個別研究テーマ編集

山口真史シニア研究スカラ
シニア研究スカラ 山口真史

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

集光太陽光発電の実用化に関する研究(Concentrator Photovoltaic)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 山口真史
荒木建次
リ カンファ
佐藤大輔
研究概要

 集光型太陽光発電は、レンズ等で太陽光を集光して小面積太陽電池で発電するもので、高効率で低コストな発電方式として、大規模太陽光発電所への展開が期待される。NEDOからの受託研究プロジェクトを中心に、東京大学、宮崎大学、シャープ社との共同研究を進めた。今後、モジュール効率30%を超える高効率・低コストの集光型太陽光発電モジュールや、車載用集光型モジュールの実現を目指す。

close

ページのトップへ戻る