個別研究テーマ編集

固体力学
教授 下田昌利

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

ソリッド体の形状デザインのための力学的逆問題に関する研究(Research on Inverse Problem for Shape Design of Solid Structures)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 下田昌利
研究概要

3次元ソリッド体に表面力や物体力が作用する場合の表面形状を力学的に最適にすることを目的とする逆問題の解法を研究している.負荷部分の形状や複数の材料から構成される複合ソリッド体の界面の形状の最適化についても研究を進めている.
<発表>
・J. Shi, Masatoshi Shimoda, Interface Shape Optimization of Designing Functionally Graded Sandwich Structures, Composite Structures, Vol. 125 (2015), pp. 88-95.
・M. Shimoda and G. Kawae, Shape and Position Optimization of Slits/Ribs on Thin Plate Structures, The 8th. China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems, (2014-5, Gyeongju).
・M. Shimoda, Shape Optimization of Interfaces of Layered Structures, The 8th European Solid Mechanics Conference (ESMC-2012), (2012-7, Graz)
・川江元気,下田昌利,象嵌構造の界面形状の最適設計,日本機械学会第23回設計工学・システム部門講演会 講演論文集(2013-10,沖縄県読谷村).

close

ページのトップへ戻る