TOP > 研究者プロフィール

教授 奥宮正洋(Masahiro Okumiya / オクミヤ マサヒロ)

業績

プロフィール

学位 博士(工学)(名古屋大学)  
生年月日 年齢
所属研究室 材料プロセス
研究分野 金属表面改質,プラズマ材料科学,薄膜・多層膜,金属電気化学,金属熱処理,複合材料
URL http://ttiweb.toyota-ti.ac.jp/1432/pub_teacher_show.php?t=44
最終学歴 名古屋大学大学院工学研究科博士課程前期課程1985年3月修了
職歴 豊田工業大学 教授 (2011年04月01日~現在)
豊田工業大学 准教授 (1997年04月01日~2011年03月31日)
ドイツ連邦国立材料研究所(BAM) 客員研究員 (1996年03月~1996年09月)
豊田工業大学 講師 (1994年~1997年)
豊田工業大学 助手 (1985年~1994年)
主な研究論文 ・H. Takeuchi, Y. Tsunekawa, M. Okumiya, “Formation of Compositionally Graded Ni-P Deposits Containing SiC Particles by Jet Electroplating”Mater. Trans. JIM Vol. 38, No. 1, pp. 43-48(1997.1.31)
・M. Okumiya, Y. Tsunekawa, T. Matsumoto, K. Tanaka, T. Nagai, “Carbon content control in plasma carburizing using process parameter and probe methods”,Surface & Coating Technology Vol. 174-175, pp. 1171-1174(2003)
・M. Okumiya, Y. Tsunekawa, H. Sugiyama, Y. Tanaka, N. Takano, M. Tomimoto, “Surface Modification of Aluminum Using Ion Nitriding and Barrel Nitriding”,Surface & Coating Technology Vol. 200, pp. 35-39(2005)
・奥宮正洋,恒川好樹,馬場昭弘,田村賢, “電子ビーム励起プラズマによるアルミニウム合金の表面窒化”,熱処理 Vol. 46, No. 2, pp. 72-78(2006,4,30)
・Jung Hyun Kong, Masahiro Okumiya, Yoshiki Tsunekawa, Ky Youl Yun, Sang Gweon Kim, Masashi Yoshida, “A Novel Bonding Method of Pure Aluminum and SUS304 Stainless Steel Using Barrel Nitriding”, Metallurgical and Materials Transactions A Vol. 45, No. 10, pp. 4443-4453(2014)
学会活動 ・日本熱処理技術協会理事(2013~)
・日本熱処理技術協会イノベーション委員会副委員長(2016~)
・日本熱処理技術協会国際連携委員会委員長(2011〜)
・日本熱処理技術協会編集委員会委員長(2011〜)
・日本熱処理技術協会中部支部支部長(2015〜)
・中部生産加工技術振興会熱処理・材料部会長(1997~)
・軽金属学会正会員・評議員(1985~)
・日本金属学会まてりあ編集委員(2002~2005)
・表面技術協会評議員(1997~)
社会活動(研究に関する学会活動以外) 東京工業大学社会人教育院 製造中核人材育成講座「金属熱処理スーパーマイスタープログラム」講師(2008〜) 
学内運営(委員会活動等) 理系教育連携委員会(2008年〜)
入学者選抜制度委員会(2010年〜2014)
学外実習委員会(2011年〜)
予算委員会(2015〜)
サステイナブル機械システム研究センター協議会(2009年〜2012年)
局所構造制御研究センター協議会(2010年〜2013) 
担当授業科目 学部:加工プロセス工学、トライボロジ、金属材料工学,工学実験1   
修士:創形創質工学、材料プロセスセミナー 
作成した教科書(教材・参考書等)  
その他

ページのトップへ戻る