個別研究テーマ編集

竹内秀夫特任教授
特任教授 竹内秀夫

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

電子スピン共鳴(ESR)研究のためのソフトウエアの開発とESR解説資料の作成(Development of softwares and making notes for Electron Spin Resonance (ESR) researchers)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 竹内秀夫
研究概要

 電子スピン共鳴(ESR)実験による研究を学内で促進する目的で,「電子スピン共鳴実験の方法と理論(2017年度版)」の資料冊子を作成して,これまで利用説明会に参加した人や関係者に配布した.今年度は,観測によって得られたスペクトルのデータをもとに角度変化を図表示してBMP fileに保存したりスペクトルから共鳴磁場を自動的に抽出できるソフトウエアを開発したので,その操作方法と使用例を新たに追加記述した(全82頁).
 今後も研究説明会を継続して行うとともに,ESRがより利用しやすくなるように,実験で得られたスペクトルをWindows PC上で解析処理できるソフトウエアをさらに開発していく.用いる資料冊子もさらに内容の充実したものに改訂していく.学部学生や大学院生が読んだときに量子力学の使い方がよく分かるように,計算と実験の具体的研究例を増やしたものとする.

close

ページのトップへ戻る