TOP > 研究者プロフィール

特任教授 竹内秀夫(Hideo Takeuchi / タケウチ ヒデオ)

業績

プロフィール

学位 理学博士(名古屋大学)  
生年月日 年齢
所属研究室 竹内秀夫特任教授
研究分野 固体物理学,磁気共鳴
URL
最終学歴 名古屋大学大学院理学研究科博士課程物理学専攻(1977年)
職歴 豊田工業大学 特任教授 (2015年~2020年03月31日)
豊田工業大学 教授 (1999年~2015年)
名古屋大学 助教授(工学部) (1993年~1999年)
名古屋大学 助教授(教養部) (1988年~1993年)
名古屋大学 講師(教養部) (1985年~1988年)
名古屋大学 助手(教養部) (1977年~1985年)
主な研究論文 ・J.L.Patel, J.J.Davies, B.C.Cavenett, H.Takeuchi and K.Horai, “Electron spin resonance of axially symmetric Cr3+ centres in KMgFand KZnF”,J.Phys.C:Solid State Phys. Vol. 9, pp. 129-138(1976)
・H.Takeuchi, K.Horai and M.Arakawa, “An Investigation of V2+ Impurity Center in KMgF and KZnF by 51V-ENDOR Measurements”,J.Phys.Soc. Jpn.
Vol. 46, No. 1, pp. 18-25(1979)
・H.Takeuchi and H.Tanaka, “Angular variation of normal-type EPR intensities of V2+ in CsMgCl”,J.Phys.: Condens.Matter Vol. 4, pp. 10071-10078(1992)
・H.Takeuchi and M.Arakawa, “Electrostatic theory and spin-Hamiltonian separation for 3d ions in orthorhombic and tetragonal centres”,J.Phys.:Condens.Matter Vol. 6, pp. 3253-3260(1994)
・H.Takeuchi, H.Tanaka, M.Arakawa and H.Ebisu, “An electron paramagnetic resonance study of a trigonally symmetric Fe3+ centre in CsMgCl single crystal”,J.Phys.: Condens.Matter Vol. 17, pp. 1375-1384(2005)
学会活動
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等)  
担当授業科目 学部:物理学実験1、物理学実験2、力学1および演習、力学2a、力学2b 
修士: 
作成した教科書(教材・参考書等) 教材:物理実験指針(2018年度版,2019年度版)、力学1演習問題集、力学1提出問題集、力学1補習問題集、力学強化問題集(英文)、力学2a提出問題集、力学2a補習問題集、力学2b提出問題集、力学2b補習問題集、力学1で必要な基本数学公式(社会人学生向け,2018年度版)、物理学実験練習問題、電子スピン共鳴実験の方法と理論(2018年度版) 
その他

ページのトップへ戻る