TOP > 研究者プロフィール

准教授 岡本正巳(Masami Okamoto / オカモト マサミ)

業績

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 高分子ナノ複合材料
研究分野 生体組織工学
URL http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Zairyo/5z50/okamoto.htm
最終学歴 同志社大学大学院工学研究科工業化学専攻 修士課程(1986年)
職歴 King Saud University (Saudi Arabia)客員教授 (2019年12月~現在)
Wroclaw University of Science and Technology (Poland)客員教授 (2018年02月01日~現在)
Politecnico di Torino客員教授 (2011年04月01日~2014年12月20日)
豊田工業大学 研究教授 (2009年04月~2011年03月)
豊田工業大学 准教授 (2009年01月~現在)
豊田工業大学 講師 (1997年11月~2008年12月)
豊田工業大学 助手 (1996年01月~1997年10月)
工業技術院(九州工業研究所) 招へい研究員 (1995年08月~1995年10月)
東京工業大学工学部有機材料工学科 研究生 (1990年04月~1991年05月)
東洋紡績(株)総合研究所 研究員 (1986年04月~1995年12月)
主な研究論文 ・M. Okamoto, P. H. Nam, P. Maiti, T. Kotaka, N. Hasegawa, A. Usuki, “A House of Cards Structure in Polypropylene/Clay Nanocomposites under Elongational Flow”,ACS Nanoletter Vol. 1, No. 6, pp. 295-298 (2001. 5. 1)
・S. Sinha Ray, K. Yamada, M. Okamto, A. Ogami, K. Ueda, “New Polylactide/Layered Silicate Nanocomposites.3. High-Performance Biodegradable Materials”,ACS Chem. Mater. Vol. 15, No. 7, pp. 1456-1465(2003. 1. 29)
・S. Sinha Ray, M. Okamoto, “Polymer/Layered Silicate Nanocomposites: A Review from Preparation to Processing”,Progress Polym. Sci. Vol. 28, No. 11, pp. 1539-1641(2003. 8. 22)
・Ryota Domura, Rie Sasaki, Masami Okamoto, Minoru Hirano, Katsunori Kohda, “Brett Napiwocki, Lih-Sheng Turng, Comprehensive study on cellular morphologies, proliferation, motility, and epithelial-mesenchymal transition of breast cancer cells incubated on electrospun polymeric fiber substrates”,RSC J Mater. Chem. B Vol. 5, No. 2, pp. 2588-2600(2017. 2. 27)
・Masaya Kinoshita, Yuki Okamoto, Mitsuru Furuya, Masami Okamoto, “Biocomposites composed of natural rubber latex and cartilage tissue derived from human mesenchymal stem cells” Materials Today Chemistry, 12, 315-323 (2019. 3.10).
学会活動 ・Editorial Board: J. Unexplored Medical Data (2018-)
・Editorial Board: Sci (2018-)
・Associate Editor:Journal of Functional Biomaterials (2014-)
・Associate Editor: Nanotechnology and Nanoscience (2010-)
・Editorial Board: J. Nanotechnology
・Editorial Board: J. Materials Science and Engineering with Advanced Technology
・Editorial Board: International Polymer Processing (IPP) (2013-)
・Editorial Board: Frontiers in Polymer Chemistry (2013-)
・Editorial Board: Annals of Materials Science & Engineering (2013-)
・Editorial Board: Current Bionanotechnology (2014-)
・Versailles Project on Advanced Materials and Standards (VAMAS)-World Coordinator, Project Chair (2007-2011)
・Research Advisory Board of CSIR, Pretoria, Rep. of South Africa (2007-)
・日本レオロジ-学会中部支部長(2011/3-)
・The Austrian NANO Initiative, Advisory Board(2004-2011)
・日本学術振興会第176委員会委員(2005-2019)
・日本レオロジ-学会高分子加工技術研究会:主査(2005-)
・International Advisory Board of Nano-composite in Canada (2001-2011)
・日本ゴム協会東海支部常任幹事(2013-)
・日本ゴム協会理事(2015-)
・日本ゴム協会副会長(2017-)
・NEDOプロジェクト評価委員(2012-2019)
・日本レオロジー学会評議委員(2000-)
・アメリカ化学会 (ACS)
・Polymer Processing Society (PPS)
・高分子学会
・日本ゴム協会
・成形加工学会
・日本レオロジ-学会
・日本粘土学会  
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等) 研究推進委員会(2007-)
国際連携推進委員会(2011年-)
TTIC委員会(2011年) 
担当授業科目 学部:有機化学1,2 
修士:物質化学反応論 科学技術英語 
作成した教科書(教材・参考書等) ・M. Okamoto, "Polymer/ Layered Silicate Nanocomposites", Rapra Review Report No 163, 166pp, Rapra Technology Ltd. London (2003).
・岡本正巳 著,ポリマー系ナノコンポジットの新技術と用途展開,シーエムシー出版pp 209 (2010). 
その他 Media Featured Research
Kagaku Shinbun: Focus on Japanese Scientific Articles (June 2008)
Nikkan-Kogyou Shinbun: DNA adsorption on allophane particles (February 2012)
Nikkan-Kogyou Shinbun: Fabrication of Polylactide based Biodegradable Thermoset Scaffolds for Tissue Engineering Applications (March 2012)
Chubu-Keizai Shinbun: Bionanocomposite scaffolds for tissue engineering and gene therapy (October 2013)

ページのトップへ戻る