TOP > 研究者プロフィール

特任准教授 高野孝義(Takayoshi Takano / タカノ タカヨシ)

業績

年度 学会名 発表者 発表題目 発表日
2019 日本機械学会東海支部第69期総会講演会 高野孝義  自励振動ヒートパイプ動作時の細管内における熱媒体の流動に関する研究 2020年03月11日
2018 33rd Annual Meeting of American Society for Precision Engineering Katsushi Furutani、 Ryota Inukai(*)、 Takayoshi Takano、 Tatsuaki Okada(*)、 Kazuto Saiki(*)、 Hiroyuki Ohue(*)  Estimation of Saw Wire Temperature during Machining of Rock in Vacuum 2018年11月06日
2018 日本機械学会年次大会 武野計二、 石田真也、 高野孝義  金属接触部位の表面微細形状と熱抵抗の関係 2018年09月10日
2017 日本機械学会東海支部第67期総会・講演会 高野孝義  自励振動型ヒートパイプ動作時の過渡的な熱輸送挙動 2018年03月14日
2016 日本機械学会東海支部第66期総会・講演会 高野孝義  ループ型自励振動ヒートパイプの動作圧力と熱輸送能力 2017年03月15日
2016 日本機械学会 2016年度年次大会 武野計二、 山本昌平、 竹内恵悟、 高野孝義  接触面圧力変化における接触熱抵抗のヒステリシス特性 2016年09月14日
2016 日本伝熱学会東海支部 第23回伝熱コロキウム 武野計二、 高野孝義  接触熱抵抗のヒステリシス特性 2016年07月22日
2015 日本機械学会東海支部第65期総会・講演会 高野孝義  ループ型自励振動ヒートパイプにおける流路内圧力振動と熱輸送 2016年03月17日
2014 日本機械学会東海支部第64期総会・講演会 高野孝義、 服部良信(修士2年)  ループ型自励振動ヒートパイプの内部で生ずる圧力変動に関す基礎的研究 2015年03月14日
2014 日本伝熱学会東海支部 平成27年度支部講演会 高野孝義、 服部良信(修士2年)  自励振動ヒートパイプの基本要素を用いた内部流動の観察および流路内部圧力変動の測定 2015年02月06日
2014 29th Annual Meeting of American Society for Precision Engineering Katsushi Furutani、 Ryota Inukai(2013年度修士修了,現,オークマ)、 Takayoshi Takano、 Tatsuaki Okada(ISAS/JAXA)、 Kazuto Saiki(Osaka Univ.)、 Hiroyuki Ohue(Tokusen Kogyo)  Measurement of Saw Wire Temperature during Cutting of Rock in Vacuum 2014年11月11日
2014 日本機械学会 熱工学コンファレンス2014 高野孝義、 服部良信(修士2年)  自励振動ヒートパイプの加熱部で生じる圧力変動に関する研究 2014年11月08日
2013 日本機械学会東海支部第63期総会講演会 高野孝義、 服部良信(修士1年)  自励振動ヒートパイプにおける作動流体の流動に関する研究 2014年03月18日
2013 日本機械学会東海支部第45回学生員卒業研究発表講演会 高野孝義、 阿部真(学部4年)  流路を分岐・集合させた自励振動式ヒートパイプ(OHP)に関する基礎研究 2014年03月17日
2013 日本機械学会熱工学コンファレンス2013 高野孝義、 服部良信(修士1年)  自励振動ヒートパイプの作動原理に関する基礎研究 2013年10月20日
2013 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会 犬飼亮太(修士2年)、 古谷克司、 高野孝義、 岡田達明(宇宙航空研究開発機構)、 佐伯和人(大阪大学大学院)、 大上寛之(トクセン工業)  真空環境下におけるワイヤソーを用いた岩石の加工特性(第6報)切削時の温度シミュレーション 2013年09月14日
2012 2013年度精密工学会春季大会学術講演会 犬飼亮太(修士1年)、 古谷克司、 高野孝義、 岡田達明(JAXA/ISAS)、 佐伯和人(大阪大学大学院)、 大上寛之(トクセン工業)  真空環境下におけるワイヤソーを用いた岩石の加工特性(第5報)切削時の温度測定 2013年03月14日
2012 第33回日本熱物性シンポジウム 園田行彦(敷島製パン(株))、 山田盛二(敷島製パン(株))、 高野孝義  食パン冷却時の圧力条件が製品品質に与える影響(第2報) 2012年10月04日
2011 日本機械学会東海支部第61期総会講演会 高野孝義、 三浦正義(豊田工業大学)  自励振動ヒートパイプ内の熱流動現象の観察 2012年03月15日
2011 第32回日本熱物性シンポジウム 小松雅一(敷島製パン(株))、 園田行彦(敷島製パン(株))、 山田盛二(敷島製パン(株))、 高野孝義  食パンの冷却条件が製品品質に与える影響 2011年11月21日
2011 第32回日本熱物性シンポジウム 園田行彦(敷島製パン(株))、 山田盛二(敷島製パン(株))、 小松雅一(敷島製パン(株))、 高野孝義  食パン冷却時の圧力条件が製品品質に与える影響 2011年11月21日
2011 日本食品科学工学会第58回大会 園田行彦(敷島製パン(株))、 小松雅一(敷島製パン(株))、 山田盛二(敷島製パン(株))、 高野孝義  パン冷却工程における圧力条件が製品品質に与える影響(第三報) 2011年09月10日
2010 平成22年度日本食品科学工学会中部支部大会 小松雅一(敷島製パン(株))、 園田行彦(敷島製パン(株))、 山田盛二(敷島製パン(株))、 高野孝義  食パン冷却行程の圧力条件が製品品質に与える影響(第3報) 2010年11月27日
2010 日本機械学会2010年度年次大会 高野孝義、 宇賀神博行  ピストン圧縮式内燃機関における燃焼室壁面への熱伝達の計測に関する基礎研究 2010年09月08日
2010 日本食品科学工学会第57回大会 小松雅一(敷島製パン(株))、 園田行彦(敷島製パン(株))、 山田盛二(敷島製パン(株))、 高野孝義  食パンの圧力条件が製品品質に与える影響(第2報)~圧力変化による製品内の熱と水分移動~ 2010年09月02日
2010 日本食品科学工学会第57回大会 山田盛二(敷島製パン(株))、 小松雅一(敷島製パン(株))、 園田行彦(敷島製パン(株))、 高野孝義  食パン焼成過程におけるクラスト形成と着色に関する研究 2010年09月01日
2010 第47回日本伝熱シンポジウム 高野孝義、 宇賀神博行  往復動式内燃機関における燃焼室壁面への熱損失の計測に関する研究 2010年05月26日

プロフィール

学位 工学博士  
生年月日 年齢
所属研究室 高野孝義特任准教授
研究分野 熱工学(内燃機関の燃焼、伝熱、熱物性)
URL
最終学歴 静岡大学大学院工学研究科機械工学専攻1978年度修了
職歴 豊田工業大学 特任准教授 (2015年04月~2020年03月)
豊田工業大学 准教授, 助教授 (1994年10月~2015年03月)
豊田工業大学 講師 (1991年10月~1994年09月)
豊田工業大学 助手 (1981年11月~1991年09月)
トヨタ自動車工業株式会社 (1979年04月~1981年10月)
主な研究論文 ・Takayoshi Takano, Tsuguhiro Fujita and Kiyosi Kobayasi, “Vaporization Behavior of a Single Droplet impinging on a Hot Surface with a Flame-Sprayed Ceramic Coating and a Pressurized Atmosphere”,Heat Transfer Japanese Research Vol. 24, No. 1, pp. 80-97(1996)
・Hiroshi Sami, Takayoshi Takano, Masashi Horie, Naoki Shiraishi, Yoshihiro Higuchi, Kiyomi Kawamura,“Stratification Features of Swirl Nozzle Sprays and Slit Nozzle Spray in DI Gasoline Combustion”,SAE 2003 Transactions, Journal of Fuels and Lubricants Section 4 - Volume 112, pp. 1125-1142(2003.1)
・佐味弘之,高野孝義,谷沢清岳,吉富和宣,伊東聰智,宮崎敏, “定容燃焼器および単筒ディーゼル機関を用いたディーゼル噴霧の着火機構に関する研究”,日本機械学会論文集(B編)Vol. 69巻, No. 678号, pp. 512-520(2003.2)
・小松雅一,山田盛二,高野孝義, “食パン焼成過程における集積型熱電対を利用したパン生地有効熱伝導度の測定”,熱物性Vol. 20, No. 4, pp. 179-185(2006.11)
・Yoshifumi Wakisaka, Yoshihiro Hotta, Minaji Inayoshi,Kiyomi Nakakita, Ichiro Sakata, and Takayoshi Takano,“Emissions Reduction Potential of Extremely High Boost and High EGR Rate for an HSDI Diesel Engine and the Reduction Mechanisms of Exhaust Emissions”,SAE International Journal of Fuels and Lubricants Vol. 1, No. 1, pp. 611-623(2008.4)
学会活動 ・日本伝熱学会東海支部支部長(2017年04月~2019年04月)
・日本伝熱学会理事(2013年05月~2015年06月)
・日本伝熱学会東海支部副支部長(2013年04月~2015年04月)
・日本伝熱学会協議員(2012年04月~2013年03月)
・日本伝熱学会評議員(2009年04月~2012年03月)
・日本伝熱学会東海支部監事(2015年04月~2017年04月,2019年04月~)
・日本伝熱学会東海支部幹事(2007年04月~2013年03月, 2003年04月~2005年03月)
・日本熱物性学会第39回日本熱物性シンポジウム実行委員(2017年04月~2018年11月)
・日本熱物性学会評議員(2011年04月~2013年03月,2017年01月~2019年01月)
・日本機械学会賞審査委員(2016年09月~2017年06月)
・日本機械学会東海支部商議員(2007年度, 2002年度)
・日本機械学会エンジンシステム部門「内燃機関の熱効率55%達成に向けた技術の道筋を議論する研究会」(2016年03月~)
・日本機械学会エンジンシステム部門「内燃機関を改良する継続的技術力に関する研究会」委員(2014年03月~2016年02月)
・日本機械学会エンジンシステム部門「エネルギ多様化時代のエンジン技術研究会」委員(2011年03月~2014年02月)
・日本機械学会エンジンシステム部門「持続可能な社会のためのエンジン技術研究会」委員(2006年03月~2011年02月)
・日本機械学会エンジンシステム部門「限界熱効率をめざす内燃機関研究会」主査(2004年03月~2006年02月)
・東海流体熱工学研究会幹事(2009年04月~2017年02月)
社会活動(研究に関する学会活動以外)  
学内運営(委員会活動等) ・入学試験委員会(2012年04月~2015年03月)
・学生委員会(2007年04月~2015年03月)
・工作実習工場副工場長(2017年04月~2020年03月)
・工作実習工場長(2009年04月~2017年03月)
・工作実習工場協議会議長(2009年04月~2015年03月)
・工作実習工場協議会・工作実習工場運営部会(2015年04月~2020年03月)
・ものづくりの科学教育センター協議会(2014年06月~2020年03月)
・総合安全委員会(2011年04月~2017年03月)
・スマートエネルギー技術研究センター運営協議会(2013年04月~2020年03月)
・総合情報センター協議会(2015年04月~2017年03月)
・学外実習委員会(2011年04月~2013年03月)
・豊田工業大学三十年史編集委員会(2010~2011年) 
担当授業科目 学部:「応用熱力学」,「伝熱工学」,「工学実験」 
修士: 
作成した教科書(教材・参考書等) ・「工学実験(機械システムコース)」実験テキスト『内燃機関によるエネルギー変換と発電』
・「応用熱力学」補助教材
・「伝熱工学」補助教材 
その他

ページのトップへ戻る