個別研究テーマ編集

システム光波工学
教授 保立和夫

掲載年度

2019

個別研究テーマ
(日本語)

痛みの分る材料・構造の為の光ファイバ神経網技術の研究(Fiber optic nerve systems for structures and materials that can feel pain)

個別研究テーマ
(英語)

研究者 保立和夫
研究概要

本テーマでは、当研究室のオリジナル技術である「光波コヒーレンス関数の合成法(SOCF: Synthesis of Optical Coherence Function)」を活用して、新たな「痛みの分かる材料・構造の為の光ファイバ神経網技術」の開拓研究を進めます。SOCF技術は、連続光波の干渉特性を自在に合成・制御できる独自の技術です。レーザの伝搬方向に沿って後方に分布的に反射・散乱されて戻ってくる光波から、ある一点で反射した成分だけを観測したり、分布的反射・散乱光に伝搬距離に応じて重みをつけた積分値を求めたり、あるいは分布状況を表示したり、できます。この技術を基盤に、分布型光ファイバセンシング技術や、多点型光ファイバセンシング技術を開拓します。

close

ページのトップへ戻る