TOP > 研究者プロフィール

教授 佐々木 実(Minoru Sasaki / ササキ ミノル)

業績

プロフィール

学位 博士(工学)  
生年月日 年齢
所属研究室 マイクロメカトロニクス
研究分野 立体部品への微細加工(三次元フォトリソグラフィ)、MEMS
URL http://www.toyota-ti.ac.jp/mems/index.htm
最終学歴 名古屋大学 大学院工学研究科博士課程
職歴 豊田工業大学 教授 (2007年04月~現在)
東北大学大学院工学研究科 助教授 (2001年11月~2007年03月)
東北大学大学院工学研究科  講師 (2000年07月~2001年10月)
東北大学工学部 助手 (1996年01月~2000年07月)
日本学術振興会 特別研究員(PD) (1995年04月~1995年12月)
主な研究論文 ・佐々木実, 弓削英翔, 鈴木大瑛「フォトリソグラフィ加工による圧延ロール面への微細パターン形成 ― テクスチャリング用レリーフの一括形成 ―」日本塑性加工学会論文誌「塑性と加工」Vol. 60, No.702, pp.195-202 (2019-7)
・T.-T.-N. Nguyen, M. Sasaki, H. Odaka, T. Tsutsumi, K. Ishikawa, M. Hori, “Remotely floating wire-assisted generation of high-density atmospheric pressure plasma and SF6-added plasma etching of quartz glass,J. Appl. Phys. Vol. 125, pp. 063304(2019)
・Hiroki Ishihara, Katsuya Masuno, Makoto Ishii, Shinya Kumagai, Minoru Sasaki, “Enhanced Plasmonic Wavelength Selective Infrared Emission Combined with Microheater for CO2 Gas Sensing, Materials,10 (9), No. 1085, pp. 2017
・和田祐樹,延永尚記,熊谷慎也,石原裕己,石居真,佐々木実, “MEMS 振動子を用いた絶縁型電圧センサの高耐圧化,電気学会論文誌E Vol. 137, No. 8, pp. 239-244 (2017)
・Makie Terazawa, Momoko Karita, Shinya Kumagai, Minoru Sasaki, “Respiratory Motion Sensor Measuring Capacitance Constructed Across Skin in Daily Activities, Micromachines Vol. 9, pp. 543(2018)
学会活動 ・2018 Program Committee of Solid State Devices and Materials, Area 7 Organic / Molecular / Bio-electronics
・2018 Guest Editor, MDPI Micromachines, Special Issue on "Advanced MEMS/NEMS Technology"
・2018年4月~ 電気学会E部門 マイクロマシン・センサシステム(MSS)技術委員会 委員長
・2013 General Chair of IEEE International Conference on Optical MEMS and Nanophotonics
・2010年5月~2013年4月(社)電気学会 スマートグリッド特別研究グループ E部門委員
・2009~2010年度 JSTイノベーションプラザ東海「マイクロシステム応用研究会」座長
社会活動(研究に関する学会活動以外) 文部科学省 ナノテクノロジープラットフォーム 平成24-33年度 微細加工ナノプラットフォームコンソーシアム 実施責任者
日本機械学会 東海支部「小中学生のためのハイテクイベント」2011.8.2 への出展参加 
学内運営(委員会活動等) ナノテクノロジープラットフォーム運営部会 議長 2012- 
担当授業科目 学部:機械振動学、特別講義(台湾中興大学とweb接続)、機構学、工学実験 
修士:微小機械学aおよびb、機械力学 
作成した教科書(教材・参考書等)  
その他

ページのトップへ戻る