個別研究テーマ編集

クラスター研究室
受託客員教授(常勤) 市橋正彦

掲載年度

2021

個別研究テーマ
(日本語)

クラスターと液体の相互作用

個別研究テーマ
(英語)

Interaction of Clusters with Solution

研究者 武田佳宏(*)
江頭和宏(*)
外山南美樹
市橋正彦
研究概要

基板間の3次元DNAファイバーネットワーククラスターを構築した。 色素をインターカレートしたλDNAに多価陽イオンを加えてλDNAを不溶化した溶液を2枚の顕微鏡用カバーガラスの間にしみ込ませ、さらにヒストンタンパク質の溶液をしみ込ませて3次元DNAネットワークを構築した。蛍光像を観察した結果、一方のカバーガラス上に形成された約40×40 μm2の大きさの2次元DNAネットワーク上に3次元DNAネットワークが形成され、さらに向かいのカバーガラス面上のネットワークに連結していることがわかった。さらに、2次元DNAネットワークの結節点ではヒストンにDNAがまきついて塩基対の方向がランダムであり、一方、結節点を結ぶ紐の部分は塩基対の方向が揃った伸長DNAファイバーで構成されていることがわかった。

close

ページのトップへ戻る