個別研究テーマ編集

材料プロセス
教授 奥宮正洋

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

浸窒焼入における形成層の形態制御(Morphological control of formation layer in nitriding quenching)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 奥宮正洋
南部紘一郎
中村篤史(修士1年)
渡邊 周(修士2年)
研究概要

高温のオーステナイト状態において窒素を浸入させた後に焼入を行う浸窒焼入法において,プロセスパラメータが現出する改質層の形態に及ぼす影響を調査した.また,浸窒焼入後の熱処理方法により改質層が変態する過程を明らかにした.浸窒焼入によって現出する層は窒素浸入と焼入によって形成される窒素マルテンサイトであることを明らかにした.また,浸窒とともに炭素が浸入するメカニズムについても検証を行った.

close

ページのトップへ戻る