個別研究テーマ編集

材料プロセス
助教 南部紘一郎

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

微粒子ピーニング処理による材料表面への新機能付与(New function imparting to material surface by fine particle peening treatment)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 南部紘一郎
研究概要

微粒子ピーニング処理は従来のショットピーニング処理と比較して微細な粒子を基材に衝突させる表面改質処理である.さらにはショットピーニング処理が鉄鋼系の粒子を使用するのに対し,微粒子ピーニング処理では,鉄鋼系,セラミック系,樹脂系など幅広い粒子を投射材として扱うことができる.そのため,ショットピーニング処理では疲労強度向上を中心とした表面改質効果に限られるのに対して,微粒子ピーニング処理では疲労強度の向上,耐摩耗性の向上など幅広い効果を得ることができる.現在,本研究では大きく二つのテーマの研究を実施している.一つ目は,微粒子ピーニング処理による表面テクスチャリング効果を利用した金属材料の撥水性-親水性制御である.二つ目はマグネシウム合金の組織制御による疲労強度の向上である.

close

ページのトップへ戻る