TOP > 研究者プロフィール

准教授 浅野幸治(Kozi Asano / アサノ コウジ)

業績

年度 学会名 発表者 発表題目 発表日
2019 第6回日中哲学フォーラム 浅野幸治  Reverence for Life: What Does It Meat? 2019年09月
2018 京都生命倫理研究会 浅野幸治  狼を絶滅させてもよいか 2019年03月
2018 日本法哲学会ワークショップ「動物権利論の展開」 浅野幸治  動物権利論と捕食の問題 2018年11月
2018 愛知法理研究会 浅野幸治  動物権利論と捕食の問題 2018年10月
2018 京都生命倫理研究会 浅野幸治  捕食の問題 2018年09月
2018 The XXIV World Congress of Philosophy(第24回世界哲学会議) Kozi Asano  Is It O.K. to Keep an Animal? 2018年08月
2018 第1回IVR(法哲学社会哲学国際連合)日本国際会議 Kozi Asano  A Rawlsian Theory of Human and Animal Rights 2018年07月
2017 京都生命倫理研究会 浅野幸治  動物権利論と野生動物の問題 2018年03月
2017 若松良樹編『功利主義の逆襲』合評会 浅野幸治  津波てんでんこ、および幸福解釈、および優先主義 - 若松良樹編『功利主義の逆襲』第1部の批評 2017年12月
2017 第5回日中哲学フォーラム 浅野幸治  Do No Harm: On the Indirect View of This Principle 2017年09月
2017 岩手哲学会第51回大会 浅野幸治  動物の権利━━間接義務説再考 2017年07月
2016 京都生命倫理研究会 浅野幸治  工場式畜産の発展 その1──肉用牛と乳用牛の場合 2017年03月
2016 法理学研究会2016年10月例会 浅野幸治  移民の正義 2016年10月
2016 京都生命倫理研究会 浅野幸治  移民の正義 2016年09月
2016 人と動物の倫理研究会 第2回研究会 浅野幸治  動物実験の倫理 2016年07月
2016 橘木俊詔『21世紀日本の格差』合評会 浅野幸治  根拠なき福祉──橘木『21世紀日本の格差』の検討 2016年06月
2016 日本哲学会 浅野幸治  功利主義的肉食肯定論の批判 2016年05月
2015 京都生命倫理研究会 浅野幸治  和歌山県太地町のイルカ追い込み漁問題 2015年12月
2015 法理学研究会2015年10月例会 浅野幸治  基本的人権の根拠は何か 2015年10月
2015 京都生命倫理研究会 浅野幸治  左派完全自由主義の正義論 2015年09月
2015 法哲学・社会哲学国際学会連合第27回世界大会 浅野幸治  Intra-generational or Inter-generational Equality?: Steinerian Exercises 2015年07月
2015 第60回愛知法理研究会 浅野幸治  ロック的所有論の再生──左派完全自由主義の挑戦 2015年05月
2014 京都生命倫理研究会 浅野幸治  カーラザースの契約主義的、動物権否定論 2014年12月
2014 哲学会第53回研究発表大会 浅野幸治  人間の権利と動物の権利 2014年11月
2014 東北哲学会第64回大会 浅野幸治  基本的人権の正当化 2014年10月
2014 国際功利主義学会 浅野幸治  Against Animal Experiments 2014年08月
2014 日本哲学会第73回大会 浅野幸治  動物実験の倫理──人格の程度という一ノ瀬の考え 2014年06月
2014 東京法哲学研究会 浅野幸治  自由とは所有権であるという主張について──資源の初期配分の正義再論 2014年06月
2014 京都生命倫理研究会 浅野幸治  反動物実験論 2014年06月
2014 法理学研究会2014年5月例会 浅野幸治  正しい人と正しい国家──宇佐美「古代正義思想」論文への疑義 2014年05月
2013 法理学研究会2014年2月例会 浅野幸治  資源の初期配分の正義 2014年02月
2013 京都生命倫理研究会 浅野幸治  倫理的菜食主義は理論か直観か──一ノ瀬「動物たちの叫び」に寄せて 2013年12月
2013 第57回愛知法理研究会 浅野幸治  S. フリーマンのロールズ解釈──『万民の法』の援助義務論 2013年10月
2013 中部哲学会平成25年度大会 浅野幸治  倫理的菜食主義の擁護 2013年09月
2013 第23会世界哲学会 浅野幸治  D. Miller on Our Responsibility to the Global Poor 2013年08月
2013 京都生命倫理研究会 浅野幸治  D. ミラーの世界貧民救済責任論 2013年06月
2012 法理学研究会2013年3月例会 浅野幸治  ロールズの『万民の法』における1つの仮定──貧困の国民主義的説明は正しいか 2013年03月
2012 京都生命倫理研究会 浅野幸治  J・ロールズ『万民の法』の1つの仮定──貧困の国民主義的説明は正しいか 2013年03月
2012 東北哲学会第62会大会 浅野幸治  T・ポッゲの世界正義論とJ・ロールズの『万民の法』 2012年10月
2012 日本倫理学会第63会大会 浅野幸治  T・ポッゲの世界正義論とJ・ロールズの『万民の法』 2012年10月
2012 京都生命倫理研究会 児玉聡『功利主義入門』合評会 浅野幸治  功利主義的幸福論か──児玉聡『功利主義入門』について 2012年09月
2012 岩手哲学会第46回大会 浅野幸治  P・シンガーの援助義務論とD・ミラーの国際正義論 2012年07月
2012 東京法哲学研究会2012年6月例会 浅野幸治  T・ポッゲの世界正義論とD・ミラーの国際正義論 2012年06月
2012 第54回愛知法理研究会 浅野幸治  P・シンガーの援助義務論とT・ポッゲの世界正義論 2012年05月
2012 日本哲学会第71回大会 浅野幸治  シンガーの援助義務論とポッゲの世界正義論 2012年05月
2011 法理学研究会2011年12月例会 浅野幸治  P・シンガーの援助義務論とD・ミラーの国際正義論 2011年12月
2011 東北哲学会第61回大会 浅野幸治  P・シンガーの「援助する義務」論──他の多くの裕福な人の存在は私の義務にどのように影響するか 2011年10月
2011 関西哲学会第64回大会 浅野幸治  P・シンガーの「援助する義務」論──距離はどのように道徳的に重要か 2011年10月
2011 日本倫理学会第62会大会 浅野幸治  P・シンガーの「援助する義務」論──援助義務は努力義務か 2011年10月
2011 京都生命倫理研究会 浅野幸治  P・シンガーの「援助する義務」論──距離はどのように道徳的に重要か 2011年06月
2011 東京法哲学研究会2011年6月例会 浅野幸治  完全自由主義の立場から(リバタリアン)の臓器売買容認論・禁止論 2011年06月
2011 第52回愛知法理研究会 浅野幸治  完全自由主義の立場から(リバタリアン)の臓器売買容認論・禁止論 2011年05月
2010 京都生命倫理研究会 浅野幸治  完全自由主義の立場から(リバタリアン)の臓器売買容認論・禁止論 2010年12月
2010 中部哲学会平成22年度大会 浅野幸治  相続制度はパレート改善か 2010年10月
2010 第49回愛知法理研究会 浅野幸治  森村流相続権否定論の批判 2010年05月
2009 森村流相続権否定論の批判 浅野幸治  2010年2月1日
2009 森村流相続権否定論の批判 浅野幸治  2010年1月1日
2008 マカフェリーの相続税廃止論 浅野幸治  2009年1月1日
2008 相続の根拠としての意思説 浅野幸治  2008年7月1日
2008 現代日本の相続権擁護論──批判的検討 浅野幸治  2008年4月1日
2008 マカフェリーの相続税廃止論 浅野幸治  2008年12月1日
2008 功利主義は相続制度を支持するか 浅野幸治  2008年10月1日
2008 功利主義は相続制度を支持するか 浅野幸治  2008年10月1日
2007 ジョン・ロックの遺産相続権論──解釈と批判 浅野幸治  2007年5月1日
2007 ジョン・ロックの遺産相続権論 浅野幸治  2007年4月1日
2005 ロック的但し書き──その含意 浅野幸治  2005年5月1日
2005 ロック的但し書き──その含意 浅野幸治  2005年10月1日
2002 労働による私有財産──ロックの私有財産論の再検討 浅野幸治  2002年10月1日
1999 数学的数とイデア的数──普遍の自己述定性について 浅野幸治  1999年5月1日

プロフィール

学位 哲学博士(Ph.D.)  
生年月日 年齢
所属研究室 人文科学
研究分野 哲学、法哲学、応用倫理学
URL http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Kyouyou/Asano/?index.html
最終学歴 テキサス大学オースチン校大学院(1997)
職歴 豊田工業大学 准教授(助教授) (1999年04月~現在)
英知大学 非常勤講師 (1996年04月~1999年03月)
神戸学院大学 非常勤講師 (1995年04月~1999年03月)
阪南大学 非常勤講師 (1994年04月~1999年03月)
主な研究論文 ・浅野幸治, “動物権利論と野生動物の問題”,豊田工業大学ディスカッション・ペーパー, No. 17, pp. 1-22(2019.3)
・浅野幸治, “左派完全自由主義の正義論”,豊田工業大学ディスカッション・ペーパー, No. 13, pp. 1-20(2016.5)
・浅野幸治, “反動物実験論”,医療・生命と倫理・社会, No.12, pp. 49-58(2015.3)
・浅野幸治, “P. シンガーの援助義務論”,豊田工業大学ディスカッション・ペーパー, No. 7, pp. 1-62(2013.1)
・浅野幸治, “ジョン・ロックの私有財産論──その批判的再構成の試み”,豊田工業大学ディスカッション・ペーパー,No. 2, pp. 1-93(2006.3)
学会活動 ・東北哲学会
・哲学会
・古代哲学会
・日本哲学会
・The American Philosophical Association
・日本西洋古典学会
・関西哲学会
・中部哲学会
・日本倫理学会
・愛知法理研究会
・日本法哲学会
・Internationale Vereinigung fuer Rechts- und Sozialphilosophie (IVR) 日本支部
・International Plato Society
・法理学研究会
・東京法哲学研究会
・京都生命倫理研究会
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等) 総合情報センター協議会 
担当授業科目 学部:教養基礎セミナー1、論理学、世界の歴史 
修士: 
作成した教科書(教材・参考書等)  
その他

ページのトップへ戻る