個別研究テーマ編集

材料プロセス
教授 奥宮正洋

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

プラズマN-クエンチによる鋼の表面硬化法(Surface hardening method of steel by plasma N-quench)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 奥宮正洋
南部紘一郎
外山大志(学部4年)
研究概要

Fe-N系において,窒素を固溶できるオーステナイト相が低温で存在することを利用して,低温における浸窒法の基礎検討を行った.Fe-C系においては700℃ではオーステナイトは存在しないが,窒素の浸入によってオーステナイトが現出することによって,高速拡散が可能となる.これらの現象を用いて,炭素鋼および低合金鋼へプラズマを用いて窒素のみを浸入させた後に焼入れを行い,基材の表面硬さを向上させることに成功した.

close

ページのトップへ戻る