個別研究テーマ編集

固体力学
教授 下田昌利

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

複合材料の配向角・材料配置の最適設計法に関する研究(Research on Optimum Shape, Topology and Material Orientation of FRP Shell Structurers)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 下田昌利
研究概要

複合材料の一つである直交異方性材料に注目し,その配向角を設計変数に,板・シェル構造の力学特性の向上を図るための最適設計手法の開発とその実構造への応用を行っている.配向角は場所ごとに自由にその向きを変えることができるものとし,その滑らかな最適配向角分布を求めている.形状最適化との組み合わせににより,より高性能な構造設計が可能となる.
<発表>
・村松吉晃,下田昌利,直交異方性シェル構造の材料配向角と形状の最適化,日本機械学会第29回計算力学講演会講演論文集 (2016).

close

ページのトップへ戻る