個別研究テーマ編集

固体力学
教授 下田昌利

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

骨組構造体の分布系形状最適設計に関する研究(Research on Parameter-free Method for Shape Optimum Design of Frame Structures)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 下田昌利
研究概要

骨組構造は省資源,軽量化への寄与が大きく,現在求められている環境負荷の低減において,利用の拡大が期待される構造形態である.本研究では,スペースフレームやグリッドシェルのような大型空間骨組み構造からマイクロフレーム構造,更にグラフェンシートのようなナノ構造(連続体モデル)までの大規模設計変数の骨組構造を対象に,力学的に最適な幾何形状を求めるための最適化手法の開発とその構造設計への応用を目的としている.
<発表>
・M. Shimoda, Y. Liu and T. Morimoto, Non-parametric Free-form Optimization Method for Frame Structures, Structural and Multidisciplinary Optimization (2014), DOI 10.1007/s00158-013-1037-z.
・森本崇,下田昌利,固有振動数最大化を目的とする空間骨組構造の形状最適化,日本機械学会論文集, Vol.80, No.809 (2014), DOI: 10.1299/transjsme.2014dr000X.
・J. Shi, Y. Liu and Masatoshi Shimoda, Vibration Analysis of a Carbyne-based Resonator in Nano-mechanical Mass Sensors, J. Phys. D: Appl. Phys. No. 48 (2015), doi: 1088/0022-3727/48/11/115303.
・J. Shi and M. Shimoda, Shape Optimum Design of Graphene Sheets, Proceedings of the 11th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimisation (WCSMO-11), (2015-6, Sydney).

close

ページのトップへ戻る