review B Vol. 81, No. 7, pp. 75441(2010.02.26)
・Yoshinori Shiihara, Osamu Kuwazuru, Nobuhiro Yoshikawa, “Real-space Kerker method for selfconsistent calculation using non-orthogonal basis functions”,Modelling and Simulation in Materials Science and Engineering Vol. 16, No. 3, pp. 35004(2008.03.19)
学会活動 日本機械学会
日本金属学会
日本物理学会
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等) 学外実習委員会(2017−)
理系教育連携委員会(2017−)
ものづくりの科学教育センター協議会(2016−)
難環境作業スマート機械技術研究センター協議会(2016−) 
担当授業科目 学部:数値計算法 
修士:連続体力学 
作成した教科書(教材・参考書等)  
その他

ページのトップへ戻る